MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

出稼ぎ風俗の持ち物リストを公開!絶対に持っていくべき荷物はこれ!

女性の仕事で出稼ぎは珍しいですが、風俗ではそうでもありません。

風俗での労働は顔差し(知人バレ)を避けたい女の子が多く、知らない土地に出稼ぎにいくことが普通といえば普通です。

それが泊まらないといけない場合が出稼ぎになります。

もともとアルバイトや日雇い労働なので定期間の派遣労働に近いものがあります。

今回は風俗で出稼ぎをするときの持ち物をまとめました。

荷物の量は出稼ぎ期間によっても変わりますが、なるべく費用をかけないで行こうと思ったらどうしても多めに。

ここではあらゆる持ち物を紹介しているので、自身に必要なものをチェックしてみてくださいね!

この記事の目次

まずはお店の寮に用意してある備品を聞いておこう

出稼ぎに行くときに、まず最初にすることは「お店の寮に用意してある備品を聞く」ことです。

自分が持参したものと被ると荷物が増えるだけだし、あると思っていてなかったら購入する手間と費用がかかります。

風俗店の寮はお店によって、また寮が複数ある場合は寮によっても用意してある備品が異なることがあります。

お店のスタッフは普段立ち入らないため細かいことがわからない場合もあります。

さすがに冷蔵庫がない、エアコンがないという経験はないですが、ドライヤーがなかった経験はあります。

ホテルじゃない限りあまり期待しないほうがいいのですが、念のため聞いておきましょう。

またどうしても使いたい備品がある場合は、「〇〇はありますか?」と具体的な質問をすると状況が分かりやすいですよ!

例えばネット環境。

最近のマンションやアパートには元からネット環境がついているところもあります。

出稼ぎするときに必ず必要な持ち物

まず、出稼ぎに行くときに必ず必要な持ち物を紹介します。

身分証明書

免許を持っている場合は免許証が身近ですね。

ほとんどの場合、免許証1枚でOKですが、持っていない場合はパスポートがおすすめです。

本籍地が記載されている住民票もあれば信用度が増すので尚よし。

身分証明書はどんな風俗店でも入店時に必要です。

風俗店といえど個人で運営しているお店から法人までさまざま。

悪質店でない限り風営法の許可を取っているので、例え短期間でもそこで労働している従業員として登録するため必須です。

身バレしたくないのに!と思うかもれませんが、身バレはあくまでお客さんが対象なのでお店は関係ありません。

たまに18歳未満なのに年齢を隠して働く女の子もいるため、お店側は女の子の本人確認のために提示をお願いしています。

不審に思う必要はありません。

行きの交通費の領収証

出稼ぎ風俗では交通費を支給してくれるお店や、支給してくれる場合があります。

支給してくれる場合はもちろん、事前に交通費支給の有無が確認できていない場合も、念のため領収証を携帯しておきましょう。

支給対象のものに対して先に費用を立て替えた場合は、必ず領収証が必要になることを覚えておいてくださいね。

性病検査結果表

一部のソープ(中高級ソープ)や高級風俗店は性病の検査結果の提出が義務付けられているお店もあります。

必要な場合は入店が決まった時に教えてもらえますが、性病の検査は検査をしてから結果が出るまで10日~2週間ほどかかるので逆算して婦人科を受診しましょう。

病院に行ったときは、水商売をしているので性病検査希望と問診票に記載するとスムーズです!

私の経験では中級以上のソープと、ソープ以外のジャンルだと高級店で性病検査が毎月義務化されていることが多いです。

高級ソープではコンドームを使用しないこともあるので、義務化されているお店で検査結果がないと入店できない場合もあるので注意してくださいね!

出稼ぎするときの基本持ち物リスト

それでは具体的に、出稼ぎに行くときの基本的な持ち物をリストで紹介します。

洋服

出稼ぎは基本的に連勤になるのでたくさんの洋服はいりませんが、寮からお店の往復時の洋服、派遣型の風俗店の場合は写メ日記用の洋服など、何種類か持っていくことをおすすめします。

私のおすすめはしわになりにくい素材のワンピースやひざ上スカートなど。

パンツ系、個性が出るものはNG。

イメージを損なわない洋服をおすすめします。

下着

下着はお店でも使用するため、多めの持参がいいです。

私は月単位での出稼ぎに行くときは最低上下5セットとTバックやレースショーツなどを5枚程度持参しています。

基本的に室内干しになるかと思うので、雨や乾きにくいことを考えて多めが絶対にいいですよ!

パジャマ

本格的なパジャマでなくても、スウェットなどでOKです。

スウェットだともし寮で同居している嬢がいても気を使わないし、ちょっとコンビニ!という時もそのまま出かけることができます。

洗い替えを持参するとかさばってしまうので、季節によってはスウェットを洗濯しているときは下着で寝たり、コインランドリーの乾燥機の使用が◎

靴・サンダル

普段履く靴と、お店用のミュールやサンダルがあればいいかなと思います。

もしプライベートでラフでいたいならもう1足…と言いたいところですが、ほかの荷物を考えると2足までが許容範囲。

私はクロックスの持参経験がありますが、生活は快適なのに荷物がかさばったのであまりおすすめはできません。

スマホの充電器

これは出稼ぎに行くときの必需品ですね!

モバイルバッテリーでは追い付かないので、充電器を持参しましょう。

シャンプー・リンス

シャンプーやリンス類はお店によって対応はまちまちです。

途中でなくなっても女の子が補充することが多いです。

もしお店で準備してくれている場合でも、念のため持参することをおすすめします。

なお、キャップ付きの詰め替え用で持参すると破棄しやすく効率的ですよ!

ボディソープ

ボディソープのあるなしもお店によりますが、こちらも空になると自身で補充しないといけないことが多いので、持参したほうがいいかなと思います。

肌に合わないボディソープだと、肌がかさついたりするので敏感肌の女の子は特に持参を。

スキンケア用品

入浴後や朝のスキンケアグッズも必須ですよね。

スキンケア用品は肌に合わないとすぐに肌荒れします。

直接肌に触れるものは普段から使い慣れているものを持参してくださいね。

メイク落とし・洗顔料

メイク落としは出稼ぎ時だけではなく、長時間勤務のときにもおすすめです。

液状のメイク落としよりもメイクふき取りシートのほうがかさばらず、手っ取り早くて使い勝手がいいのでおすすめです。

コストは多少かかりますが、どうしても荷物が多くなる女の子は検討してくださいね。

メイク用品一式

意外と荷物になるのがメイク用品「一式」

一式は普段持ち運ばないため、出稼ぎ時はかさばります。

かさばらないようにするためには、厳選して最低限のものだけにすること。

ヘアセット用品

ヘアセットにケープやムースが必要な女の子は持参する必要があります。

併せてカーラーなども忘れずに。

ボディケアグッズ

出稼ぎ時だけでなく風俗で働く女の子には普段から日課にしてほしいのがボディケア。

私は好きな香りをまとって働きたいので、香りが豊かなロクシタンのものを使用することが多いです。

接客の合間だけでなく、入浴後や起床後も使用をおすすめ。

ほかに美顔ローラーなどのマイグッズがある場合は併せて持参を。

保湿クリーム

シャワーを頻繁に浴びる風俗嬢にとって保湿は必須。

保湿を怠るとすぐに乾燥するので、もし忘れたら絶対購入すべきグッズでもあります。

タオル

タオルは衛生用品なので寮にはありません。

吸水性だけでなく速乾性があるものを持参すると使用が楽になります。

バスタオル1枚と、フェイスタオル5枚程度がおすすめです。

ドライヤー・コテ

コテは出勤時のバッグに入っていることはあってもドライヤーはなかなかないのでうっかり忘れてしまう女の子が多いです。

私もその1人で、特に髪の長い女の子はドライヤーがないと購入したいくらいに不便なので忘れずに。

歯ブラシ

歯ブラシは旅行用などの、歯磨き粉とセットになったコンパクトなものがそのまま管理できていいですね。

月単位で出稼ぎに行く場合は2~3セット持っておきましょう。

常備薬

生理痛や頭痛時の痛み止め、ピル、風邪薬など、必要な薬は忘れないようにしましょう。

とくに病院でしか処方してもらえない薬は手に入れるのが難しいので出稼ぎ前によく確認を。

それから女の子に多いのが「便秘」です。

環境が変わると便秘になる人が多いので、便秘薬も忘れずに!

栄養サプリ

ビタミン剤などのサプリを普段から飲んでいる女の子は忘れずに持参したいところ。

常備薬と一緒に準備すると忘れにくくなります。

健康保険証

出稼ぎ先で急に体調を崩した場合は、病院の受診が必要なこともあります。

最近では保険証の提示がない場合、医療費を10割仮払いするのが普通になっているので、出稼ぎ先では精算ができなくなることも。

必ず携帯するようにしてくださいね。

アイマスク・耳栓

環境が変わって眠れない、不安定になる女の子はアイマスクや耳栓があったほうがいいです。

リラックスできるグッズもあればなおいいですね。

私はアロマの香りが出てくる小さなファンをいつも携帯しています。

折りたたみ傘

できるだけ荷物をコンパクトにするために、傘は荷物に同梱できる折り畳みタイプがおすすめ。

毎日使用しないものこそコンパクトにまとめておきましょう。

うがい薬

お店に用意されていますが、帰宅後のプライベート用にあったほうが絶対いいですね。

口の中の清潔は、風俗嬢は特に気にすべき。

イソジンでもマウスウォッシュでもいいので寮に置くようにしましょう。

コンタクト・メガネ

メガネも意外と忘れやすいグッズです。

コンタクトとメガネを併用している女の子は忘れないようにしましょう。

生理用品

私は普段からバッグの中に常に入れています。

生理中も働く場合は海綿を使うと思いますが、不意な出血は海綿では対応しにくいのでナプキンやタンポンの携帯をおすすめします。

スーツケース

出稼ぎに慣れている女の子はほぼ全員、スーツケースを使っています。

スーツケースだとパッと見てどこに何が入っているか管理しやすいのと、たくさん入るので出稼ぎ嬢に人気!

出稼ぎするときにあると便利な持ち物

ここから先は出稼ぎに行くときにあれば便利だな、という持ち物リストです。

女の子によっては必要ないものもあると思うので、目を通してみてくださいね。

電源タップ

スマホだけでなく、タブレットやドライヤーなどの電気製品を同時に使う場合は必要になる電源タップ。

100均でコンパクトなものが販売されているので、あると便利ですよ!

延長コード

寮は古い物件もあるため、コンセントの位置が生活に合わないこともあります。

布団でスマホを使いたい、ゲームをしたいなど…近くコンセントがない時に役に立つので持っておいて損はなし。

2mが1本あれば生活に不便はしません。

ポケットWi-fi

スマホの通信パックで大容量のものも出ていますが、やはり気になる通信料。

安いと1か月3,000円程度で借りられるので、出稼ぎ期間のみレンタルすると通信料が気になりません。

ネットサーフィンや動画をよく見る女の子は検討を。

枕が変わると眠れない女の子は多いのではないでしょうか?

場所が変わって神経質になる女の子は枕の持参をおすすめします。

出稼ぎによく行く女の子は普段から出稼ぎ用のものを使用している人もいますよ!

洗剤・柔軟剤

寮に洗濯機があって日常的に使用したい場合は洗剤や柔軟剤があると便利。

柔軟剤入り洗剤が一石二鳥です。

洗濯紐・ハンガー

洗濯干しグッズは寮にあることもありますが、持参する場合は折り畳みハンガーがおすすめ。

スーツケースにあらかじめセットしておくと忘れることもないですよ!

洗濯ネット

下着を手洗いしない女の子はネットがあったほうがいいかなと思います。

持参する衣類を洗濯ネットで仕分けしておくとスーツケースがごちゃごちゃしないメリットもあるので、準備する衣類に合わせて大中小を使い分けましょう。

ペットボトル加湿器

風俗嬢は肌が乾燥しやすいのでぺットボトル加湿器を利用している女の子も。

部屋全体を加湿したい場合は、洗濯ものを室内干しにすることで解決します。

耳かき・綿棒・爪切り

なくて困るのが衛生小物。

コンビニで手に入るとはいえ、いろいろ購入すると費用がかかるので出稼ぎ用としてポーチにまとめておきましょう。

ジップロック

密閉できるジップロックはビニール袋より機能がいいので、あるとかなり重宝すると思います。

かさばらないし濡れたものだけでなく、液だれしそうな携帯用のシャンプーボトルなども入れることができるので、出稼ぎ用のスーツケースのポケットなどに20枚ほど忍ばせておきましょう。

防寒グッズ

寮にエアコンがないということはまずないと思いますが、冷えが気になる女の子は防寒グッズがあれば生活に困難がありません。

私は2つに折れるルームシューズを持っていっています。

着る毛布は着るだけでなくひざかけや、就寝時の毛布としても使えるので便利!

マスク

マスクをノーメイクを隠すときの必須アイテムにしている女の子は多いですよね?!

花粉症や風邪の時のために数枚持っておくと便利です。

少量パックで販売されているものは1個ずつ個包装になっているので衛生的にも安心。

インスタントご飯

ちょっと小腹がすいたときのために私は時々持参しています。

持っていっても2個ほどですが、生活がばたばたする初日や翌日に食べています。

調味料

マイ調味料を持っている女の子は実は多いと思いますよ!

私は一味唐辛子を持っています。

かさばるのが嫌な女の子は業務用などの個包装タイプもありだと思います。

ウェットティッシュ

一般のものでも十分ですが、私は水に流せるタイプ推しです。

水に流せるのでごみになりません。

かさを減らすために本体ではなく詰め替え用の購入をおすすめします。

折り畳みのバック

なくても不便ではないですが、エコバッグなど折り畳みのものがあればコインランドリーの利用やちょっとした買い物に便利です。

折り畳みでコンパクトなのでジップロックと一緒にスーツケース内にセットしておくと出稼ぎ時に忘れません。

圧縮袋

圧縮袋を使って荷詰めするとかなりたくさんのモノが入ります。

100均にあるのでジップロックと一緒にバッグに入れておきましょう。

モンダミン・リステリン

お店には常備してありますが、寮にはない口腔清涼剤。

出稼ぎ期間に応じたサイズを購入し、私は寮で1.5倍に薄めて使用しています。

暇つぶしグッズ

出稼ぎの暇つぶしグッズとしてポータブルDVDプレイヤーなどがあると生活が寂しくなりません。

私はタブレットと携帯用ゲーム機を持参しています。

待機中にも使えるサイズのものがおすすめです。

入浴剤

シャワーで済ませる女の子も多いですが、浴槽を使う場合は入浴剤があるとストレス発散になりますよ!

私は大容量のものを購入し、100均の小さなビニールに小分け+ジップロックで持参しています。

仕事が精神的にしんどいなと感じたときや激務で疲れた時に使用しています。

出稼ぎに必要なお仕事グッズ

ここからは仕事に必要な持ち物です。

出稼ぎにかかわらず普段から持っていると困った!ってことがなくなるので紹介します。

仕事用のカバン

仕事用のカバンを準備して、あらかじめ仕事で必要なものをセッティングしておくと忘れることがないので、忘れ物が多い女の子や準備の手間を省きたい女の子はぜひ準備してくださいね。

以下は私の仕事用のカバンに入っている持ち物です。

指定の衣装がある場合はその衣装

コスプレなどで自前の衣装を使用する場合は持参する必要があります。

ほとんどはお店が準備してくれますが、指定がある場合は個人で準備が必要です。

タイマー

出稼ぎ先が派遣型の風俗店だったり、女の子自身が時間を測る場合は持っておきます。

ウェットトラスト

出稼ぎに行く場合は連勤が多くなるので、普段より増して濡れにくくなります。

お客さんに気づかれずに潤滑剤を使用する場合はウェットトラストがおすすめ。

使い捨てなので予備も併せて10個ほど携帯しておきましょう。

メモ帳・筆記用具

私はその日どんなお客さんに何分コースで接客したか、そしてお客さんの特徴や会話などをメモしておき指名できてくれたときの参考にしています。

その他には、給料メモやお店のルールで書き留めておきたいことにも活用できます。

コンドーム(ソープで働く場合)

どんな風俗店でもコンドームのストックはありますが、特にソープではコンドームは女の子が準備しておきましょう。

お客さんが持参したコンドームは細工されていることもあるので使わないように気を付けてくださいね。

海綿

以前は薬局で手に入りましたが、最近は置いていない店舗が多いです。

風俗店にもだいたいはありますが、女の子がお店から販売してもらう形になるので個人で準備しておきましょう。

急な生理や、生理でも働く場合は必須です。

バイブ・ローター

お店のオプションにおもちゃがあって、ほかの嬢と共有したくない場合は自前のものを準備する必要があります。

バイブまで持っている女の子は少ないですが、ローターくらいはあると衛生面で安心かなと思います。

イソジン・グリンス

イソジンはお店に常備されていてもグリンスはないことも。

また派遣型の風俗店だとイソジンは持ち出せないこともあるので、出稼ぎの場合は仕事用のものを準備しておいてもいいですね。

グリンスは強めの消毒液で、お客さんが性病だった場合にわかることもあります。

性病を見抜くためだけに使うわけではありませんが、身の回りの清潔を意識するなら持参を。

ローション

毎回使用しなくてもローションは素股やローションプレイが好きなお客さんのために持っていると便利なのでぜひ携帯しておきましょう。

大量に使うわけではないので市販品で十分です。

出稼ぎに行くときの注意点

出稼ぎに行くときは注意点がいくつかあります。

地元を離れてから気づいても遅いこともあるので、先にチェックしておきましょう。

出稼ぎ先が田舎だとコンビニや薬局が遠い

出稼ぎ先が市街地から離れていると欲しいものがすぐに手に入らないことがあります。

判断が難しいのは、出稼ぎ先のお店を探している段階では立地がわからないというところ。

交通手段はバスや電車になるため、出稼ぎ先のお店が決まったら近隣施設をチェックしましょう。

市街地から離れている場合は現地で買い足さなくていいように準備万端にしておくと生活が楽になりますよ!

出稼ぎはスーツケースで行くようにしよう!

出稼ぎに慣れていない女の子はボストンバッグなどの大きめのバッグで行きがちですが、スーツケースで行くようにしましょう。

先にも紹介した通り、スーツケースのほうが抜群に使いやすいので、スーツケースを持っている女の子はぜひ利用してくださいね。

カバンだとモノを広げないといけないですが、スーツケースだと広げておけばそのまま使えるので負担減です。

持っていく仕事着と下着の枚数について

私は出稼ぎでは鬼出勤するので洋服は最低限です。

出稼ぎ期間にもよりますが、寮とお店の往復は2着。

派遣型で働く場合は+2着、上下別にして着回しできるようにし、パンツルックやシワになる洋服を避けています。

お店によっては制服支給の場合もあるので、寮とお店を移動するときだけしか洋服がいらないことも。

事前にお店に確認しておきましょう。

下着は毎日洗濯するので最低限しか持っていかない女の子もいますが、お客さんの目に直接触れるので5セット程度あったほうがいいかなと思います。

ブラを3つ程にして、それに合う色のショーツを複数枚揃えると荷物量が減ります。

宿泊先で過ごす部屋着は必須!

寮はほかの女の子と相部屋だったり、場合によっては一軒家を数人でシェアすることも。

実際に到着してわかることもあるので、スウエットがあると困りません。

シャンプー類は持っていったほうが無難

お店はあくまでもお店で働く条件として寮を格安で提供してくれているのであって、シャンプーなどの消耗品まであてにするとがっかりすることもあります。

何もかも自分で準備するのは大変ですが、自身で持っていくほうが無難です。

風俗嬢にとって保湿クリームは必須!

保湿クリームといえど肌に合わないものも存在するので、肌に触れるものはなじみがあるものを持参するのがおすすめ。

私は保湿クリームをプライベートのカバンに入れるほど保湿を大切にしています。

保湿が十分でないと肌荒れや乾燥を引き起こしやすくなるので、出稼ぎの際は必ず携帯してくださいね。

仕事用のバッグは折りたためるものがおすすめ

出稼ぎ時はスーツケース+バッグでの移動になるかと思いますが、なるべく荷物量を減らすのであればバッグは折りたためるものが推奨です。

旅行用の折りたためるボストンバッグなどもネットにはあるので、何度も出稼ぎをする場合は購入しておきましょう。

貴重品はなるべく持たないこと

普段の調子で出稼ぎに行く女の子もいますが、出稼ぎ先の環境は実際に行ってみるまでわかりません。

風俗で知り合う女の子は仲良くなることもあればトラブルになることも。

実際に盗難トラブルもあります。

ブランド小物や必要以上の現金、クレカなどはできるだけ持たないことをおすすめします。

特に相部屋や一軒家をシェアする場合は、貴重品は必ず身につけられるもののみにしましょう。

出稼ぎ後は宅急便で自宅に荷物を送ると身軽に帰れる

出稼ぎが終わって帰路につくときは、宅急便で荷物を送って身軽に帰宅するのもありですよ!

液体ものの梱包さえきちんとすれば、最寄りのコンビニから発送することが可能です。

クロネコヤマトだと大きな荷物専用の(繰り返し使える)袋の販売もあるので、袋を利用する場合は出稼ぎに行く前に購入しておきましょう。

伝票も持っていると寮で記入できるので楽に発送することができます。

ただアルコール類(除光液など)やスプレー缶は宅急便では受付不可のため、持っている場合は手持ちのバッグに移し替えましょう。

まとめ

出稼ぎグッズは文字にするとたくさん必要だなと感じるかもしれませんが、1人で持てる量は決まっているので今回紹介している中から自分に必要だと感じるものを厳選してみてください。

また、出稼ぎ用にコンパクトに準備できるものはできるだけ「出稼ぎセット」として準備しておくと、出稼ぎ時に忘れ物がありません。

極論を言えば身分証明書類と仕事に必要なものがあればなんとかなりますが、せっかく出稼ぎで稼ぎに行くので費用も抑えていきましょうね!

出稼ぎに行く場合は今一度、必要なものをチェックしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる