MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

フェラのやり方とコツ!最高に気持ちいいフェラチオテクニックを公開

当たり前の話ですが、風俗嬢は全員フェラをしますよね?

フェラでヌけない風俗嬢はいませんよね?

最高に気持ちいいフェラは、まるで挿入しているかのような感覚に陥ります。

そんな最高に気持ちいいフェラをするためには「口内で膣内を再現」することが必要です。

そう考えたら、実はフェラって難しい…?

いえいえそんなことはありません。

フェラテクはググればたくさん出てきますが、ここでは私が実際にフェラヌキしているテクニックを軸に「最強に気持ちいいフェラ」を紹介します。

私の風俗嬢としての特技はフェラではないのですが、それでもここに紹介できるだけのテクニックは持っているので自分にないテクニックはまねしてくださいね!

この記事の目次

フェラのやり方と基本的な流れ

皆さんはどんなやり方でフェラをしていますか?

まさか、いきなり咥えてなんていないですよね?!

皮膚を抓ったあとに撫でても感覚が麻痺するように、強めの刺激を与えたり、激しい快感を与えたあとはどんなソフトな責めも気持ちいいとは思いにくくなります。

大事なのは「気持ちいい波」を「少しづつ大きく」していくこと。

そうすることでペニスには常に十分な刺激を受け、フェラのみでも射精に導きやすくなります。

もちろんお客さんの好みのやり方はありますが、基本的なやり方は以下の通り。

  1. 唇でペニスにフェザータッチ(フェラの前戯)
  2. 玉付近を責める
  3. サオや裏筋を経て亀頭を責める
  4. 咥えてペニスを刺激する(ここで初めて咥えます)
  5. 刺激する強さはソフト→ハード
  6. 手を使う場合はフェラ後半で刺激を始める
  7. ラストスパート(ヌキ)

①唇でペニスにフェザータッチ

フェラは舐める前から始まっています。

唇で陰毛やペニス・玉付近に息を吹きかけたりキスをしたり…いわゆる前戯がフェラへの焦らしにもなって、興奮度が高まります。

あくまでソフトに、唇がペニスに触れるか触れないかの状態で軽くキスをしたり唇で撫でたり、頬に当てたりしましょう。

ペニスを持つ場合はあくまで「手を添える」程度にし、「握る」ことは避けます。

②玉付近を責める

風俗嬢として、ペニスを責める前に玉付近を責めることを忘れないようにしたいところ。

玉は感度が高まるとぎゅーっと上のほうに上がっていくことがほとんどです。

最初の玉責めの段階で上がることは少ないですが、男性は脳より先にペニスが反応することが多いので、ぺニスのぴくんぴくんという動きで興奮度を確認するとわかりやすいですよ!

玉付近もペニスと同じくフェザータッチをしますが、玉はペニスより敏感なのでそっと扱うようにしましょう。

十分に感じている様子が見られたら、舐め始めます。

上手な女の子は唇と舌で触れる境目がわからないように舐め始めます。

唇や舌に神経を集中させて責めましょう。

③サオや裏筋を経て亀頭を責める

玉付近から亀頭に向かって唇を這わせ、サオ、裏筋責めに入ります。

サオはペニスの中ではやや感度が鈍い場所なので、ハーモニカを唇に沿わせる要領でペニスに唇を当てるとスムーズです。

裏筋部分は舌先をとがらせたり、舌の表面でなぞりながら進みます。

ペニスの中でも感度が強い亀頭付近は舌先での刺激から徐々に範囲を増やしていきます。

たくさん唾液を出すことでこの先のストロークなどがしやすくなるので覚えていてくださいね。

④咥えてペニスを刺激する(ここで初めて咥えます)

十分にペニスへの刺激ができてから咥えます。

咥えてもすぐにはストロークをせず、口の中でもて遊ぶように舌や頬の内側で刺激します。

優しく亀頭だけをストロークをしたり、ねっとり舌を絡ませたりしましょう。

できるだけ空気を入れないように咥えることが快感へと導きます。

サオまで咥えても決して急がず、ゆっくりストロークをして徐々に激しくしていきます。

⑤刺激する強さはソフト→ハード

フェラのテクニックはたくさんの種類がありますが、基本的にソフトからハードに責めていきます。

次第に激しさを増し、強弱をつけたストロークやバキュームで射精に導きます。

射精しにくいお客さんや遅漏のお客さんは手コキでサポートしますが、どんな方法にせよ、流れはソフトからハードが基本です。

これを守ることで気持ちいいフェラは半分くらいできているようなもの。

常に忘れないようにしてくださいね。

⑥手を使う場合はフェラ後半で刺激を始める

細かく手順を記載しているのは、手コキをしながら咥えることがフェラだと思っている風俗嬢が多いからです。

実際、それほとんど手コキだよね?という女の子もいます。

手コキをしながらのフェラは以下のような場合に役立ちます。

  • フェラのサポート
  • ヌけないときやイキにくいお客さん
  • ペニスが大きいお客さん

確かに手コキはお客さんは気持ちいいし、手コキをすると早くヌけるので女の子も負担が少ないです。

しかし手コキはオナニーでできるので、風俗でしかできないフェラテクニックをじっくり味わってもらいましょう。

⑦ラストスパート(ヌキ)

お客さんが射精しそうになってきたら、最後はヌキにかかります。

といってもあからさまに射精をさせるのではなく、あくまでストロークの延長線上の射精です。

簡単に射精しないように寸止めしたり、途中でペースを緩めてお客さんの期待を上手にはぐらかすことで射精しやすくなるので1つのテクニックとして試してみてください。

実はフェラが上手な女の子はほとんど手を使わずにヌくことができます。

また、ラストスパートをしなくても射精に導くことができます。

フェラに特化したアダルトビデオはフェラテクニックの宝庫なので、時間があるときに見てみるのもいいですね。

アダルトビデオを見るだけでは細かいテクニックは盗めなくとも、女優さんの表情や見て取れるテクニックはまねすることができます。

一般的なフェラのやり方、基本的な流れを紹介しましたが、もちろん例外はあります。

お客さんの希望がある場合は希望に沿ったフェラをしましょう。

ペニスの舐め方のポイント

それでは具体的にペニスの舐め方のポイントを場所別に紹介します。

亀頭

亀頭は男性の身体の中で最も敏感な部分。

刺激の強さは十分に注意してくださいね。

アイスクリームを舐めるようにベロンと舐めたり、舌先でチロチロ、亀頭だけを咥えて軽く吸う方法も効果的です。

亀頭は舌の表面のザラザラも効果的に使いましょう。

表面で円を描くように舐めると膣内では経験できない快感をピンポイントで与えることができます。

カリ・カリ首

亀頭の根元の膨らんだ部分をカリ、カリからサオへ向かうくびれた部分をカリ首といいます。

フェラでカリのひっかかる感じが好きな男性はとても多いので、カリやカリ首への刺激は口をすぼめて吸い付く舐め方が効果的。

すぼめ方に強弱をつけて、唇をうまく使って刺激しましょう。

亀頭を口に含んだ状態で、舌だけをカリに這わせるのもアリですね。

またカリ首は手コキ可能域の境目でもあります。

手コキを併用する場合は、カリ首より上は敏感なため手で刺激しないように気を付けます。

裏筋

ペニス裏側の筋は意外と敏感な人が多いですが、中でもカリの裏側を舌先をとがらせてチロチロする舐め方がおすすめです。

舌先はピンポイントで刺激できるので、狭い範囲を責めたいときや感度がいい場所責めたいときに積極的に使っていきましょう。

裏筋はペニスを口に含んでいても舌で刺激できるので、常に舌先や表面を裏筋に触れる位置を意識していると自然に刺激することができます。

サオ

サオは手コキの刺激(オナニー刺激)に慣れているので、フェラでの刺激は強めでも問題ありません。

範囲が広いのでフェラだけで全体を刺激をするにはストロークが身近です。

咥えているときはやや強めに口をすぼませて、常に吸い付いている状態を作ると刺激しやすくなります。

もちろん咥えるだけがフェラではないので、あえて下からサオにキスをしたりはむはむして「ペニスを舐めている表情を見せつける」という責め方もあり。

尿道口

尿道口は性行為をするための器官ではないので、衛生面を考慮してライトな舐め方がおすすめです。

尿道口から雑菌が入ると尿道炎になる恐れもあるので、キスや舌先でのチロチロにとどめておきます。

尿道口が性感帯のお客さんもいますが、指や舌で尿道口を広げる行為は痛みを伴うこともあるので避けましょう。

だからといってあまり気にしすぎる必要はありませんが、尿道口から唾液が入る舐め方をしていなければ大丈夫です。

睾丸

睾丸を責めるテクニックは玉責めともいわれ、風俗嬢が意外と見落としがちな場所です。

玉は皮膚が薄く、歯が当たると痛みを感じやすいので注意して刺激することが必要。

  • 舌の表面でベロンと舐める
  • 皮を唇ではむはむする
  • 真ん中の線に沿って舌を這わせる
  • 片方ずつ口に含んで出し入れする

高度な技は不要ですが、睾丸はとにかく優しくを念頭に、丁寧に舐めます。

シワを舌で伸ばすように舐めるとまんべんなく刺激することができるのでおすすめです。

もちろん玉を舐めている最中は手はペニスを刺激します。

といっても撫でたり裏筋を指でなぞったりあくまでソフトに、常に刺激を忘れないようにしてくださいね。

フェラの基本テクニック

フェラにもテクニックによって難易度があるので、まずは比較的簡単な基本テクニックを紹介します。

前戯フェラ

先にも少し紹介しましたが、フェラはいきなり舐め始めるわけではなく、ペニスにキスをしたり、陰毛や内ももを撫でたりといった前戯から始めます。

急にかしこまってどうしたらいいかわからない、そんなときは特に前戯フェラから始めてみてください。

いきなり舐めないことは前戯でもありますが、お客さんにとっては焦らしでもあります。

早く咥えてほしい気持ちを可能な限り膨らませてからのほうがフェラの感度が違うので、焦らず十分に焦らすことがおすすめ。

ストロークフェラ

ストロークはフェラの基本的なやり方で、ペニスを咥えて口を前後に動かしながら口の中の圧や唇の締め付け具合、舌などでペニスを全体的に刺激するテクニックです。

膣内の温度を再現するために可能な限り奥までストロークするようにします。

とはいっても口の中は広がっていて難しいですよね。

コツは唇に力を入れて「締め付け」を表現すること。

ストローク自体は簡単なので、初心者のうちは歯が当たらないように前後することを心掛けましょう。

バキュームフェラ

バキュームフェラは強くペニスを吸うフェラテクニックです。

ただ強く吸うと歯が当たるのでコツがあります。

  • 舌を裏筋に沿わせる
  • 口をすぼめて真空状態を作る
  • 強めに吸う

ポイントは真空状態。

空気が入ると隙間ができて気持ち良さが半減します。

どうしても空気が入ってしまう場合は口をすぼめる強さを変えてみてくださいね。

バキュームフェラの難点は、歯が当たりやすいことと疲れやすいことです。

少しでも歯が当たると痛いので、お客さんの様子を伺いながら行ってください。

また女の子は思っている以上に顎が疲れるのでフェラのペースが乱れない程度に取り入れてくださいね。

コンビネーションフェラ

口と手の同時刺激をコンビネーションフェラといいます。

ここでいう手は手コキ含む、玉責めや乳首責めまでも含み「手を遊ばせないこと」だと思ってください。

せっかく気持ちいいことをしているので気持ちよさをさらに引き出すために、手もどんどん使っていきましょう。

コンビネーションフェラの例
  • 両手でお客さんの両乳首を触りながらのフェラ
  • 4本の指の腹で玉をゆっくり擦りながらフェラ
  • 3本の指の爪で軽く玉裏をカリカリしながらフェラ
  • 手のひらで玉を包み込んで優しく揉みながらフェラ
  • ペニスの根元を人差し指と親指でぎゅっと握ってのフェラ

ペニスの根元をぎゅっと締めるように握るとペニスの感度が増すのでぜひ試してみてくださいね!

お掃除フェラ

射精したあとに精液で汚れたペニスや、尿道に残った精液を吸い取ってペニスをきれいにするテクニックです。

一般的な風俗ではオプション化されているところもあって、積極的にやる女の子は少数派。

AVではおなじみなのでお掃除フェラが好きなお客さんは多いのですが、積極的にすることはなくても求められたら対応できたほうがいいです。

射精後のペニス(特に亀頭)は敏感なので優しく舐めるようにし、尿道の精液も強く吸い取る行為はNG。

口内射精

今の風俗では射精を口で受け止める口内射精がスタンダードです。

お客さんから特別希望がない限りは口内射精ですが、射精が近くなると玉がぎゅっと上に上がってきて亀頭が膨らみ始めるのでそれを合図に心の準備をしてくださいね。

もし苦手な女の子がいたら後述する「口内射精が苦手な場合の対処法」を参考にしてください。

フェラの上級テクニック

フェラの基本テクニックは風俗嬢であれば誰でも知っているかもしれませんが、上級テクニックはどうでしょうか?

ローリングフェラ

ローリングフェラは舌をくるくるペニスに巻き付けるように動かすフェラのテクニックです。

具体的には亀頭から付け根に向かってですが、やりにくい場合は唾液を多め出すことで滑りがよくなるのでチャレンジしてみてくださいね。

唾液が垂れやすくなりますが気にせずフェラすることで貪り感を出すこともできますよ!

ローリングフェラは普通のフェラとは違った快感が味わえ、膣内では体験できないフェラ独特の快感が得られるので体験すると病みつきになります。

ディープスロート

わかりやすく言うと、喉奥までペニスを咥えてゆっくり引き抜くこと(を繰り返す)を指します。

ペニスと口を平行にして咥え、ペニスを飲み込むように徐々に加えて、喉の奥まで咥えたらのどを締めてゆっくり口を戻していきます。

上級テクニックだけあって難しく、できる女の子とそうでない女の子がいます。

私個人的には上級技の中でも特技に近いものがあると思っているのでできない女の子は決して無理はしないでください。

無理にディープスロートをしようとするとむせたり、お客さんが腰を動かすと窒息の可能性があります。

お客さんはイラマチオだと思っている人も多いので(ディープスロートとイラマチオは別物です)、お客さんの動きにも注意が必要です。

カリストロークフェラ

カリの集中的なフェラとしてカリストロークフェラがあります。

ストロークフェラとは少し違い、敏感な部分をストロークするので唇の圧力には十分注意して行いましょう。

唇を小刻みに動かしたり、たっぷりの唾液で滑るようなストロークを圧力を変えながら行うことで様々な快感を与えることができます。

パイズリフェラ

パイズリしながらのフェラは男性なら一度は憧れるテクニックです。

AVではペニスをおっぱいで挟んでのフェラをよく見かけますが、あれができるのは結構大きめのおっぱいの女の子だけ。

パイズリフェラはおっぱいが大きくないと難しい上級テクニックですが、挟める女の子はぜひチャレンジしてみてくださいね。

ペニスを咥えることができず物理的な刺激は少なくても、視覚的な満足感を与えることが可能です。

喉輪締め

喉輪(のどわ)締めはフェラの最強テクニックといわれていて、奥までペニスを咥えて喉で亀頭を締める技です。

ただこれは想像するとわかるように、とても苦しいのでできる女の子はほとんどいません。

このテクニックはお客さんは本当に気持ちよく、マスターすればかなりのリピート率を誇れますが、同時に喉を動かすテクニックが必要です。

人は舌の奥にものが触れると嘔吐反射を起こすので、無理にマスターする必要はありません。

経験したことがあるお客さんも少ないので、フェラに十分慣れている場合は試してみてくださいね。

フェラを上達させるためのコツ

今よりフェラがうまくなりたいと思っている女の子は上達するためのコツがあるので紹介しますね!

初めから強くペニスを咥えない

フェラは焦らしが基本ですが、咥えるときも強さを意識しながら、最初はソフトに咥えます。

咥えているかどうかわからない、じんわりあたたかい程度に口の中に入れるところから入ってもいいでしょう。

最初から強く咥えてしまうとそれより強い刺激は手コキを併用するしかありません。

気持ちいい波を徐々に上げていくために最初はソフトに、を徹底してください。

口の中にたっぷりと唾液を含ませてから舐める

唾液が少ないと摩擦が増えて気持ち良さが半減します。

口の中はあまり摩擦を感じなくても、ペニスは想像以上に摩擦の力が加わっています。

これを回避するためには口の中に多めに唾液を含ませて、唇も常に潤うように配慮しながらフェラをすることをおすすめします。

舌を可能な限り伸ばすと唾液が出やすくなるので唾液が出ないときの応急処置の参考にしてくださいね。

最初はゆっくりと丁寧に舐める

射精が近くなると次第に激しいフェラになるので、緩急をつけるために最初はゆっくりと丁寧に舐めるところから始めます。

強くペニスを咥えないことにも通じますが、そのつもりはなくても急いだフェラをするとお客さんは射精しないように身構えてしまうのでリラックスできません。

プレイには時間がつきものですが、焦らず丁寧なフェラを心がけてくださいね。

絶対に歯があたらないようにする

フェラが下手な風俗嬢あるあるですが、ペニスに歯が当たると相当痛いです。

特に興奮しているときに当たると興ざめしてしまうので、歯は絶対に当たらないように気を付ける必要があります。

歯は固いので当たっていることが分かりにくいし、お客さんも言いにくいものです。

特にストロークやディープスロートをしているときは気を付けるようにしましょう。

テクニックを覚える前のマナーとしても大事なことなので、お客さんへの配慮は忘れずに。

いきなり亀頭を責めずにじっくり焦らしながらフェラをする

亀頭は女の子の身体でいうとクリトリスに値します。

いきなりクリトリスを責められたら戸惑いませんか?

じっくり焦らされてからのほうが快感は大きいですよね!

亀頭も同じです。

亀頭以外の場所を入念にフェラをして、気分を十分に高めてから亀頭に移るようにします。

男性皆が皆我慢汁が出るわけじゃないですが、我慢汁の量を目安にするとわかりやすいですよ。

興奮すればするほど我慢汁が出るので、サオをフェラしながら指先で亀頭に触れ、我慢汁の糸を引かせながら量をチェックするのもエロくておすすめ!

緩急をつけて単調なフェラをしない

風俗嬢にありがちなフェラで、常に同じテクニックの繰り返しや咥えたあとは咥えっぱなしのストロークが挙げられます。

確かにストロークは挿入感が味わえて気持ちいいですが、ただストロークするだけではオナホールと一緒。

単調なフェラは飽きやすいので、

  • 強弱をつけて吸う
  • 舌を常に自在に動かす
  • リズミカルなフェラをする
  • スローストロークをする

などを心がけましょう。

いろんな技を次々と繰り出す必要はありませんが、緩急や小技を駆使して単調なフェラはしないようにしましょう。

舌の使い方を覚える

フェラが気持ちいい女の子はやはり舌使いがうまいんですよね!

舌を自在に操るには顎回りの筋肉が必要なので、普段から舌を左右上下に伸ばすトレーニングをし、フェラで喜ばれる舌使いは覚えておくと損はありません。

  • 舌先の這わせ方(縦横・小刻み・連打など)
  • 舌の表面の使い方(前後左右・円を描くなど)
  • 舌裏の使い方
  • 舌をペニスに巻き付けるような動かし方

この4点は最低限マスターし、速度も意識しましょう!

フェラの最中にお客さんを興奮させる仕草

フェラは技術だけではありません。

男性はフェラをしている女の子の顔を見るのも大好きなので、フェラで肉体的なアプローチをしつつ、お客さんを興奮させる仕草で精神的にもアプローチしましょう!

上目遣いで舐める

上目遣いは基本中の基本。

フェラをしていると必然的に上目遣いになりますが、あえてお客さんの目を見つめるとより効果的です。

ペニス越しの女の子の顔はエロく見えるもの。

女の子が口いっぱいにペニスを頬張って涙目だったりしたら、よりお客さんは興奮します。

視覚を通じて脳に訴えかけることでペニスの感度はぐんと上がるので、活用しない手はありません!

フェラをするときに顔を傾けながら髪をかき分ける

髪を触る女性の仕草を好むお客さんは多いです。

髪を伸ばすように指導するお店もあるほどなので、髪の長い女の子にはぜひ覚えてほしい技。

フェラ中は髪を上げる女の子が多いですが、あえて上げずに髪をかき分ける仕草をしてみてください。

「フェラをしたいのに髪が邪魔~!」という勢いでかき分けるのがおすすめです。

乱れた髪はエロさを増す恰好のアイテムです。

フェラをしながら喘ぎ声を出す

文字だけでみると滑稽ですが、フェラをしているときの息遣いや声漏れはお客さんの耳を刺激できるので効果的。

  • 咥えているとき(んぐっ)
  • ペニスから口を離したとき(んはぁっ)

など、少々大げさでも大丈夫ですよ!

難しい場合はシックスナインに持ち込んでお客さんに触ってもらったり、自分もオナニーをするなど工夫をすると喘ぎ声を出しやすくなります。

口内射精時も忘れずに、精液の放出に合わせて「んっんっ」というのもエロくておすすめ。

ジュボジュボと音を立てながら舐める

フェラ中の音は必須ですよね!

下を向いてフェラしていると顔が見えないので音を積極的に使っていきましょう。

  • ピチャピチャペニスを舐める音
  • サオにチュパチュパ吸い付く音
  • ストロークのジュポジュポ音
  • ペニスを口に含んで唾液をためてグチュグチュ

どれも違った音でどれもいやらしく聞こえませんか?

音の発し方も考えてフェラができるようになると上級者です。

おいしそうに咥える

上目使いをしていないときでもできるのが「おいしそうに咥える」ことです。

本音を言えば別においしいわけじゃないですが、フェラは本来愛情がなければできない行為。

「自分のペニスをこんなにおいしそうに咥えてくれている」

お客さんはそう思うだけで興奮度が一気に上がります。

フェラ中はペニスを口から離さないようにし、離してもすぐにまた咥えたり、口から垂れた唾液をぬぐいながら咥えたり、嬉しそうな表情で咥えることでお客さんは精神的な満足感を得ます。

フェラからシックスナインに移行

フェラは女の子からの奉仕なので、フェラからシックスナインに持ち込むこともお客さんを興奮させるテクニックとしては効果的ですよ!

男性はやはり女の子の身体に触りたい生き物なので、「私も気持ちよくなりたい」ということを表現するための手段としておすすめです。

男性は責めることでも興奮するので、イキにくいお客さんにおすすめのテクニックでもあります。

言葉責めをしながらフェラをする

高度な言葉責めは必要ありません。

「気持ちいいい?」「どこが好き?」「どうやったら気持ちよくなれる?」など問いかけるとお客さんの気持ちいい場所やフェラのやり方がわかりやすくておすすめです。

Mっ気があるお客さんだと、「おちんちん、すごくおっきくなってるよ」「まだイッちゃだめだよ?」なども効果的ですね。

フェラのテクニックを上達させるメリット

風俗でのサービスといえば真っ先にフェラを思い浮かべる人が多いだけに、フェラのテクニックを上達させるメリットは大きいです。

お客さんがサービスに満足してくれる

ピンサロやヘルス、デリヘル、ホテヘルなどフェラ抜きが基本のお店ではフェラのテクニックがあるとそもそものサービスに満足してくれます。

フェラ1つとってもすぐにヌキにかかる女の子もいれば手コキメインの女の子、口しか使わない女の子、本当にいろいろ。

お客さんによって満足してくれるフェラは違いますが、フェラのテクニックを装備していると本番強要されにくくなるメリットもあります。

そもそものサービスの底上げを図るときもフェラのテクニック向上は結果が出やすいので、上達させるメリットはかなり大きいです。

指名の獲得に繋がる

フェラが上手だと当然指名されるようになります。

風俗嬢が指名をもらうには

  • 容姿
  • 話術
  • 技術

どれかが長けていれば大丈夫。

フェラは技術なので、技術でついてくれるお客さんはなかなか離れませんし、離れても戻ってきやすい利点があります。

「やっぱり〇ちゃんのフェラが気持ちいい!」そう思ってもらえると風俗嬢として鼻が高いのでぜひそう思ってもらえるフェラを実現させましょう!

主導権を握れるようになる

風俗は女の子がサービスをするお店ですが、最近はお客さんが主導権を握ることが多いです。

それでもかまわない女の子はいいのですが、身体を酷使する風俗嬢にとってお客さんが主導権を握ると長時間勤務がしんどい場合も。

そんなときフェラテクニックがあれば「お客さんを時間めいっぱい飽きさせることなく楽しませること」が可能に。

フェラテクニックはお客さんを満足させるだけでなく、自分が主導権を握れるようになるメリットもあります。

もし責められることがしんどいと感じている女の子がいれば、そんな女の子こそフェラテクニックを極めてくださいね!

フェラをするときの注意点

フェラをするときの注意点はこれまでの説明にも盛り込んできましたが、紹介していない注意点について記載しておきます。

口内炎や傷があるときは極力フェラをしない

風俗嬢は口の中の病気は致命傷です。

精液は身体に害はありませんが、口内に傷口があるとフェラという行為自体が雑菌を繁殖させてしまいます。

口内炎があるときや口唇ヘルペス、親知らずを抜いたときもなるべくフェラは避けましょう。

特に口唇ヘルペスは非常にまれですがお客さんに感染させてしまうことがあるので、お客さんを守る意味でもフェラは避けるべき。

それが無理な場合はお店を休むことも視野に入れましょう。

口臭予防グッズの多用を避ける

フェラはペニスを舐める行為なので口の中の清潔を気にしている女の子は多いはず。

しかし気にしすぎるあまり、フリスクやブレスケアなどを多用していませんか?

確かにエチケットとしては大事ですが、多用するとその刺激がペニスに直接伝わります。

口腔清涼剤は皮膚だけでなく粘膜にも刺激を与えるので、口に残った状態でフェラをするとペニスがスースーします。

害はないですが不快に感じるお客さんもいるので避けたほうが無難です。

常に表情を作る

お客さんは女の子が思っている以上に女の子の顔を見ています。

単調な動きで退屈そうな表情になっていませんか?

無表情でフェラしていませんか?

早くヌキたい一心で献身的な一生懸命さよりがつがつフェラはNGです。

風俗嬢はアイドルでもあるので、「魅せるフェラ」も心がけてくださいね。

顎関節症

風俗嬢は顎を駆使するので顎関節症になる女の子がとても多いです。

無知なままプレイしていると口が開かなくなったり、本当にひどい目に遭うことも。

かといって1日何人もフェラをし続けるので顎関節症を防ぐ効果的な方法はないのですが、大きな口を開けない、長時間フェラしないなどの配慮はしましょう。

私も風俗を始めてから顎関節症になりましたが、顎関節症は一生ものです。

悪化すると風俗をやめないといけないこともあるので、顎に異変を感じたら病院を受診したり仕事を休むことも大切です。

口内射精が苦手な場合の対処法

精液の臭いは決していい臭いとは言いにくく、味もおいしいとは言えません。

精液の味や濃度、量もお客さんによってそれぞれで、私もどちらかというと苦手です。

嗅覚や味覚が鋭い女の子は口内射精が苦手なことも多いですが、そんな時は受け止めた精液を舌の裏にためるようにすると味を感じにくくなるので試してみてください。

味覚を感じる舌に直接つけないことがポイントです。

また、射精前に多めの唾液を口に含むことで精液が直接口内粘膜に触れず、味を感じにくくなります。

口内射精された精液はどんなふうに処理する?

では口内射精された精液はどんな風に処理するのが正解でしょうか?

ティッシュに出すのがスタンダードかと思います。

すぐにティッシュに出してしまう女の子もいますが、雰囲気作りとしてはすぐにティッシュに出す行為は思わしくないですね。

少なくとも一呼吸おいてから、またはお客さんと目があって恥ずかしそうにするなど、ワンクッションあったほうがお客さんに嫌な思いをさせません。

場合によってはティッシュをとってくれるお客さんもいますし、口内射精後の時間もプレイだと考えると対応しやすくなるので今一度自分にできそうな処理方法はないか考えてみてくださいね!

いったん手のひらに出して「こんなに出たよ~!」とアピールするのもエロく見えるのでお客さんによっては試す価値アリ。

ちなみに精液は、飲む必要はありません。

たまに飲んでというお客さんもいますが、飲精が得意でない限り断っても大丈夫です。

私は戸惑いすぎて精液を口からこぼして笑われた経験や、むせかえって飲むより大変な目に遭った経験もありますが(それはそれで印象的で、これをきっかけに指名客になりました)、突然飲んでといわれた場合のために断り方も考えておくとスムーズです。

まとめ

実はフェラ自体あまり上手くなくても、焦らしや基本テクニックができていればお客さんはかなりの満足感に包まれます。

フェラが上手なことに越したことはないですが、技術的な面は得手不得手があって当然。

できないことがあってもおかしくはないのです。

フェラは風俗嬢皆がしているので、差別化を図るには難しいと感じていませんか?

それは逆で、皆がしているからこそ差別化を図りやすいのです。

まずは基本的なやり方をマスターして、「自分だけのフェラ」の確立を目指してくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる