MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

出稼ぎ風俗のトラブル事例まとめ!騙されないための注意点を徹底解説

風俗で出稼ぎをする場合は、通常の勤務と同じように考えてはいけません。

出稼ぎはその期間中だけの勤務で終わることが多いので、特にトラブルが多いためです。

「聞いていたサービス内容ではない」
「お給料が違う」

など、出稼ぎの代表的なトラブルは「サービス内容」と「お給料」に関することですが、風俗の出稼ぎトラブルは実はもっともっとたくさんあります。

そこで今回は、出稼ぎ時によく起こるトラブル事例についてまとめてみました。

性的サービスをする風俗だからこそ、あなたには自分の身を守りながら働いてほしいので、しっかり読んで出稼ぎの際の参考にしてくださいね!

この記事の目次

出稼ぎ先の給料面のトラブル

出稼ぎ先の給料面のトラブル

お給料に関するトラブルは、出稼ぎ風俗の2大トラブルのうちの1つです。

お給料は働いた後でしかもらえないので、トラブルになると泣き寝入りするしかありません。

出稼ぎ時によく起こる給料面のトラブルをここでは紹介します。

  1. 保証の未払い
  2. お店都合による保証金額の減額
  3. 給料の未払い
  4. 交通費の未払い
  5. 聞いていた条件と違った

保証の未払い

風俗店には保証金が設けられていることがあります。

この保証金は「その日稼げるであろう金額」が設定されており、勤務時間によって変わってきます。

たとえば、18時~0時の勤務で保証金15,000円の場合、出勤したら必ず15,000円はもらえるという意味です。

仮にお客さんが全くつかなくても、保証金額分のお給料がもらえるのでありがたい制度ですよね。

一般的に保証金を設けているお店は客足が多いため、保証金額はほぼ稼げると思って間違いありません。

そうでないと、お店側が損してしまいますからね!

しかし絶対15,000円稼げるわけではないので、中には保証金額を下回る日、いわゆる保証割れしてしまう日もでてきます。

そんなとき未払いになることがあります。

風俗店は入店時に雇用契約書を結ばないので、給料面や労働面に関しては後で文句を言えません。

お店側に「そんなことは言っていない」と言われてしまえばおわり。

女の子側にとっては保証制度があると安心ですが、お店側は保証金を設けて女の子を集めること以外のメリットはないのでトラブルになることが多いのです。

保証金は日単位で支払いの場合もあれば、出稼ぎ最終日に支払いのこともあります。

いつもらえるのか確認することも必要です。

お店都合による保証金額の減額

保証金の未払いにはならなくても「提示する保証金の額を間違えていた」などと、保証金の金額を減額される場合があります。

風俗の出稼ぎは事前に面接ができないことがほとんどのため、女の子の質という部分に限ってはお店側にリスクがあります。

一度は入店OKしたものの、実際に会ってみたらお店の意向に合わずあまり採用したくない。

たとえば、若妻店に人妻系の嬢など、そんな場合は個別に保証減額されることがあります。

もちろん保証金は女の子にとっては魅力的なので、女の子を釣るだけのための保証金提示もあります。

これは入店前にはわからないこと。

こういうことをするのはいいお店とは言えないですが、出稼ぎ風俗だからこそという部分は否めません。

保証金についてはしっかり確認を。

給料の未払い

出稼ぎに限らずあってはならないことですが、風俗ではきちんとした労働契約を結ばないので給料の未払いが起こりやすくなります。

一般企業でこんなことがあれば訴えたりしますが、風俗嬢は99%泣き寝入りです。

まとまった期間出稼ぎして、寮も準備してもらっての未払いは聞いたことがありませんが、出稼ぎにおける給料については事前に細かくチェックすることをおすすめします。

万が一の場合、未払いを最小限にとどめるために、お給料の受け取り方法は日払いにしてもらったほうが安心です。

交通費の未払い

遠方に出稼ぎする女の子も多いため、交通費は多いと片道数万円ということもあります。

風俗求人に「交通費支給」と記載されているお店もありますが、どれだけ支給してもらえるのか記載されていないことがほとんど。

  • 片道なのか
  • 上限はあるのか

出稼ぎ前にチェックすべき項目です。

しかし実際、風俗店で交通費満額支給はほぼありません。

風俗求人に「交通費支給」「交通費全額支給」とある場合は、その旨を伝えて事前に確認を取るようにしましょう。

聞いていた条件と違った

お給料の条件が違うといえば本サービス・保証金・交通費以外にオプションバックや指名バックがあります。

そもそも風俗嬢は高給なので、そこまで気にする女の子はいない場合が多いです!

でもだからこそ、細かいお金のことをもっと知ってほしいと私は思っています。

風俗嬢の出稼ぎは「その時だけ」という意識があります。

そのため、たとえばお店にお給料をピンハネされても風俗嬢は気づきにくかったり、オプションバックが少なくても気づきにくいです。

お給料は受け取ったとき以外は文句を言えません。

給料明細がないことが多い業界だからこそ、小さな条件も見逃さないようにしてくださいね。

出稼ぎ先の労働面のトラブル

出稼ぎ先の労働面のトラブル

出稼ぎ風俗の2大トラブルのあと1つは労働面。

風俗嬢は身を売って高給を得る職業なので、出稼ぎでは労働面のトラブルも多くなります。

特に多いトラブルを紹介するので目を通してみてください。

  1. サービス内容が過激だった
  2. 振替店だった
  3. ホームページに顔出しされている
  4. 写メ日記のルールが厳しい
  5. 客層が最悪だった
  6. 講習で本番された
  7. 全然稼げない

サービス内容が過激だった

これは出稼ぎ風俗あるあるです。

出稼ぎではソープデリヘルを選ぶ女の子が多いですが、ソープの場合は生だった、またデリヘルの場合は飲精やアナル責めがあったという場合があります。

もちろん、普通の風俗ではこのようなことはほとんどありませんが、お店によってはこれらがオプション化されていることも。

そのため、もしお店自体がこれらのオプションに対応していると、「聞いていません」と言っても反発しにくくなります。

回避する方法は、お店とのやり取り時にお店が取り扱うサービス内容を教えてもらったりホームページを見ることです。

またお店によっては「ホームページに載せていないオプションがある場合もある」ことを忘れないようにしましょう。

知らなかったサービスがあった場合は、きちんと「知りませんでした」「どうしてもしないといけませんか?」と聞くようにしてください。

風俗店は、風俗嬢からNGがない=OKと判断するところもあるためです。

振替店だった

振替店とは、ホームページに載っている女の子と違う女の子を派遣するお店を指します。

これはデリヘルに多く、もしホームページにモデル級の女の子の写真がずらりと載っていたとしたら、それを見たお客さんはやはり期待しますよね?

でも実際は違う女の子、つまりあなたが派遣されるのです。

風俗ではいろいろなお客さんがいるので、お願いしたのと違う女の子が派遣されるとトラブルになることがあります。

振替店は悪質店であることが多いので、気づいた時点で適当な理由を添えて退店するのがおすすめです。

ホームページに顔出しされている

出稼ぎの場合、お店のホームページをあまりチェックしない女の子もいます。

お店側の言い分は「出稼ぎで短期だし大丈夫でしょ」と開き直ることが多いですが、私たちからしたら許せない行為ですよね。

ネットは全国から見ることができるので、もし顔出しされてしまうと身バレの可能性が高まってしまいます。

お客さんにとっては安心材料になりますが、一度ネット公開された写真は消せないので、入店前にモザイクの確認を取っておきましょう。

写メ日記のルールが厳しい

写メ日記はヘブンネットが運営しているサービスですが、中には写メ日記のルールが厳しいお店があります。

実は、写メ日記は選ばれた女の子が掲載されているわけではなく皆お金を払っています。

お金を払うのはお店のことが多いので、投資分を回収すべくお店側は写メ日記のルールを設けがち。

  • 毎日2投稿
  • 内容は女の子らしいもの
  • ちょっとエッチなものも入れる
  • お店の宣伝を入れる
  • 休日は長文
  • クリックしてもらえるタイトルのつけ方

風俗嬢にとっては直接的な儲けにはならないのでさぼりがちですが、

  • 出勤時
  • 勤務中
  • 退勤後
  • 休日

など、ルールを課されると続かない女の子が多いです。

出稼ぎのいいところは短期間でたくさん稼げることなので、短期間の労働にさほど影響を与えないところに力を入れている風俗店はおすすめしません。

写メ日記は事前にホームページをチェックをするとわかるので、在籍嬢の投稿状況をチェックしてみましょう!

客層が最悪だった

出稼ぎに限らずよくある話ですが、お店ごとの客層は在籍嬢、サービス内容や料金である程度決まってきます。

またお店の客層は地域性によっても変わってくる場合があります。

客層が悪い風俗店の例
  • サービス過多
  • 風俗嬢の接客レベルが低い
  • 激安

ホームページを見たりお店の人と電話しただけでは普通わからないですが、実際に入店するとすぐにわかります。

風俗嬢の労働意識も低く、どちらかというと働かされているという雰囲気があります。

客層が悪い風俗店は、お店や風俗嬢側に問題があることも多いです。

もし実際に働いてみて、嫌な思いをすることが多い場合は早めにほかのお店に移るようにしましょう。

講習で本番された

風俗初心者の女の子に多い話かと思ったら、そうでもないのが講習での本番問題。

入店初日にそのお店の接客方法を説明する一環で講習がありますが、講習中に本番されるというトラブルがあります。

女の子側は仕事だからと我慢する子が多いですが、そもそもソープでない限りプレイ内容に本番なんて含まれていませんよね。

ソープの講習でも本番はないので、講習中に本番をする必要は全くありません。

もし本番されそうになったらその場で抗議してもOKです。

全然稼げない

出稼ぎである程度出勤しているのに稼げない理由は、

  • お客さんをつけてもらえない
  • お店に推してもらえない
  • お給料をピンハネされている

などが挙げられます。

出稼ぎしたら必ず稼げるっていう保証もないですが、きちんと条件に沿って働いている場合は上記の可能性も考えてみましょう。

出稼ぎ先の環境面のトラブル

出稼ぎ先の環境面のトラブル

仕事に直接影響しない、環境面でのトラブルも出稼ぎではよく起こります。

以下に多いトラブルをまとめました。

  1. 宿泊先が準備されていない
  2. 寮が汚い
  3. 寮が相部屋だった
  4. 生活用品が何もなかった
  5. 個室待機ではない
  6. 出稼ぎ先で盗難にあった

宿泊先が準備されていない

出稼ぎでの宿泊先はお店をあてにしてはいけません。

お店によっては本当にひどい環境での寝泊まりを強いることもあるからです。

私はその時住んでいた県内での出稼ぎ経験があります。

寝る時間があまりないので宿泊先の準備をお店側にお願いしていたところ当日になってから、

「当店は嬢の宿泊先は紹介しかしていないので近くのホテルに泊まってください」

このように言われたんですよね。

ホテルに1泊数千円払うくらいなら電車で帰ったほうがいいので帰宅しましたが、この時ほどお店をあてにしてはいけないと思ったことはありませんでした。

私の場合まだ近距離でよかったですが、出稼ぎの際の宿泊はお店側が準備してくれると言ったからといって安心は禁物です!

寮が汚い

寮持ちの風俗店は多いですが、清掃はその時に入居している嬢がメインです。

女の子の入れ替わり時に基本的にスタッフは入りません。

鍵交換もほとんどの場合はないため、久しぶりに部屋を使うという場合は寮が汚いことが多いので注意しましょう。

寮だからといって安いとは限らず、使う場合はある程度の覚悟が必要です。

寮が相部屋だった

私自身は相部屋の経験がないのですが、友人が安いからとお願いしたら相部屋だった経験があります。

風俗嬢は、どこの誰だかわからないことが多いので相部屋自体おすすめしません。

寮を希望する場合は、相部屋かどうかの確認も忘れずに行いましょう。

生活用品が何もなかった

ホテルと違って風俗店の寮はアパートやマンションが多いので、基本的に生活用品はありません。

短いと1週間単位で女の子が入れ替わるので、生活用品を何も持っていないと少し面倒なことになります。

洗面具とシャンプー類は必ず持参するようにしましょう。

出稼ぎに行くときに持っていくべき持ち物リストについては、次の記事を参考にしてくださいね。

個室待機ではない

出稼ぎに対応しているお店は地方からの出稼ぎの女の子が多く、個室が準備しきれないことが多いです。

寮待機だといいのですが、お店での大部屋待機が嫌な女の子は事前に待機状況を確認しておきましょう。

出稼ぎ先で盗難にあった

普通に勤めるよりも出稼ぎのほうが盗難率は高めです。

私が以前勤めていたお店は高級店でしたが、何度か盗難がありました。

高級店でもこの始末なので、盗難に関しては十分に注意が必要です。

ロッカールームに簡単なカギはありますが、もしロッカーがない場合は自分で貴重品を管理することになります。

疑いたくはありませんが、スタッフかほかの女の子しか盗む人はいませんよね。

待機室はカメラがついていないので、無くなったといっても信じてもらえないことすらあります。

盗難トラブルは巻き込まれないことが一番なので、大金所持や高級品を身につけての出勤は避けて貴重品は必ず肌身離さず持ちましょう。

写メ面接によるトラブル

写メ面接によるトラブル

出稼ぎでの面接は通常「写メ+LINE」で行われることが多いですが、この写メ面接でもトラブルが起こることがあります。

お店に写メを送る目的は2つ。

  1. 入店OKかどうかの判断のため
  2. お店のホームページで紹介するため

出稼ぎでは、事前に顔を見ることができないので顔写真と全身写真の最低でも2枚の写メを送ります。

この写メ面接では、良く映った写真を送りがちですが、実物とあまりにも違う写真を送るのはNG!

入店日に新着を打っただけでは客足が見込めないので、事前に「〇月〇日入店」と予告し、予約を受付するときの写真にもなるからです。

お店やお客さんは写真を信じてあなたを待ちます。

特に加工や修正をしている写真は、自分からトラブルを引き起こすことになるので注意しましょう。

写メ面接の写真の撮り方については次の記事で解説していますので、トラブルを避けるためにも一度目を通しておいてくださいね。

トラブルを避ける方法として、写メではなくスタジオで撮影した写真や宣材写真を送るのもおすすめです。

風俗の出稼ぎでトラブルを避けるためのチェックリスト

風俗の出稼ぎでトラブルを避けるためのチェックリスト

これまで風俗の出稼ぎであり得るトラブルをいろいろ紹介してきましたが、これらのトラブルを避けるための方法をチェックリストで紹介します。

出稼ぎに行く際に印刷して確認してみてくださいね。

出稼ぎチェックリスト

  • 給料や保証金は日払いか週払いか確認していますか?
  • 保証金が発生する条件や保証額を確認していますか?
  • オプションバックや指名バック料金等確認していますか?
  • 交通費支給の場合、金額や条件を確認していますか?
  • 他店(系列店)に勤務などはないか確認していますか?
  • 個室待機か大部屋待機か確認していますか?
  • 鍵付きロッカーがあるか確認していますか?
  • サービス内容についてホームページ記載外はないか確認していますか?
  • ホームページ掲載はモザイクが入るか確認していますか?
  • 直接的な労働以外に写メ日記やブログなど書く必要があるか確認していますか?
  • 入店講習があるかどうか確認していますか?
  • 宿泊先を準備してもらう場合、宿泊先の準備ができているか確認していますか?
  • 入寮する場合、どんな寮か聞いていますか?
  • 入寮する場合、寮の間取りや相部屋などの確認をしていますか?
  • 入寮する場合、寮に完備されているものの確認をしていますか?

まとめ

まとめ

ひとくちに出稼ぎといっても、出稼ぎの方法もたくさんあれば勤務形態も様々です。

出稼ぎ期間や出稼ぎ先の風俗店のジャンルによってもトラブルは変わってくるので、出稼ぎに行く前は給料や勤務形態については最低限チェックしておきましょう。

私のこれまでの経験では、きちんと答えてくれないお店は風俗嬢にとってあまりいいお店ではなかったです。

出稼ぎという短期間の労働ということもあり、真摯に考えていない風俗店があることも事実。

風俗で出稼ぎをする目的は短期間でたくさん稼ぐことですよね?

その目的を達成するためにも、トラブルを極力避けて効率のいい出稼ぎをしましょう。

おすすめ風俗求人サイトTOP3

おすすめ風俗求人サイトTOP3

数ある風俗求人サイトの中でも、特に安全性が高くておすすめなのが次の3つのサイトです。

優良な店舗のみ掲載されている上に、ほかの風俗求人サイトにはない機能や特典もあるので実際に私もよく利用しています。

お店探しに失敗したくないという方はこれらのサイトを使っておけば間違いありません。

今ならQプリから応募するだけで体験入店で1万円、面接交通費を2,000円支給してもらえるので超おすすめ!
信頼性が高く、稼げる求人情報も豊富なのでお店探しをするときに絶対に登録しておくべきサイトです。

\ 現金1万円をゲット /

今ならQプリから応募するだけで体験入店で1万円、面接交通費を2,000円支給してもらえるので超おすすめ!
信頼性が高く、稼げる求人情報も豊富なのでお店探しをするときに絶対に登録しておくべきサイトです。

\ 現金1万円をゲット /

スカウト機能に登録しておけば、30分以内に面接・体入ができるお店を探せる機能を使えるので超便利!
風俗求人情報が充実しているのはもちろんのこと、交際クラブやメンズエステなどの求人情報も多いのが特徴です。

\ スカウト機能が便利 /

ぴゅあじょの「今日働きたいアピール機能」を利用すれば、今すぐ働けるお店からスカウトしてもらえます。
大至急お金が必要な女の子はすぐにでもこのサイトに登録しておきましょう。

\ 今すぐ働きたい方必見 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる