MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

出稼ぎ風俗の保証額の相場を公開!保証金額アップの方法も教えます!

今回は出稼ぎ風俗の保証について紹介します。

出稼ぎ風俗はまとめてお金を稼ぎたい女の子や身バレを避けたい女の子に人気の稼ぎ方ですが、出稼ぎ保証についてはお店次第といったところ。

出稼ぎに限らず保証制度を採用しているお店に勤務することを推奨しますが、ここでは保証があるお店を前提として私がこれまでの経験で知った保証額相場や保証額をアップさせる方法をこっそり教えちゃいます。

この記事には、いろんなテクニックをたくさん盛り込んでいるので本当に稼ぎたい!という女の子だけ読みすすめてくださいね。

この記事の目次

そもそも出稼ぎ保証とは?

出稼ぎについてはもう皆さんご存じかと思いますが、宿泊を伴う風俗での働き方です。

そして出稼ぎ風俗にも保証があります。

この保証とは、お店が女の子の容姿やスタイル、勤務時間、雇用契約などの条件によって一定の金額を女の子ごとに設定し、その額面はお給料が保証されるというもの。

簡単に言うと日給保証3万円の場合、その日1日働くと3万円保証され、万が一接客数がゼロでも3万円もらえるという意味です。

もちろん3万円を超えると、超えた分給料としてもらえます。

その保証にも種類があるので紹介します。

トータル保証

トータル保証というのは、出稼ぎ期間全体が一括で保証されていることを指します。

例えば2週間の出稼ぎ契約で入店する場合、2週間で60万円といったように日別ではなく1回の出稼ぎで保証されます。

2週間で60万円越えなかった場合でも、60万円は保証されるので必ず60万円持って帰れることになります。

ただトータル保証の場合は出稼ぎ期間を通して計算されるので、(これはあまりないですが)お給料の支払いが2週間後ということもあれば、毎日勤務後にお給料をもらいながら最終日に調整されることも。

私の経験ではトータル保証があるお店は~1週間の短めの出稼ぎが多いです。

日割り保証

保証でポピュラーなものが日割り保証ですね。

毎日保証があるので、場合によってはトータル保証より日割り保証のほうが得なこともあります。

ただこればかりはその日の天候や客足に左右されるので、どっちが得というのはあまりないかなと思います。

日割り保証については5時間勤務で2万円などといった時間単位のものや、指名トップの女の子は1日5万円など女の子の人気ランキングによるものなど、お店によって設定方法はかなり差があります。

保証割れ

保証制度を導入しているお店で働いていると、どうしても稼ぎが保証額に届かないことがあります。

これを保証割れといって、保証額と割れた金額の差はお店から支給してもらえます。

それを申し訳なく感じる女の子もいますが、保証はその女の子が稼げるであろう額を保証としてつけているので、それに満たないのは必ずしも女の子の責任ではありません。

どんな人気のプレミア嬢でも保証割れすることはあります。

風俗店が出稼ぎ保証をつける理由

ところで風俗店が出稼ぎ保証をつける理由ってわかりますか?

冒頭で出稼ぎの保証はお店次第と書きましたが、実際出稼ぎ風俗は保証があるお店がほとんどです。

理由としては、保証があると女の子からの応募があるからというのがいちばん多いですね。

そもそも女の子は稼ぎたくて出稼ぎする女の子が多いですし、短期とはいえ見知らぬ土地で働くからにはやはり安定が欲しいものです。

もちろん保証をつける理由はほかにもあり、中には普段お客さんが来ない閑散店だから女の子も集まらず、保証をエサにして出稼ぎ嬢を集めているお店もあります。

このようなお店は出稼ぎ嬢で回していることが多く、働いてもほとんど稼げないので注意しましょう。

お店は保証額を割ると損をする

保証のシステムについてはすでに紹介した通りで、女の子が保証割れを起こすとお店が差額を支払うため、損をすることになります。

というのが一般的な考え方で、実際のところはある程度は保証割れしないようにフリーのお客さんをつけたり、うまい具合に保証は超えるようにはなっています。

それでも保証割れするのはそもそもの客足が少なかったり、指名のお客さんしか来ない日など、女の子に原因がないことが多いです。

でも中には保証狙いの詐欺まがいな出稼ぎをする女の子がいることも事実なので、出稼ぎでドキドキしているのは女の子だけではないんですよ。

東京は保証がないお店が多い

東京は風俗店の店舗数が多く出稼ぎで人気の土地でもありますが、実は東京は保証がないお店が多いんですよ!

保証がなくても働く女の子が多いから、わざわざ保証を設定する必要がないのです。

しかし風俗店が多いだけでなくお客さんの数も多いので、裏をかけばお店選びさえ間違わなければ保証がなくても稼ぐことは可能です。

それでも万が一のために保証が欲しいという女の子は、東京はあまり向いてないかなと思います。

保証額が高いお店は要注意

保証について注意しておいてほしいことも記載しておきます。

女の子にとって保証が高いことは嬉しいですが、「保証が高い=それなりの労働条件」であることを忘れないでください。

高級店は保証が高くても理解できますが、高級店ではないのに保証が高い場合はほかに条件があると思って問題ありません。

  • 長時間勤務
  • プレイ内容がハード
  • 写メ日記やブログの投稿ノルマがある

これらの保証条件がクリアできなかったら保証なし、ということも珍しくありません。

ちなみに私は都内の1日10万円保証のお店で、10日間で100万円以上稼いだ経験がありますが、その時の条件は女の子が受け身のお店で1日12時間勤務でした。

そのお店は信頼できるお店でしたが、高額保証のお店は保証額で女の子を引き寄せて保証を支払わないということもあるので注意が必要です。

出稼ぎの保証額はどのようにして決まるの?

出稼ぎの保証額はお店によっていろいろな決め方がありますが、ここではポピュラーなものを紹介します。

保証額は各地域や風俗店で異なるのであくまで目安です。

またここで紹介している以外にもお店独自の保証決定方法もあるので、参考程度に目を通してくださいね。

ルックス

ルックスによる保証額の目安
Aランク 10万円以上
Bランク 6~9万円
Cランク 3~5万円
Dランク 2~3万円
Eランク 2万円以下

ルックスが良い女の子は出稼ぎに限らず風俗では急激に人気が出やすいです。

直接お金に結び付くのでお店も気合いが入りますが、注意してほしいのはお店の趣旨です。

例えば、どんなにルックスが良くても若いというだけで人妻店に入店すると評価は下がりますし、どんなに美人でもロリ店だと評価は下がります。

大切なのは自分のルックスに合ったジャンルのお店を選ぶことです。

風俗嬢として傷つく女の子もいるルックスによるランク付けですが、ルックスだけで指名を取るわけじゃなければ悩む必要はありません。

確かに美人は見ていると癒されますが、ほかにも話術や愛嬌、技術でも指名は返せますし別の部分で保証が付くこともあるので元気を出して!

スタイル

スタイルによる保証額の目安
平均体重+5kg以上 4万円以下
平均体重+3~4kg 4万円程度
平均体重の±2kg 5万円程度
平均体重-3~4kg 3~4万円程度
平均体重-5kg以上 3万円以下

※身長による平均体重で表記

あくまで目安で、数字以上に大切なのは「健康的な肉付きであるか」ということです。

太っているより痩せているほうが良さそうに感じますが、実は逆なので注意が必要!

スレンダーを通し越して痩せている女の子は貧相で、華がなく、プレイでは骨が当たって痛いこともあります。

痩せていることが必ずしもNGではないですが、どちらかというとぽっちゃりしているほうが肌にハリがあって客ウケが良いです。

体重はあくまで目安ですが、中には本当に体重を測って保証額を決定しているお店もあります。

バストサイズ

バストサイズによる保証額の目安
A、B、C 保証対象外
D、E、それ以上 保証対象

おっぱいは大きいほうがいいと世間では思われがちですが、貧乳系風俗店やロリ専ではおっぱいが大きいと評価が下がる傾向にあるので、お店のジャンル選びはやはり大切です。

日本人の平均バストサイズはBカップですが、風俗店で評価されるには最低Dカップが必要です。

実際のところおっぱいが大きいから保証がつく、というのは巨乳専門店がほとんどで、一般風俗ではおっぱいの大きさで保証がどうということはありません。

年齢

年齢による保証額の目安
18~20歳 6万円程度
21~23歳 5万円程度
24~29歳 4万円程度
30~35歳 2~3万円程度
36~40歳 2万円程度
41歳以上 2万円以下

女の子は見た目でかなり印象が変わるので、年齢による保証は大きいですね。

もちろん、女子大生系や熟女などジャンルはありますが、一般的な風俗店だと年齢が若いほうが優位です。

年齢が上がるとどうしてもお客さんがつきにくくなります。

風俗では30歳を過ぎると熟女に分類されるため、一般的なヘルスなどより人妻や熟女系風俗のほうが指名をもらいやすくなるので、出稼ぎ先の風俗ジャンルを変更する人も多いです。

表は一般的な風俗に努めた場合の保証額の目安です。

もちろん実年齢を公表する義務はないので、実際は40歳でも25歳に見える人は保証額が大きいという例外もあります。

顔出しの範囲

顔出しによる保証額の有無
完全顔出し 保証あり
目出し 保証あり
顔出しNG 保証なし

風俗店のホームページを見ると女の子の顔全体や一部にボカシが入っていることが多いですが、出稼ぎの場合は完全顔出しがスタンダードのことが多いです。

実際出稼ぎの女の子は顔出しをすることが多いのですが、注意しておいてほしいのは「顔出しをするから保証がある」というわけではありません。

顔出しに対して保証が付くわけではなく、ほかの保証対象項目と合わせて保証の額が決定すると考えたほうがいいでしょう。

いくら出稼ぎとはいえインターネットが普及している今の時代、顔出しをすること自体がリスクがあることは言うまでもありません。

風俗1本など割り切っている場合は顔出しもありですが、そうでない場合は避けるべき。

保証のために自身の顔を晒すことは避けましょう。

出稼ぎに行く時期

出稼ぎに行く時期による保証額アップの目安
1月上旬 年始のかきこみ時
5月 ゴールデンウィークの連休
7月 夏季ボーナス時期
8月中旬 お盆の連休
12月 冬季ボーナス・忘年会シーズン

以前、風俗の閑散期や繁忙期について紹介しましたが、風俗の閑散期は客足が少ないので保証額を下げているお店があります。

私は高級店に勤めているときでさえお茶を引いた経験がある恐ろしい閑散期、保証が下がってももらえるだけありがたいので文句は言えません。

表に記載した時期はどの風俗店も客足が伸び、女の子も稼げる期間に入ります。

出稼ぎをする女の子はこの期間を狙うのが通常です。

逆に閑散期は同じお店でも保証額が減ったり、場合によってはなくなることもあるので閑散期の出稼ぎは控えたほうが無難です。

働く日付

日付による保証額の変動
25日~翌5日 保証額増
10日~20日 保証額減

働く日付も保証に関係がある場合があるので紹介します。

すでに風俗嬢として働いている女の子は実感があると思いますが、1か月の中でも忙しい時期とそうでない時期があります。

基本的に客足が多いときは保証額もアップします。

そのため出稼ぎをする場合は25日~翌5日の10日間や、月末月初の2週間程度がおすすめです。

ただ10日~20日は保証が通常より減額されるというわけではなく、通常の保証額ととらえたほうが正確です。

月末月初は、通常+α保証が増加するイメージです。

働く時間帯

働く時間帯による保証の目安
午前中 1万円程度
午後~21時頃 3万円程度
21時~ラスト 4万円程度

風俗は早朝~深夜まで通しで営業するお店もあり、出稼ぎに行く女の子は1日あたりの勤務時間も長くなりがち。

歩合制の場合は出勤していても接客していなければ稼ぎにならないので、勤務する時間帯も選んだほうがいいですよ。

また時間帯だけでなく勤務時間もポイントになってきます。

朝は客足が少ないので、どうしても朝に働きたいのであればオープンとともに早朝からの勤務をおすすめします。

早朝は割引などもありますが、「稼ぐ」ことを念頭に置く出稼ぎの場合は中途半端にシフトに入ることはタブーです。

勤務時間

勤務時間による保証額の目安
5時間以下 1万円以下
5~8時間 3~4万円程度
8~12時間 5~7万円程度
12時間以上 10万円程度

夜は仕事や飲み会帰りのお客さんで結構にぎわうので、保証も高めになっています。

表にしてみるとなんだか保証額が少ない気がしますが、出稼ぎの1日あたりの勤務時間は8時間以上になることが多いことを考えてみると妥当です。

ちなみに出稼ぎ風俗の場合1日の勤務が5時間ということはほとんどありませんし、仮に可能でもお店からのイメージはあまりよくありません。

もちろん勤務時間だけで判断されるものではなく、先に紹介した「働く時間帯」なども加味されて決定します。

出稼ぎ日数

出稼ぎ日数による保証額の目安
3日間程度 お店によるがあまり期待はできない
7~10日間程度 1日5万円程度
2週間~1か月程度 1日3万円程度
1か月以上 1日~2万円程度

出稼ぎ期間は短いと3日程度、長いと1か月以上もあることはありますが、出稼ぎ日数によっても保証額に変動があることを知らない女の子が多いので紹介したいと思います。

出稼ぎで最も稼げるのは7~10日と言われています。

私の体感では長くても2週間程度。

出稼ぎ期間が1か月やそれ以上になると保証割れを起こすリスクが大きくなるため、お店側は保証を少なく設定する傾向も。

もちろん「出稼ぎ=短期間で稼ぐ」ことが目的なので、出稼ぎ中は鬼出勤がスタンダートになるかと思います。

それを考えると2週間以上は体力的にも限界があり、よほどルックスが良かったりお客さんが取れるステータスがないとコンスタントに稼ぐことは難しくなります。

せっかく出稼ぎに行くので最も稼げる時期、日付、日数で行きましょうね!

ここではいろいろな条件による保証額の決定方法を紹介しましたが、実際はここで記載した以上にいろんな要素を含めて総合的に決定されます。

少なくとも保証が期待できる確実な項目は網羅できるようにしましょう。

業種別の出稼ぎの保証額の相場

それでは次に、風俗の業種別の出稼ぎ保証額の相場とポイントを紹介します。

出稼ぎ嬢だと知った上でリピしてくれるお客さんはともかく、ほとんどが一見になるのでルックスが良い女の子やお客さんが取れるステータスがある女の子はそもそも保証が高くなる傾向があります。

業種保証額の相場
箱ヘル3~6万円程度
デリヘル2~7万円程度
ソープ5~10万円程度
ピンサロ4~6万円程度
性感エステ2~3万円程度
おっパブ2~4万円程度

箱ヘル

箱ヘルは人気の風俗ジャンルですが、出稼ぎの場合そこまで人気があるわけではないのが不思議なところ。

とはいっても箱ヘルは回転率でお客さんを取れるのでロスタイムが発生しにくく、業務的に稼ぎたい女の子に人気です。

また指名が少なくてもコンスタントに稼げる業種として人気があるので保証額もやや高め。

出稼ぎだからこそ箱ヘルを選ぶという女の子も。

デリヘル

デリヘルは保証相場でいうと業種の中で上位。

長時間利用のお客さんが多く、1回3時間の予約をもらうことも珍しくはありません。

その分保証は高めで、お店が推すほどのルックスやスタイルであればさらに上をいく保証額の獲得もあり得ます。

そうでなくてもデリヘルの平均利用時間は80~100分なので、とにかく稼ぎたいという女の子におすすめ。

ソープ

出稼ぎ風俗では、風俗の王様であるソープの保証額が高くて有名です。

中でも可愛い(美人)、若いだけでも結構な保証がもらえるのですが、加えてサービスが良いとなると10万円以上の保証がつくことも。

若い、もしくは容姿や体力に自信があるという女の子はソープを検討してみてください。

ピンサロ

シャワーのあるなしが箱ヘルとの大きな相違点ですが、保証額はそう変わりません。

箱ヘルは回転率がいいとはいえ、シャワーを使う分、女の子のメイク直しなどにも時間がかかります。

その点シャワーがないピンサロのほうが回転率はやや良いので、接客を頑張り続けられて少しでも保証額が多くほしい女の子はピンサロがおすすめ。

ただし衛生面も重視するなら保証額を落としてでも箱ヘルが良いかなと思います。

性感エステ

ほかの業種と比べて保証額がガクンと落ちていますが、エステ系風俗の中でも脱衣なしやおさわりNGのお店、手コキのみのお店は保証額が低くても仕方ありません。

ちなみにエステ系風俗の仕事はマッサージがメインになります。

ただし、同じエステ系風俗でもフェラや素股までサービスするお店もあるので、プレイ内容と保証についてはお店ごとでかなり差が出ます。

もし性サービスはちょっと、という女の子は完全エステ系のお店に出稼ぎするのがおすすめです。

おっパブ

おっパブはおっぱいパブの略で、最近はセクキャバとも言いますが、お酒が入るお店なので日給というより時給保証のお店が多くなります。

表は時給保証を日給保証に換算して記載しています。

時給制は接客していなくてもお給料が発生しますが、楽に稼げる業種ではありません。

接客内容は上半身へのタッチ程度で、中にはおっぱいを舐めるまでを許可しているお店もあればおさわりNGのお店もあります。

おっパブで出稼ぎをする場合はよく接客内容と保証額を確認しましょう。

出稼ぎ時に保証をもらうための条件

出稼ぎ風俗は保証があるお店がほとんどだと記載しましたが、その保証をもらうための条件は結構厳しいことがあるのでここで紹介します。

出勤日数

出稼ぎは連勤してまとめて稼ぐスタイルなので出勤日数が大事になってきます。

10日間の出稼ぎに行ったのに3勤1休などのシフトを希望するようでは保証はもらえなくても仕方がありません。

出稼ぎに行く日数に占める出勤日数は大体9割をキープしていれば保証はもらえます。

仮に10日出稼ぎだと9日間勤務ですが、正直これが厳しいと思ったら出稼ぎは向いていません。

もしお店がOKを出しても印象があまり良くないことは確かです。

出勤時間

出稼ぎ風俗の出勤時間は10~12時間が平均です。

就寝時間を除けばほとんどが出勤時間になりますが、出勤時間すべて接客するわけではありません。

お店は保証を出すからには働いてもらわなければならないので、出勤(待機)することが当然なのです。

長時間勤務は人気がある女の子も一緒。

風俗はWin-Winの関係で成り立っている一面もあるので、働かせてもらう、保証をつけてもらうという場合はそれなりの勤務時間も必要なのです。

私は短くて9時間、長いと17時間の勤務経験がありますが、出勤時間が長いとそれなりに働くので保証を気にすることはあまりないですね。

写メ日記の投稿回数

お客さんに女の子を身近に感じてもらうために業務の一環として、写メ日記を保証条件に組み入れているお店も珍しくはないです。

1日の投稿回数は3回や5回、中には10回のお店もあります。

これ、意外と苦痛なんですよね。

1日12時間待機している中で書くネタがないというのが女の子の本音ですが、写メ日記がお店を盛り上げたり集客につながることもあるので保証条件になっていることが多いです。

既定の投稿回数がクリアできないと保証なしという割とシビアな規定なので、写メ日記が得意じゃない女の子は出稼ぎを避けたほうが無難ですね。

保証額アップが見込める時期と条件まとめ

これまで紹介してきた例を踏まえると、誰でも保証額アップが見込める時期や条件が見えてきますよね!

ここでおさらいを兼ねて条件をまとめます。

出稼ぎに行く時期1月、5月、7月、8月、12月
1か月の中でおすすめの出稼ぎ時期25日~翌月5日
出稼ぎ日数7日~10日間
出稼ぎ期間における出勤率9割程度
働く時間帯午後~ラスト
勤務時間最低12時間

稼ごうと思ったらある意味クリア必須項目でもあります。

想像してみたら結構ハードなんですよね。

だからこそ出稼ぎは7日間や10日間がおすすめなんです。

出稼ぎで高収入を稼ぎたい女の子は、この条件をもとに出稼ぎのスケジュールを組むようにしましょう。

出稼ぎの保証額を引き上げるためのポイント

ここではこれまで紹介したポイント以外で、出稼ぎの保証額をアップしてもらえるためのポイントを紹介します。

そんなの無理、私にはできないと諦めるのはまだ早いですよ!

出稼ぎの期間を長めに設定する

出稼ぎをする女の子の中には日中OLで、金曜日の夜~日曜日の夜だけ出稼ぎ風俗嬢になる女の子もいます。

仕方ないとはいえ3日程度だと保証がつかない場合もあるだけでなく、地元からの交通費が出ないこともあるので期間は長めのほうがおすすめです。

実際どんなにかわいくて技術があっても、たった3日の出稼ぎでその女の子がもう地元に帰ったならいいやとお客さんが入ってくれないこともあるんですよ。

これはお店の大きな機会損失です。

それだけでなく、出勤=女の子の頭数が増えるため、「お客さんが女の子を選べる」という点でお店にメリットがあります。

また指名は早いと数日で返るので、最低7日間はあったほうが女の子自身やお店にもメリットがあります。

特殊なプレイやオプションをOKにする

お店には女の子によってできるできない選択式のオプションプレイがあることもあります。

そういう場合は積極的に受けるようにすると保証額アップにつながります。

もちろん無理する必要はありませんが、風俗は技術や演技の世界なのでできるプレイが多い=かなりのステータスです。

以下は特殊プレイやオプションの一例。

  • 即尺
  • 顔射
  • お掃除フェラ
  • ごっくん

でもよく考えると、こういったプレイはオプション料が高めに設定されているので女の子のお給料にもオプションバックとして直接反映されます。

まさに頑張ったら頑張った分だけもらえる、風俗ならではの給料システムですね。

女の子にもお店にもメリットがあるので、できそうなものはチャレンジすることをおすすめします。

自分の情報を正確に提示する

出稼ぎ風俗は対面式の面接はありません。

事前にLINEやメールで応募し、その流れで写メを送ってメール面接となります。

ここで大事なのが「採用されるために自分を大きく見せないこと」や「虚偽の情報を申告しないこと」です。

保証が欲しいあまりアプリで盛った写メや体重の虚偽申告などをする女の子、結構いるんですよね。

そのほかには、タトゥーがある、あざや傷があるなども伝えておきましょう。

働くときは絶対にスタッフに会うので、お店のコンセプトに合わない場合や勤務に支障がある場合は最悪入店できないということも。

人間の心理的な話をすると、最初から良いイメージを植え付けるのではなく、写真は地味なのに実際会ってみたら素敵な女性だと思わせると印象がかなり良くなるので、それだけで保証アップや信用アップにつながることもあります。

お店によっては入店時に体重の虚偽申告がないか体重を測るところもあるので、自分の情報は正確に提示しましょう。

保証額が減額されるときってどんな時?

続いて保証額が減額されるケースについてお話します。

あってはならないことですがお店の都合で減額されることもあります。

そういうお店は保証を払う気がないなどの悪質店であることが多々あり、くれぐれも騙されないように気を付けてほしいものです。

保証を払う気がないお店については後ほど説明することにして、ここでは保証の減額について説明します。

写メと実物が違う場合

同じ被写体でも、女性が見る場合と男性が見る場合では若干見方が異なります。

それは仕方ないとしても、メール面接時の写メと実物が違うと判断されたら予め決まっていた保証額が減額されます。

自分では盛っているつもりがなくてもいち男性の目に映った場合NGとなればそれを受け入れるほかありません。

会ってみて減額されたら正直へこみますよね。

そんなことがないように、写メはアプリなどを使わず普通に撮影したものの送付をおすすめします。

プロフィールに差異がある場合

先ほどの「自分の情報を正確に提示する」の項目で紹介したことにもつながりますが、自身のプロフィールについて実際と異なることやよく見せるようなことを記載してはいけません。

免許証を見ればわかる年齢詐称以外に、3サイズや身長体重など、風俗店が重要とするプロフィールは特に差異があると信用ダウンになってしまいます。

せっかく入店できてもなんだかモヤモヤが残りますよね。

「嘘ではないけど事実を良く言いすぎる」など相手に誤解を与えることも避けましょうね。

写メもそうですが、プロフィールに差異があるかどうか判断するのはお店のスタッフであることを忘れないようにしましょう。

NGオプションの有無

オプションは受けられるものが多いに越したことはありませんが、時々これはNG、これも無理ですとほとんどのオプションをNGにする女の子がいます。

風俗店はお客さんが支払うお金を女の子と折半にすることも多く、決してたくさん儲けているわけではありません。

お店の繁盛や運営には女の子の協力が必須なので、そういった中でオプションを拒否する行為はイメージが悪くなりがちです。

中には全オプション対応しての保証適用というお店もあるので、NGを出すことは極力避けましょう。

写メ日記の規定回数不足

待機しながらの写メ日記投稿は、

  • 出勤しました!
  • 最近の近況報告
  • 今日はこんな下着だよ!
  • 今日のごはんはこれ!
  • 退勤します
  • 〇〇さんありがとう!

など、内容が限られてきます。

接客の合間に写メ日記を規定回数投稿するのは結構難しく、忙しい日は規定回数不足になりやすくなります。

保証条件に写メ日記がある場合、規定回数が不足するとたちまち保証が減額や最悪ゼロになるのでよく条件を確認することをおすすめします。

遅刻・早退

規則が緩いイメージがある風俗ですが、確かに緩いお店や緩い女の子もいます。

でも時間を守ることは社会人として当たり前のことなので、遅刻は絶対に避けるべきです。

鬼出勤が重なるとつい寝坊することもありますが、保証ダウンだけでなく自身の印象が悪くなる行為でもあるので遅刻は極力しないように。

もしする場合は〇分遅れますと必ずお店に電話を入れることで、保証に加えて信用を失うことを避けましょう。

早退は体調不良以外はしないこと、もし体調が悪くなっても15分休憩をもらうなど、すぐに早退に結び付けない姿勢が大事です。

実際、風俗嬢は身の回りや社会のルールにだらしないことが多いので、礼儀正しい挨拶やマナーを備えているだけでも印象が悪くなることを避けられることもあります。

クレームがあった場合

お客さんからクレームがあった場合は保証が減額となります。

具体的にはサービスが雑、すぐに抜かれてしまった、接客が業務的、やる気がない、プレイの拒否などです。

風俗でクレームを言われるケースはよほどひどい接客をした場合です。

その場合は問答無用で保証が減額となります。

アンケート結果が悪かった場合

サービスに自信があるお店は、さらなるサービス向上のためにプレイ後のお客様アンケートを実施することも珍しくはありません。

そこに悪い印象として記名されてしまうと保証の減額対象になります。

また人気ランキング最下位などがアンケートで露わになってしまった場合も減額になるケースがあります。

匿名なので誰が書いたかはわからないようになっていますが、お客様アンケートを設置しているお店では特にお客さんを不快にさせる接客はNGです。

体調不良などで休んだ場合

いくら体調不良とはいえ、出稼ぎはもとから勤務日数が決められているので休むとお店の頭数が減る以外に保証ももらえず、当日欠勤の烙印を押されることに。

その日だけでなく出稼ぎ期間を通して保証額の減額となる場合もあります。

風俗はどんな理由があれその日の欠勤申告は「当欠」となり、場合によってはペナルティが課せられることもあるので注意してくださいね。

風俗嬢は身体が資本なので、特に連勤の出稼ぎにおいては体調管理をしっかりしましょう。

保証トラブルが起きる原因

保証をめぐってのトラブルは出稼ぎ風俗も含めて風俗あるあるです。

ここでは保証トラブルが起きる原因を紹介します。

スカウトを挟んでいる

風俗のスカウトマンは繁華街や街の中心地に行けば珍しくはないですが、風俗のスカウト行為は実は違法です。

スカウトマンの仕事はスカウトした女の子をお店に紹介し、入店が完了するまでです。

1人入店させて一定条件をクリアすると報酬がもらえるため、適当なお店を紹介するスカウトマンが多く、必ずしも優良店や保証がいいお店を紹介してもらえるとは限りません。

それに出稼ぎ嬢としていい条件を提示し遠方のお店に紹介すれば、入店後自分が女の子の相談に乗る手間が省けます。

もちろん中には腕が良く親身になってくれるスカウトマンもいますが大半は自身の報酬のためなので、保証をはじめ他の待遇交渉を任せるのはトラブルの元です。

トラブルを避けるためには自分の目でお店を選ぶことが大切ですよ!

自分で保証条件をしっかりと確認していない

保証条件はお店側が設定していますが、女の子が勘違いしている場合や条件のチェック漏れ時にトラブルが起きやすくなります。

お店としては、保証条件や保証額など必要なことは入店前や入店時に伝えるので、異議がある場合はその場で質問しないと答えてくれないことも。

些細なトラブルを抱えて働かないためにも、保証条件は細部まで確認することをおすすめします。

また確認は保証だけではなく寮や仕事内容、シフト、給料などについてもしておきましょうね。

信頼できる風俗求人サイトを利用していない

今はネットで風俗が探せる便利な時代ですが、どの求人サイトを利用したかで保証が変わることがあります。

お店は複数の求人サイトと契約していることもあり、媒体との契約金額に応じて女の子への保証額を変えることもあります。

求人サイトによっては女の子に嬉しい情報を与えて利用させるところもあります。

また求人サイトではない個人の紹介やSNSでの紹介、たまたまネットで見つけた書き込み求人などは基本信用はできません。

保証だけでなく給料さえ未払いにされることもあるので、くれぐれもオイシイ話にはつられないようにしてくださいね。

求人サイトで出稼ぎ先を探す場合はそのサイトが信頼できるサイトか、大手か、良くない口コミがないかなどをよく確認しましょう。

ちなみに実際に私がよく利用している風俗求人サイトについては、以下の記事にて詳しく紹介しています。

自分のスペックよりも明らかに保証が高過ぎる

高額保証は風俗嬢にとって嬉しいですが、常識的・客観的に考えて自分のスペックと比べて保証が高すぎる場合は要注意。

また箱ヘルなのに10万円保証がついているなど、業種と保証がミスマッチな場合も注意が必要です。

そういった風俗店の場合、そもそも保証額を支払わない風俗店の可能性があります。

高額保証で女の子を釣り、入店させたあとに難癖付けて保証をなかったことにするなど、信じたくないですが本当にある話です。

高額保証を謳う風俗店はまず警戒しましょう。

写メ面接のときに詐欺写メを送ってしまった

面接に応募するときは採用されたい気持ちで可愛く取れた写真を送りがち。

写メ面接経験がある女の子はわかっていただけるのではないでしょうか?

その写真をもとにスタッフは保証額を決めるので、自分はちょっと盛ったつもりでもスタッフが騙されてしまったらアウトです。

このような場合は、実際にお店を訪問した時にすぐ減額など言われます。

容姿を理由に減額されたら見た目で売っている女の子はへこむので、詐欺写メはくれぐれも控えてください。

プロフィールを詐称している

プロフィールについては事前申告したものと事実に相違があれば、保証が減額になるのでトラブルになりがちです。

最初はこう言ったのに、が風俗では通じません。

高収入だからこそルールをシビアにしているお店もありますが、保証額が減額される原因はプロフィールの詐称がウェイトを占めています。

保証額=最低それだけは稼げる嬢だとお店が見てくれている証拠なので、等身大の自分でいましょう。

タトゥーやリスカ痕のことを伝えていなかった

意外と忘れがちなのがタトゥーやリストカット痕、あざ、妊娠線など身体の特徴です。

私は出稼ぎでお店を訪問した際に、とりあえず脱いでくださいと明るいところで脱衣を指示された経験があります。

いやらしい意味はなく、ちょっとした高級店だったので、お客さんが不快になるポイントがないかのチェックだったようです。

同じく多量のピアスや喫煙状況なども伝えておくに越したことはありません。

そもそも保証を払う気がないお店には要注意

保証については残念ながら、金額の提示のみで実際に払う気がないお店が存在します。

メール面接時に提示される保証額やホームページに記載されている保証額がなかったかのような対応をされ、悪質店は当然、優良店であっても保証を払う気がないお店があります。

保証を払わない理由の提示として次のようなケースがあります。

いかにも女の子が悪いように言います。

  • お客さんからクレームがあったとでっちあげて保証を減額orなしにする
  • 勤務態度が悪いと言い保証を減額orなしにする
  • 保証割れ差額分は振り込みにすると言い、出稼ぎ後いくら経っても振り込まれない

このようなことを言われたら女の子は泣き寝入りするしかありません。

どんなに正当な理由で異議を申し立てても言い間違えた、ホームページを更新していないなど、必ずお店が言い勝つ話術があります。

女の子にとっては保証があれば嬉しいし、高いほど嬉しいですよね!

でもお店にとっては、保証割れは店のマイナスになるのでできるだけ保証は払いたくない(から保証を超えるまでお客さんをつけ続ける)というのが本音。

なので保証があるお店は確実に保証をもらえるように、予め確認しておくことをおすすめします。

確認すべきことを次項で紹介します。

出稼ぎ保証を確実にもらうために確認すべきこと

出稼ぎ保証トラブルをなるべく避けて、確実に保証をもらうためにはお店に保証についての確認が必要です。

とはいっても保証の質問ばかりすると働く意思がないと判断されかねません。

保証狙いの出稼ぎで保証詐欺ともいわれる女の子が一部いることも事実です。

お店に敵視されるといいことはないので、保証の確認はこのあと紹介する項目だけにとどめましょう。

出稼ぎ保証について確認すべき4つの項目

  • 保証の額面の理由を聞く(なぜその金額なのか)
  • 保証が維持される条件を聞く
  • 保証の支払いシステムを聞く(トータル保証の場合)
  • 保証の支払い方法を聞く

保証額は女の子によって異なります。

自分がなぜこの額なのか教えてもらえると、仕事がしやすくなります。

容姿が変わることはありませんが、週6勤務だからとか、毎日12時間勤務だからと言われるとその条件を割らないように気を付けることができるからです。

これは2番目の保証維持条件にも当てはまります。

写メ日記1日〇回や、遅刻欠勤なしなど、きちんと聞いておくことで「知らなかった」「聞いていない」をなくすことができるのでぜひ聞いておきましょう。

また、トータル保証で入店する場合、保証割れを起こした場合の精算日(当日 or 最終日)についても確認しておくと安心です。

保証の支払い方法については以下をご覧ください。

振り込みを提示された場合の対応方法

保証額の提示があっても、実際に払ってもらうまでは本当に支払いがあるかどうかわかりません。

支払う気がないお店は振り込みを口実にその日精算してくれないことも。

現金支払いが当たり前の風俗業界で振り込みを指示してきた場合、

  • 通帳は親が管理している
  • 今日お金が欲しい
  • 借金が返済できず通帳が使えなくなった

など、振り込みで受け取れない理由や現金で受け取らないといけない理由を添えましょう。

実は私は給料未払いでお店に飛ばれた経験があり、それ以来受け取りは必ず現金にしています。

よく考えたら風俗店が振り込みで給料を払うのはとてもおかしな話です。

可能であればスタッフのメモ書きを受け取ろう

あとからもめるのが嫌だ、という場合は保証についてスタッフの手書きメモを受け取る手もあります。

手書きだと誰が書いたかわかりますし、証拠が残るので言い逃れはできません。

それでも急にルール変更しました、というのがあり得るのが風俗ですが、対応するためにボイスレコーダーを面接時にポケットに忍ばせている女の子もいます。

そこまでするのはどうかなと思いますが、メモ書きは実際に有効だったので、「覚えきれないのでお手数ですがメモ書きお願いできますか?」とお願いしてみましょう。

約束の保証額をもらえなかったときの対処法

もし約束の保証額をもらえなかったときは事前説明と違う、保証額が間違えてないか再確認を請うなど、ある程度は抗議しましょう。

むしろ抗議しなかったらそのまま終わりにされてしまいます。

それに本当にお店が勘違いしていることもあるので、まずは確認を。

確認方法も最初からお店が悪いという言い方をせず、一度確認してみてほしいという言い方が角が立たずにスムーズです。

また、確認や抗議はお金を受け取ったその場でしないと、後になると「ちゃんと渡しましたよ」と言われる可能性が大きいのでその場で確認を徹底してください。

それでも間違えていない、渡しました、女の子の勘違いだと言われたら残念ながら泣き寝入りです。

その場合は弁護士に相談するか、高い授業料だったと思い次からは出稼ぎに来ないことです。

風俗店はグループでやっているところも多いので、同じ系列のお店も出稼ぎ対象店から外すほうが無難です。

出稼ぎ風俗について知っておくべき知識

最後になりますが、出稼ぎ風俗は一般の風俗とは違う側面があるので、知っておくべき知識を伝授します!

風俗店は通常勤務の女の子と出稼ぎの女の子を同時に受け入れていることもあり、女の子が混在する場合でも出稼ぎの場合は、出稼ぎ特有の知るべき知識があります。

慣れるまでは出稼ぎ保証のあるお店がおすすめ

出稼ぎ風俗は地域の特性やお店の業種柄、またはお店によって保証がないところもあります。

しかし初めて出稼ぎに行くときは、本当に稼げるか、食事や寮に経費ばかりかからないか心配なものです。

出稼ぎは初心者のうちや慣れるまでは、保証があるお店をメインに選ぶことをおすすめします。

保証がないお店だと最悪給料がゼロ、ということもありえるからです。

プロフィールを詐称すると帰らされることもある

プロフィールの詐称は規則が厳しいお店だけでなく、信用に欠けるので場合によっては出稼ぎ強制終了となることもあります。

詐称は女の子が悪いので擁護できませんが、宿泊先がお店の寮ならまだしもウィークリーマンションだとかなりの出費になるので、お店に対しては誠実にいることが必須です。

体重を知られるのが恥ずかしくてつい詐称してしまい、それが原因でせっかくの高額保証店に入店できなかったらへこみますよね。

これは誰も責められず、自己責任です。

お店から求められている情報は正確に申告しましょうね。

不安でも友達と一緒の応募は避ける

風俗では「お友達と一緒の応募OK」と記載されていることも珍しくないですが、私個人的には友達との応募は避けることをおすすめします。

同時に応募しても稼ぐのは個人単位。

見た目もテクニックも違うので保証額が異なることは当たり前です。

うまくいっているときは良いですが、待遇の違いや不公平、嫉妬を感じると女の子同士の関係が悪化したり、場合によっては働きにくくなることもあるからです。

出稼ぎは基本的に1人で向かいましょう。

出稼ぎに行くのにベストな日数

出稼ぎ日数に関してはすでに紹介した通り、7~10日間程度が最もおすすめです。

理由は割のいい保証がつく期間だからです。

でも中には例外があって、14日間連勤できる場合は14日間の出稼ぎを高額保証で歓迎するお店もあるし、特殊な風俗店(M専やフェチ店など)で自分だけの特技がある場合は休みを入れながら14日以上の出稼ぎが歓迎されることもあります。

私は箱ヘルやデリヘルは7~10日間の休みなし勤務で、特殊な風俗店は14日間休みなしか1日休みで出稼ぎに行っています。

出稼ぎ嬢頼りのお店に行くのは要注意

風俗店の中にはほとんどが出稼ぎ嬢で構成されたお店があります。

出稼ぎ風俗嬢と遊ぶ醍醐味は「全国いろんな土地の女の子と出会うことができる」点です。

女の子の出身地の話ができたり、独特のなまりや方言が新鮮というお客さんも。

ただ、「多くの出稼ぎ風俗嬢で構成されるお店」は、その土地では人気のない風俗店であることもあります。

何らかの噂や理由で、地元や近隣の嬢があまり入店しないから出稼ぎ嬢で固めていることも。

出稼ぎだとそこまでお店の事情を知らずに応募することが多く、出稼ぎに行ったものの保証がなかったなどトラブルを抱えがち。

出稼ぎの際はできれば勤め先の風俗店の口コミをチェックしておくことをおすすめします。

悪質な風俗店ほど保証の規定が多い

実は悪質店ほど保証の規定が多い傾向にあります。

規定を多くすればクリアが難しくなり、必然的に保証を支払わなくてよくなるからです。

短期間しか在籍しない嬢はそもそも保証を把握しきれないし、保証条件をクリアしていても最終日に落とし穴があることも…。

  • 態度が良くないからと保証取り消し
  • クレームをでっちあげて保証取り消し
  • 投稿したはずの写メ日記が消される(エラーで投稿できてないのでは?と言われる)
  • 知らない間に新しい保証条件が追加されている

など、悪質店は本当にやり方が悪質です。

本来、保証額というのは個々の女の子が最低これだけは稼げるであろうというラインなので、優良店は支払えないような高額保証は一切提示しませんし、保証条件が明確です。

そもそも女の子が理解しにくかったりクリアできない条件、多数の条件があること自体が悪質なので、そういったお店には注意してくださいね。

まとめ

出稼ぎは費用もまとまってかかるので、出稼ぎ先のお店選びは慎重になりますよね。

でも明らかに良くない口コミが出ていない限り本当のことは行ってみないとわかりません。

保証はあるに越したことはないですが、最近の風俗は景気がとても良いわけではないので期待しすぎは禁物です。

高めの保証が欲しい場合は自らのテクニックを磨いたりマニアックなお店に勤めるなど工夫も必要です。

出稼ぎ風俗は単発が多いので、トラブルになってもほとんどのケースで女の子が泣き寝入りです。

そういった心の傷を増やさないように、条件のオイシイお店は警戒して自分に合う素敵なお店を見つけてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる