MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

マットヘルスとは?仕事内容・プレイの流れ・給料相場を詳しく解説

マットヘルスとはここ10年ほどで店舗が増えた風俗のジャンルです。

マットヘルスはマットとヘルスの融合という新しいジャンルですが、昔はマットはソープランドでしかできなかったので「お客さんに責められたくない女の子」に人気が高騰しています。

(全く責められないわけではありません)

でもマットって難しそうですよね?

どんなお店か知らないままで採用されてしまうと、こんなはずじゃなかった!ということも。

ここでは「こんなはずじゃなかった」を避けるためにマットヘルスについて詳しく解説します!

この記事の目次

マットヘルスってどんなお店?

マットヘルスはわかりやすく説明するとローションを使ったマットプレイに特化したファッションヘルスです。

フェラチオやシックスナインといったプレイ内容はヘルスとほとんど一緒ですが、ローションを使うことで独特の感触で女の子とイチャイチャしたり、お互いヌルヌルになってローションプレイを楽しむお店です。

マットヘルスの特徴

マットヘルスの大きな特徴は以下の3点です。

  • ローションを使ったプレイ
  • マットプレイ独特の技がある
  • 本番はない

マットヘルスは、ソープのマットプレイから誕生した新しいスタイルの業種です。

ソープではセックスやマットプレイを楽しめますが、マットプレイが好きというお客さんの要望に応えて誕生しました。

マットプレイはソープより安く遊べるため、マットプレイが好きなお客さんに人気があります。

空気マットの上でローションでヌルヌルになりながら、お客さんの身体に密着して全身リップやフェラチオ、素股をします。

お客さんがマットヘルスで楽しみにしていることの1つにマットヘルス独特の技があります。

この技は阿波踊りやかえるキックなど何十種類もあり、ローションでヌルヌルになるマットプレイでしか味わえません。

また、マットヘルスでは本番はありません。

無理に本番をしようとしてもマットプレイという性質上不可能なので断ることも簡単です、本番強要の不安がある女の子は安心してくださいね。

マットヘルスと箱ヘルの違い

マットがあるかないか

マットヘルスと通常のヘルス、箱ヘル(ファッションヘルス)との違いはマットプレイがあるかないかです。 フィニッシュが口内発射かそうでないか

マットヘルスはローションプレイが基本スタイルなのでフェラチオや口内発射が絶対ではなく、手コキや素股でフィニッシュということも普通にあります。

箱ヘルはソファや簡易ベッドでフェラチオを主体としたプレイをし、口内発射が基本スタイルです。 ローションを使う量

マットヘルスは全身がローションまみれになります。

箱ヘルでもローションも使うことはありますがお客さんの性器のみに使うことが多いです。

こうやって挙げてみるとマットヘルスと箱ヘルは思ったよりずいぶんと違いますよね。

そうなんです、プレイは似ているけどお客さんの目的は全然違います。

箱ヘルはヌキをメインにしていますが、マットヘルスは癒しやイチャイチャがメインです。 浴槽付きのマットヘルスも存在する

マットヘルスといえばマット専用の個室や広めのシャワー室でプレイすることが多いですが、中には浴槽付きのマットヘルス店も存在します。

浴槽といえばソープのイメージがありますが、お風呂プレイ(潜望鏡など)ができるマットヘルスは少ないので貴重です。

マットヘルスの店舗はどこにあるの?

マットヘルスのお店は意識してチェックしなければわからないかもしれません。

といってもマットヘルスは店舗型の風俗店なので、風営法で許可された立地でしか営業はできません。

日本の風俗街の有名どころではすすきの、歌舞伎町、横浜、大阪、中州が挙げられます。

都会では複合型のマットヘルスが目立ちますが、各風俗街での有名なマットヘルスを紹介します。 すすきの「恋愛マット同好会」

お店の名前からしてマット専門店!

コースごとで味わえるマット技が違うところがポイントです。 歌舞伎町「VIPクリスタル」

ベッドコースも選べるマットヘルスですが、立地とリーズナブルな値段(45分12,000円~)でお客さんが多いので女の子にも人気のお店です。 横浜「マットヘルスピンクハウス」

横浜の有名マットヘルス店です。

ピンクハウスの名物プレイは本格派マットプレイ。

しかも3Pでしか味わえない技があるので、3P目当てに来るお客さんも。

3P接客は他の女の子の技を見ることもできるので、初心者の女の子は勤めて損のないお店です。 大阪「大阪難波ローションヘルスルパン」

ルパンでは広めのプレイルームに浴槽や簡易ベッドがあるので、浴槽付きおマットヘルスで働きたい女の子は必見。

ほか、大阪では同じく難波の「ファッションヘルスアムール」がお風呂付きで人気です。 中州「福岡DEまっとる。」

九州で唯一のマット専門店です。

在籍女の子30名以上(同時出勤10人以上!)のマットヘルスはなかなかないので九州のマットヘルスで稼ぎたい!という女の子におすすめです。

こんなマットヘルス店も存在する!

複合型マットヘルス

マットヘルス店は人気が出ているものの、他の風俗店と比べると客足が多いわけではありません。

マットヘルスのみで利益を出すのは難しいこともあるため、特殊な営業形態として以下のような営業形態の風俗店も存在します。

  • マットヘルス+箱ヘル
  • マットヘルス+性感
  • マットヘルス+デリヘル

ビルのフロアごとで区別して営業している場合もあれば、同じ店舗内どのコースでも使える個室完備で営業している場合もあり、どんなジャンルでも稼げる女の子は効率よく稼ぐことが可能です。

このような複合型の風俗店に採用された場合、女の子はマットヘルスのみで働くかほかの業種とかけ持つか、選択が可能です。

ひとまず両方在籍して、「性病に感染してしまったから完治するまでは性感(受け身なし)のみで勤務」ということも可能です。

おさわりNGマットヘルス

マットヘルスでは基本的に女の子も裸になってのプレイですが、「尽くされる快感」を提供しているお店や性感色が強いお店ではおさわりNGのお店もあります。

三角ビキニやトップレスでサービスするお店もあり、「着エロ」や「ポロリ」、「触れないジレンマ」が好きなお客さんに人気です。

例外でいろいろなマットヘルスの形態について紹介しましたが、ここでは一般的な「女の子も裸でプレイする、マットヘルスサービスのみのお店」ついて解説していきますね!

マットヘルスの接客の流れ

それでは実際のマットヘルスのプレイの流れと接客ポイントについて紹介します。

  1. お客さんが受付をする
  2. 身支度をしてお客さんを出迎える
  3. お客さんを部屋に誘導し、タイマーをセットしたら洋服を脱がせる
  4. マットに移動し、お客さんの身体を洗う
  5. ローションを作る
  6. マットプレイ開始
  7. 目安時間のタイマーもしくは受付からの内線コールが鳴るとフィニッシュへ
  8. プレイが終わるとお客さんと一緒に身体を洗う
  9. 名刺を渡してお別れの挨拶

①お客さんが受付をする

お客さんは来店したら、受付でコースを選び指名する場合は女の子を選びます。

お客さんが待合室に移動したときにモニタなどで知人でないか確認しておきましょう!

②身支度をしてお客さんを出迎える

マットヘルスでの女の子の衣装はドレス系やパレオなど簡単なものが多く、お店で統一されている場合もあります。

身支度ができたらお客さんを出迎えます。

③お客さんを部屋に誘導し、タイマーをセットしたら洋服を脱がせる

マットは短時間では行えませんが、短いコースは40分が存在します。

でも40分って、マットにしてはかなり短いんですよね。

この間にプレイを一通り終えないといけないので焦りそうにもありますが、マットプレイは焦るとけがをする恐れがあるので焦りは禁物です!

何気ない会話をしながらお客さんの洋服を脱がせたら、マットに移動します。

④マットに移動し、お客さんの身体を洗う

お客さんの身体はスケベ椅子を使って普通に石鹸で洗う場合もあれば、洗体と言って女の子が自らの身体に泡をつけて身体で身体を洗ってあげる方法があります。

エロさはもちろん後者にあり!

女の子の股の間にお客さんの腕や足、股間を滑り込ませて擦り付けるように洗う(タワシ洗いと言います)ので、お客さんは身体で洗ってあげる方が興奮します。

もちろん洗体が始まるとお客さんは女の子の身体に触り始めるので、キスをしながらお客さんの手をおっぱいやお尻に誘導して興奮を高めましょう。

少しローションを混ぜると滑りやすくなりますが、石鹸がお客さんの尿道や膣内に入らないように気をつけてくださいね!

⑤ローションを作る

マットに移動してまずすることは、プレイに使うローション作り。

ローションは原液を湯で薄めて使います。

作ったローションは放っておくと分離してしまうので、プレイの直前に湯で薄めないといけません。

お客さんを待たせることなく手早く作りましょう。

⑥マットプレイ開始

ローションが完成したらお客さんにうつ伏せで寝転がってもらい、女の子は自分の身体にローションを塗ってお客さんの上に優しく覆いかぶさってプレイスタート!

ローションはすぐに温度が下がってしまうので、追い足しするときも女の子の身体につけて温めてからが必須です。

男性の下半身は敏感なので温度ひとつでも萎えてしまいます。

お客さん第一を忘れないように、気を使いましょう。

また、マットプレイで大切なことはお客さんが動かないことです。

女の子が動いてサービスをするのがマットヘルスの醍醐味の1つなので、お客さんも動くとけがのもとになります。

お客さんにはしっかりマットにつかまってもらって、最大限のサービスを。

⑦目安時間のタイマーもしくは受付からの内線コールが鳴るとフィニッシュへ

プレイの詳しい内容やテクニックはまた別の回で紹介することにして、目安のタイマーや内線コールが鳴るといよいよフィニッシュに向かいます。

タイマーや内線コールが業務的で冷めるというお客さんもいるので、その場合は個室に時計を持ち込むなどで対策をすることをおすすめします。

⑧プレイが終わるとお客さんと一緒に身体を洗う

マットヘルスの個室についてはシャワー室と別にマットができる区切りがあったり、大きめのシャワー室でマットを敷いてプレイするなど様々。

プレイが終わったあとは絶対に立ち上がらないで、滑るようにしてシャワーカランのところへ移動し、まずはお客さんと自分の足を熱めの湯で洗います。

熱めにするのはローションが落ちやすいためで、足元だけ流しておくことで万が一のことがあっても重大な事故にはつながらないため。

【実際にあったマットヘルスでのヒヤリ体験】

実は私は受付に救急車を要請したことがあります。

プレイ後一気に気持ちが冷めたお客さんが立ち上がって転倒したためです。

大事にはなりませんでしたが、お客さんはローションプレイをあまり深刻にはとらえていないので女の子が注意する必要があります。

当然私はお店に叱られましたが、注意していても起こる事故は当然あります。

この時私が焦ってお客さんを助けようとしていると重大な事故につながっていた可能性があります。

そうならなかったことは不幸中の幸いです。

(マットヘルスではお客さんが転倒しても女の子が手を差し伸べることは事故が大きくなるためNGです)

マットヘルスはこのような危険もある風俗ジャンルなので、くれぐれも気をつけてくださいね!

⑨名刺を渡してお別れの挨拶

着替えが終わったら名刺を渡してお別れです。

女の子はローションを流しきれなかったりメイクが気になることもあると思いますが、ここはお客さん優先で。

マットヘルスに来るお客さんはヌキはもちろんですが、癒しを求めている人がすごく多いです。

最後まで気を抜かずに接客しましょう。

マットヘルスのプレイ内容

上記がマットヘルスでの基本的なプレイ内容です。

とはいってもマットヘルスではお風呂付きや、スケベ椅子やくぐり椅子を置いているところもあります。

プレイ自体は一般的なヘルスとあまり変わらなくても、マットヘルス独特の洗体やマットプレイが醍醐味でもあるので、最初は覚えることが少し多いと感じるかもしれません。

スケベ椅子はお客さんを座らせて洗体をするスタイルですが、くぐり椅子はコの字型。

中が空洞なので、女の子が椅子の中に滑りこんでサービスをします。

椅子に座っているお客さんを、下から玉やアナル舐めをするため少々体力も必要です。

マットプレイは何十という技があるので覚えるまでは大変ですが、実際に講習を受けるとすぐに覚えられるので不安がる必要はないですよ!

お店によっては聖水やアナル責め(女の子が責める)のようなオプションがあることもあります。

マットヘルスで働くメリット・デメリット

マットヘルスはローションを扱う技術さえあれば働くことが可能です。

しかし普通のヘルスとは違って特殊な業種になるため、メリットとデメリットは最初に理解しておきましょう。

マットヘルスで働くメリット

  • お客さんに責められる時間が少ない
  • 本番強要されても拒みやすい
  • 慣れるとベッドよりプレイしやすくなる

お客さんに責められる時間が少ない

マットヘルスはローションでヌルヌルになるので慣れていないお客さんはバランスや体勢の取り方が不安定です。

中には怖がるお客さんもいるので、お客さんが女の子を責めるタイミングは限られてきます。

全く責められないわけではないですが、ほかの風俗に比べて責められる時間は断然少ないです。

本番強要されても拒みやすい

風俗につきものなのが本強と言われる本番強要。

サロンや箱ヘルだと断ってもしつこいお客さんがいる一方で、マットヘルスは本番強要されても体勢を変えたり、「だめだよぉ~」などと軽くかわすことでお客さんに嫌な思いをさせないで断ることが可能です。

お客さんが腰を動かして挿入しようとしても絶対に入れることはできないので、断るのが苦手な女の子は働きやすいです。

慣れるとベッドよりプレイしやすくなる

風俗は普通はソファやベッドでプレイするので、慣れないうちのマットプレイはとても大変に感じます。

しかし慣れてしまえば立ち上がらずに寝そべったままプレイを続けることができるので、お客さんの興奮が冷めにくくイチャイチャプレイを継続することができます。

ベッドだとお客さんも自由に動くので、慣れるとマットの方がプレイしやすいという女の子、実は多いです。

マットヘルスで働くデメリット

  • 肌荒れしやすい
  • 体力がいる
  • 後片付けが大変
  • 講習を受けなければならない
  • 他の風俗店より性病になる確率がやや高い

肌荒れしやすい

マットヘルスは常にローションで身体が濡れているため、肌荒れしやすい女の子には不向きです。

ボディクリームで念入りに手入れしてもプレイのたびに流れてしまうので、それでもマットヘルスで働きたい場合は肌の調子を見ながらにしてくださいね。

「密着して気持ちいい肌」を心がけるようにしましょう。

体力がいる

風俗はどんなジャンルでも体力が必要ですが、マットヘルスは時にはローションでヌルヌルになったお客さんの身体を支える必要があります。

もちろん自分の体重をマットにひっかけた指で支えることも必要ですし、そもそも身体が濡れると体力を失いやすくなるのでプレイ後の脱力感はほかの風俗に比べると大きいです。

体力が心配な女の子は短時間勤務から慣らしていくのも手ですね!

後片付けが大変

後片付けの方法はお店によって異なります。

  • 自分で片づける
  • スタッフが片づける

大衆店では女の子が片づけるお店が多いのですが、ローションや精液でヌルヌルになった大きなマットはなかなか後片付けが大変です。

楽に片づけるコツもありますが、次のお客さんを接客するまでに全体を掃除して自分のメイクなども直さないといけないので、女の子が片づけるお店は負担がやや大きいです。

講習を受けなければならない

マットヘルスは採用になったからといって、すぐに接客ができるわけではありません。

詳しくは後述しますが、最初に講習を受けてマットプレイのいい面や危険性への理解が得られないといけません。

他の風俗店より性病になる確率がやや高い

風俗で働く限り性病のリスクはありますが、残念ながらマットヘルスは性病に感染する確率が他の風俗よりやや高いです。

というのは、挿入はないにしても100%性器同士を擦り付けるからです。

しかし確率がやや高いということで女の子の性病検査義務付けをきちんと行っているお店が多いのもポイント。

性病はお客さんにとってもマイナスになるため、徹底管理されているお店で働けるのはある意味嬉しいですね。

マットヘルスの給料の相場

マットヘルスは大衆店と高級店があります。

お店によって女の子の給料はかなり変わってきますが、相場を紹介します。

大衆店の給料

女の子の手取りは60分10,000円前後(お客さんの支払いは18,000円程度)です。

マットを使うのでマット管理やローションなどの雑費に経費がかかるので、お客さんが支払うプレイ料金は安くはありません。

イベントや早割、団体割などの割引制度を導入しているところもありますが、女の子は体力仕事なのでバック率は箱ヘルよりやや高め。

指名が入れば指名料にもよりますが1,000円~バックがあります。

ロングになるほど技術も必要なため、ロングを取れる女の子は1日6時間勤務で50,000円以上稼ぐことも可能です。

給料相場はだいたい30,000~60,000円です。

高級店の給料

私が少し前まで在籍していた高級店では60分で13,000円(お客さんの支払いは20,000円)のバックがありました。

プレイ内容は普通のマットヘルスと何ら変わりはないのですが、技術面の指導が厳しく短時間でもお客さんを満足させられるのが売りだったのでバック率が良かったです。

指名料も2,000円まるまるバックだったので6時間勤務で70,000円以上は稼げました。

高級店の給料の相場はだいたい70,000~100,000円くらいです。

もちろん長時間働けばその分たくさん稼げますが、体力勝負なので勤務は頑張れて8時間くらいです。

マットヘルスで働く際の注意点

マットヘルスで働く際は、デメリットで紹介した「講習」が必須です。

  • ローションの作り方
  • マット上でも体勢の取り方
  • 体勢が不安定なお客さんのサポートの仕方
  • 本番強要の上手な避け方
  • マットの技や流れ

マットヘルスは女の子に特別な技術が必要な風俗のジャンルです。

お客さんの転倒など、事故を防止するためにも最初にこれらを基本とする講習を必ず受けなければなりません。

最近では講習相手女性スタッフがしているお店もありますが、講習を受けたくない女の子は女性が講習をしてくれるお店を選ぶと楽しく受講することができますよ!

マットヘルスで働くのがおすすめの女の子

マットヘルスは容姿も大切ですが、大衆店であれば容姿・体型・年齢などはほとんど関係ありません!

マットヘルス勤務を特におすすめの女の子をピックアップしてみました!

お客さんから本番強要されたくない女の子

風俗に勤めていると、本番強要されることはよくあります。

しつこいお客さんは強引に押し倒してくることも。

お客さんの中にはダメと知っていて強要する人もいるので、トラブルになることもあります。

その点、マットヘルスだと本番強要が0!ということはないですが、マットヘルスのお客さんは箱ヘルなど一般的な風俗のお客さんと違って癒しやマットプレイそのものを楽しみにしているので、本番強要される確率はすごく低いです。

マットヘルスは本番強要されたくない女の子や断ってもしつこいお客さんにしんどい思いをしている女の子におすすめです。

お客さんから責められたくない女の子

風俗は受け身になることが多いので、触られ疲れてしまった女の子が働くことも多いです。

私自身も出稼ぎなどで短期間に集中して受け身になったときや、鬼出勤するために入店したお店をやめたあとはマットヘルスで身体を癒しながらマットプレイを楽しんでいます。

毎日何人もの男性を相手にすることが負担になっている女の子はマットヘルス、おすすめです。

身体も大事にできて稼げる方法もありますよ!

おっぱいが大きい女の子

実はおっぱいが大きい女の子は、マットヘルスで人気が出る傾向にあります。

マットヘルスは肌を密着し続けるプレイスタイルなので女の子の柔らかいおっぱいは当たっているだけで気持ちいとマットヘルスマニアのお客さんに好評です。

パイズリやおっぱいで洗体をすることもできるので、一般的な風俗より指名が多く入る傾向が!

まとめ

マットヘルスの店舗数はそんなに多くなくお店によって女の子の仕事量に差が出てきますが、唯一言えることは女の子の身体に優しい風俗ジャンルということ。

ローションプレイが大変なのは最初だけで、慣れると楽しんで勤務できるようになります。

今回はマットヘルスでの仕事内容やプレイの流れをメインに紹介しましたが、だいたいの流れはわかっていただけましたか?

マットヘルスは決して楽な仕事ではないですが、女の子が傷つきにくい風俗です。

今身体が辛い思いをしている女の子は思い切って勤務ジャンルを変えてみるのもいいですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる