MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

全身リップのやり方とは?風俗の本指名に繋がる最強テクニックを伝授

全身リップはお客さんの全身を、唇や舌を使って愛撫する1つのテクニックです。

風俗でのサービスは順番的に全身リップを行ってからフェラや素股などの行為に入りますが、前戯だけの役割ではありません。

あまり知られていないのですが、全身リップが上手な風俗嬢は本指名が多い傾向にあります。

全身リップは直接射精には関係ないように見えますが、上達すると「頑張ってフェラ」せずに射精に導くことも可能なテクニック。

また、「風俗=ヌキだけではない」ということを知ってもらう恰好のテクニックが全身リップでもあります。

ここでは全身リップのやり方と流れを詳しく解説しながら、テクニックを伝授します!

この記事の目次

そもそも全身リップとは?

全身リップはお客さんの全身をリップ(口)で愛撫する行為を指します。

お客さんの全身にキスをしたり舐めたり…キス1つでも30種類以上あり全身リップはまさにテクニックの宝庫!

唇と舌のテクニックを組み合わせることで気持ちよさは何倍何十倍にもなります。

全身リップは主にプレイの最初のほうで行い、中盤以降は体勢によってシックスナインや素股などをしていても可能なテクニックです。

全身リップをプレイの導入だと思っている女の子や、プレイの序盤でしかしない女の子は損をしていますよ!

全身リップはプレイ全体をサポートできるテクニックでもあるので、風俗で働く女の子は必ず覚えておきましょう。

全身リップは髪以外ほぼ全身に行います。

一般的な風俗店では唇や耳、首筋、胸背中に手指、お尻、太もも…とオーソドックスな場所を全身リップしますが、オプションでアナル舐めがあるお店もあるので、面接の際はサービス内容やオプションを確認しましょう。

また、マットヘルスでは足の裏まで全身リップを行います。

キスやリップのやり方は十人十色ですが、お客さんによっても感じるリップのやり方は異なるので、様々な技を持ち合わせてお客さんが気持ちいいリップを探りながらリップをすることが大切です。

全身リップのやり方と流れ

それでは具体的な全身リップのやり方と流れについて解説します。

自身が普段行っている全身リップとどこが違うか考えながら読んでみてくださいね!

  1. 首筋
  2. 腕・手・指
  3. 胸・乳首
  4. お腹・脇腹
  5. 背中・お尻
  6. 太もも
  7. ペニス付近

①唇

全身リップといってもいきなり唇にキスをするわけではありません。

プレイの準備が整っていい雰囲気になったらお客さんにタッチしたり寄り添ったり…唇へのリップは頬にキスから入りましょう。

もし常連のお客さんに愛情を表現する場合は唇からでも問題はありませんが、キスから入った場合は唇回りや頬にも必ずリップをします。

キスにもライトキスやバードキスなどフレンチなものからディープキスなど濃厚なものが多数ありますが、最初はソフトに、だんだん激しくすると興奮度が高まりやすくなります。

実は唇は性感帯。

神経がたくさんあるので、ほんの少しでも変化をつけるだけでお客さんは感じやすくなります。

キスが好きな男性は多く、唇にリップをする際はお客さんのほうからも積極的にキスをしてきますがその場合はお客さんにリードしてもらうのも全身リップの上手なやり方ですよ!

お客さんの舌の動かし方をそのままリップでまねるのもいいですね。

②耳

耳が性感帯の人は多いですよね。

耳は複雑な形をしていてリップが難しそうですが、だからこそ丁寧にすることで感じやすくなります。

  • 息を吹きかける
  • 息遣いを聞かせる
  • 耳の外側の軟骨や耳たぶを唇で噛む
  • 甘噛みする
  • 唾液をあまり出さない

耳は集音器官なので音を重視したリップがおすすめです。

しかし耳元でのリップは音が大きいと耳障りになることもあるので、雰囲気を壊さないソフトなリップを行うことがポイント。

耳の中に唾液が入ると炎症を起こすこともあるので、耳へのリップは外耳を中心に行います。

耳の軟骨に沿って舌を這わせたり、耳裏へのリップも意外と好むお客さんが多いので試してみてくださいね!

③首筋

唇から耳、首筋は王道の全身リップルート!

だからと先急ぐことのないように、丁寧に耳から唇を這わせて首筋に下りてきましょう。

首筋も息を吹きかけたり、皮膚が柔らかいので唇で噛んだりするリップが効果的。

また舌先をとがらせて首筋に沿って舐めるテクニックも効果的です。

舌での刺激は下から上へ心掛けて、キスや甘噛みを絡めながら唇を下ろしていきます。

筋を張らせているほうが感じやすくなるので、お客さんの左首筋をリップする場合は右を、右首筋をリップする場合は左を向いてもらうと効果をさらに引き出すことが可能です。

強く吸うと跡(キスマーク)になる場合があるので首筋を吸う場合は気を付けてくださいね。

④腕・手・指

腕や手、指をリップする女の子は少数派です。

だからこそやってほしいのでやり方を紹介しますね。

腕は肩から指先に向かってリップを行っていきます。

リップの要領は一緒ですが、意外と見落としがちなのが脇のラインです。

脇毛の外側を、舌をとがらせて這わせましょう。

お客さんの腕を下ろしてリップをする決まりはないので、首筋から腕に移るときにさりげなく両手を頭の上にあげて脇ラインに移るとスムーズです。

むしろその方が腕の内側をリップしやすくなり、お客さんも普段しない格好なので新鮮味があります。

あまりリップ感を出したくない、そんなときは

  • お客さんの乳首に軽く触れながらリップ
  • 自分のおっぱいを押し付けながらリップ

など工夫をすることで自然にリップ以上の刺激を与えることができます。

指リップ時もお客さんの顔を見ながら行ったり、2本咥えてみたり、唾液をわざと垂らすことでエロさが倍増します。

指へのリップは素股をしているときにも可能なので常連のお客さんの場合は変化をつけてあえて飛ばすのもありですよ!

⑤胸・乳首

胸は感じる人とそうでない人に分かれますが、乳首はほとんどの人が感じます。

感じない人は感じないと思っているだけのことも多いので、リップで性感帯を開発するくらいの意気込みで行いましょう。

自分がどのようにされたら気持ちいいかを考えると意外とスムーズです。

乳首中心のリップになるかと思いますが、乳首へのリップをしている間もほかの部位(胸板や首筋)へのタッチは忘れないようにしましょう。

もちろんいきなり乳首に舌を這わすわけではなく、脇のほうからゆっくり乳首に近づくように唇・舌を這わせます。

乳輪周りを焦らしながら責めることで「もっとしてほしい、乳首も舐めてほしい」と相手に思わせるくらいがベスト。

いろいろな乳首の責め方
  • 舌先が乳首に触れるか触れないかくらいで舐める
  • 軽くキスをする
  • 唇で甘噛みをする
  • 舌先で乳首の先をツンツンする
  • 舌の表面でゆっくり舐め上げる
  • 乳首をこねくり回すように舐める
  • 乳輪ごと吸い付いて口の中で乳首を舐める

リップをしていないほうの乳首も同時に指で触ることを心掛けましょう。

お客さんの顔を見つめながらの乳首リップも効果的ですよ!

勃起している場合はペニスが太ももに当たる体勢をとってもいいですね。

⑥お腹・脇腹

お腹もあまりリップをしない女の子が多いですが、どちらかというとお腹はくすぐったい人が多いのであまりしつこくする必要はありません。

あちこちリズミカルにキスをしながらのリップがおすすめです。

(おへそはキスをすることはあっても、衛生面を考慮して舐めることはおすすめしません)

私のテクニックなのですが、両方の乳首に唾液をたっぷりつけて指を残し、乳首をマッサージしながら口を下ろしていくとお腹へのくすぐったさが半減されるので流れるようなリップがしやすくなります。

お腹や脇腹をリップするときはお客さんの足の間に入ることが多いので、おっぱいをペニスに押し付けたり、脇腹や腰回りをソフトタッチすることで興奮を持続させましょう。

鼠径部のラインに沿ってのリップも性感刺激に効果的です。

⑦背中・お尻

忘れてはいけないのが背中やお尻へのリップです。

うつ伏せや座位、四つん這いになってもらってリップをします。

背中は場所によりますがお尻も皮膚が厚いので少々強めのリップをおすすめ。

背中やお尻のリップテクニック
  • 音を立てながら強めに吸い付く
  • 舌は先より表面を使う
  • わざと歯を立てる

背中は肩甲骨や背骨に沿ったリップが感じやすくなります。

座っているお客さんを後ろから抱きしめて、後ろから乳首付近を触りながらの背中リップも効果的。

お尻へのリップはうつぶせでも可能ですが、マンネリ化している場合は四つん這いが刺激的!

割れ目に沿って舌から上へ、そっと下を這わせます。

アナルに近い場所は嫌がるお客さんもいるので、あくまで割れ目付近にとどめておきましょう。

割れ目を左右に広げることも控えたほうが無難です。

⑧太もも

太ももは内側を中心にリップします。

外側を手で撫でながらがおすすめ。

舌の表面のザラザラでゆっくりリップするもよし、唇でチュッチュ吸いながらのリップも効果的です。

慣れないうちはお客さんの太ももの間に入るかと思いますが、慣れてきたら片足の膝の上に乗ってもう片足をM字開脚するように広げることで、「お客さんの足に女の子の股の感触」を与えながらの内ももリップが可能になります。

M字開脚している恥ずかしさと膝に女の子のアソコが当たっている快感で興奮度がどんどん上がります。

そのままお客さんの膝を利用してオナニーしちゃうのもいいですね!

⑨ペニス付近

ペニスももちろん周辺からリップします。

リップが上手だと早く舐めてとか、手をペニスに誘導されたりするのですが、それでも急がず焦らしを徹底しましょう!

ペニス周辺のリップはペニスの根元を支えて鼠径部から玉舐め、可能であれば玉裏や蟻の門渡り(玉と肛門の間)をリップします。

ペニス周辺は神経が多く、性的興奮が高まっていると少しの刺激でも反応するので丁寧に優しくを心掛けます。

玉付近はシワ1本1本を舐めるイメージで、舌の表面を使うとザラザラ感がちょうどいい刺激に。

玉を口に含む場合は歯が当たらないように細心の注意を払ってくださいね。

ペニス付近は陰毛が生えているのでリップをしにくいと感じるかもしれませんが、しにくい場合は片手で陰毛を撫でて押さえながらリップを続けることでスムーズなリップをすることができます。

全身リップの基本テクニック6選

全身リップの基本テクニックは6つ。

すでに紹介したものも含みますが基本は必ず覚えておき、常に意識しましょう。

  1. 音を立てる
  2. 唾液を多めに出す
  3. 焦らす
  4. 皮膚の薄い部分を責める
  5. 舐める方向は下から上、リップの順は上から下
  6. 性感帯から遠い場所から責める

音を立てる

男性は視覚で興奮すると言われますが、視覚だけより耳からの刺激も加えることで興奮がより高ぶります。

いやらしい音は女の子も興奮しますよね。

音に吐息を交えたり息遣いを荒くするのも効果的です。

唾液を多めに出す

全身リップは唾液を常に出さないと滑りが悪くなってしまいます。

たくさん出し続ける必要はありませんが、口の中が唾液で潤うくらいには出しておく必要があります。

待機中にガムを噛んだりフリスクを食べることで唾液が出やすくなるので唾液が少ない女の子は携帯をおすすめします。

また接客前に水を飲むことも効果的ですよ!

焦らす

唇・舌の這わせ方は焦らしが基本です。

焦らしはもどかしい気持ちを高ぶらせ、触られた時の快感を増大させます。

焦らしすぎは逆効果なので、お客さんの反応を見ながら少し触ったり、「期待を裏切りすぎないいい具合」を維持してリップをするように心がけましょう。

皮膚の薄い部分を責める

人間の身体は皮膚が薄いところのほうが感度がいいので腕や太ももへのリップは外側より内側を重点的にすることをおすすめします!

外側を手で軽くタッチすることでまんべんなく刺激できるので、常に手の位置を意識してリップを進めましょう。

舐める方向は下から上、リップの順は上から下

人間の神経は縦に這っているので、リップは縦方向を意識して行いましょう。

横に動くときは吸い付くようなリップ、位置を決めてリップする場合は舌先もうまく使うことで上下左右自由に移動することが可能です。

下から上でないとだめということはないですが、リップのしやすさも考えるとその方が効率的です。

また、リップの順は体の上から順番に行います。

ただし下半身をリップする場合は下から上。

最も感度が強いペニスを中心に、ペニスに向かってのリップと覚えておきましょう。

性感帯から遠い場所から責める

唇や耳、乳首、ペニスは性感帯の中でも感度がいい部分なので、最初から刺激してしまうとほかの場所への刺激反応が鈍くなります。

あくまで性感帯から遠い場所から刺激することで、快感を感じる波をだんだん大きくすることができるので意識してチャレンジしてくださいね。

全身リップの応用テクニック3選

たかがリップ、されどリップ。

基本はもちろんですが、もっと気持ちいいリップをしてあげたい!という場合は応用リップにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  1. 舐め方に強弱・リズムをつける
  2. 言葉責めを取り入れる
  3. 唇・舌以外も使う

舐め方に強弱・リズムをつける

舐め方にルールはなくお客さんが気持ちよくなってくれたらそれでいいのですが、ある程度強弱やリズムをつけたリップの方法が喜ばれます。

女の子だって常に同じ調子でクンニをされ続けたら気持ちはいいけどちょっと物足りないですよね?

気持ちのいい場所を舌先でぐりぐりしたり、時にはキスだけ、はたまた舌の表面で撫でてみる…次は何をされるんだろう?というドキドキや期待を持たせることは気持ちを高ぶらせるので大切ですよ!

言葉責めを取り入れる

言葉責めと聞くと難易度が高そうに感じますが、「気持ちいい?」「どこがいい?」「どんなふうにされたら気持ちいい?」など、疑問を投げかけるとお客さんが気持ちいい場所やどうされたいかわかりますよ!

高度なセリフは全く必要なく、男性は女の子から甘えた声で「気持ちいい?」と聞かれるだけでも嬉しいものです。

献身的な姿勢は男性の内側にある密かな征服欲を満たすこともできるので、余裕があるときは声をかけるようにしましょう。

唇・舌以外も使う

全身リップは唇や舌だけで行うテクニックではありません。

リップをできる場所は1か所だけなので、ほかの場所は手や胸、場合によっては太ももで刺激することでお客さんの意識を分散させて、「全身気持ちいい」を実現することができます。

全身リップの基本が形になっている女の子は、手やおっぱい、太ももでお客さんにタッチするところから始めてみてくださいね。

お客さんを虜にする全身リップのコツ

お客さんを虜にする全身リップのコツはずばり!

  • リップ中は基本的に唇を離さないこと
  • 丁寧にリップすること

簡単そうで実は難しいこの2つ。

もちろん細かなテクニックは必要ですが全体を見てみると、時間がないと急ぎ気味になってしまうし、急ぐとお客さんの肌から唇が離れてしまいがち。

確かに短時間コースだと全身リップに時間をかけていられないという気持ちはわかりますが、指先や背中までリップをする時間はなくても丁寧にリップをすることは可能です。

唇の這わせ方でお客さんは無意識に女の子が考えていることを感じ取っています。

性的な気持ちよさは肉体的な刺激がダイレクトに伝わるので、雑なリップやヌキを急ぐリップは見破られています。

しかしお客さんとまじめに向き合う気持ちもきちんと伝わります。

唇を離さない丁寧なリップは身につくと自然にできるようになるのであまり難しく考えないでくださいね。

不衛生なお客さんは断っても大丈夫

風俗で働いていると、不衛生なお客さんを接客することもあります。

不衛生にも限度がありますが、シャワーがあるお店でシャワーを浴びないのは不衛生です。

ヘルスでシャワーを嫌がるお客さんやピンサロなどで洗うことが不可能な場合は勇気を出して断りましょう。

いくらお金を払っているといってもエチケットやマナーは必須です。

最低限のマナーを持たないお客さんはそれを理由に全身リップを断ってもお店から注意されることはないので、自分を守るためにも断りましょう。

全身リップで他の風俗嬢と差をつけよう!

全身リップは実はほとんどの風俗嬢が正しくできていません。

リップテクニックも自体もそうですが、中にはペニス付近しかしない女の子もいるほどです。

そんな中で全身リップを丁寧に、全身行う女の子が目立たないわけありませんよね。

皆がしていないことをするのは、実力を発揮する風俗業界で指名をもらうための最短ルートでもあります。

皆が見落としやすい全身リップを極めてほかの女の子と差別化をはかってみませんか?

まとめ

全身リップは癒しでもあり性的快感への入り口でもあります。

全身リップが上手な女の子はフェラもキスも上手ですし、十分な興奮が与えられると「頑張ってフェラ」しなくても射精に導くことが可能です

もしフェラが苦手な女の子がいたらぜひ身につけてほしい技ですし、技術以外にヌきやすくなるメリットもあるので、他の女の子も攻略する価値は十分にあります。

自分だけの舌使い、テクニックで他の女の子から一目置かれる存在を目指してくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる