MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

デリヘルで稼げる服装を伝授!指名率が上がるファッションを徹底解説

デリヘルで働くときに、どんな服装で出勤すればいいのか迷ったことはありませんか?

実は、服装次第で指名数が増えることもあれば反対に減ってしまうこともあるので、働くときの服装はとても重要です。

新人風俗嬢のアイコン画像新人風俗嬢

どうせ接客のときは服を脱ぐよね?
服装よりサービス内容のほうが大事だと思うけど…。

こんな風に感じる方もいると思いますが、私自身、服装を変えただけで指名率が大幅にアップした経験が実際に何度もあります。

そこで今回は、私の実体験をまじえながら、デリヘルで稼ぐための服装について解説していきます。

きららのアイコン画像きらら

指名率が上がるファッションについて知り、今まで以上に本指名を増やして稼いじゃいましょう!

この記事の目次

デリヘルで客ウケする服装とメイク

まずはデリヘルで働く際にお客さんウケのいい服装、そしてそれに合わせたメイクについて紹介します。

デリヘルで働くときの基本の服装

デリヘルで働くときは、出勤時の服装についてお店から指定があるパターンが多いです。

中でも「女性らしい服装」を指定しているお店はとても多いですね。

この女性らしい服装というのは、具体的にはワンピースやスカートなどを指しています。

風俗を利用するお客さんの年代や好みは様々ありますが、女性らしい服装が嫌いという男性はほとんどいません。

だからこそ、デリヘルで働く際にはどんな男性にもある程度ウケの良い、女性らしい服装を指定しているお店が多いのです。

私は数店舗のデリヘルで勤務した経験がありますが、面接の段階で「女性らしい服装で来てください」と言われたこともあります。

これは、面接を受けに来た女の子がお客さんのところに行くときのイメージを面接担当者が確認するためです。

ファッションにこだわりのある方もいると思いますが、お店からの服装指定は必ず守るようにしましょう。

きららのアイコン画像きらら

売れる風俗嬢になるためにもお店の指示には従うようにしてくださいね。

客ウケを狙うなら清楚系ファッション

男性から安定して人気があるのは女性らしい服装ですが、その中でも清楚系の女子アナ風ファッションはお客さんからのウケが抜群。

清楚系の女子アナ風ファッションとは、具体的にはこんなイメージです。

出典:Instagramより

女性らしさと清潔感、両方あって一石二鳥だと思いませんか?

ちなみになぜ清楚系が良いのかと言えば、それはお客さんに「清潔感がある女の子」という印象を与えることができるから!

ファッションにおいて、清潔感を大切にすることは下記の3つのメリットがあります。

  • 相手を不快にさせることがない
  • きちんとした女の子という印象を与える
  • 内面までピュアなイメージを与える

風俗というデリケートな仕事だからこそイメージはとても大切です。

普通、清潔感のない女の子とエッチなことをしたいと思えませんよね。

もし女性らしい服装と言われてすぐにファッションが思い浮かばないという方は、ぜひ女子アナ風を意識してみてくださいね!

黒髪・ナチュラルメイクが理想

風俗嬢にとって重要なポイントはファッションだけではなく、実は髪色やメイクもとても重要です。

ちなみにお客さんからダントツ人気なのはやはり黒髪!

どうしても黒髪が嫌だという場合でも、できるだけ暗い髪色にしたほうが良いでしょう。

男性は黒髪の女の子に対してこんな印象を受けます。

  • 清楚
  • セレブ感がある
  • 純粋

「こんな女の子が風俗で働いているの?!」

というギャップを与えることができるのがポイントですね。

髪の長さに関してはロングが不動の人気ではあるものの、本人に似合っているかどうかが一番大切。

髪色は黒、もしくは暗い色でキープしつつ自分に一番似合う長さを見つけてみましょう。

可能であればサラサラになるケアをし、香りにも気を使うとさらに印象アップです!

メイクについてはナチュラルメイクが最もおすすめ。

デリヘルにはケバいメイクが苦手だという男性は多いですし、すっぴんというのも手を抜きすぎで良くありません。

メイクに関して、お客さんは意外とシビアなんですよね。

また、服の着脱やシャワーでどうしてもメイクは崩れがち。

こういった点では、ナチュラルメイクは化粧直しが楽というメリットもあります!

ぜひ、自分の顔の魅力を最大に生かせるようなナチュラルメイクを勉強してみてください。

デリヘルで稼ぐための春夏コーデ

デリヘルに出勤するときの服装は、季節に合わせたコーディネートをすることも大切です。

稼ぎをアップさせるためのコーディネート例を紹介していきますね。

出典:Instagramより
出典:Instagramより
おすすめカラー白などの明るい色やパステルカラー
足元涼しげな素材やデザインをチョイス
アウター脱ぎ着しやすく軽いもの

春夏は淡い色を使った、透け感のあるファッションで出勤するのがおすすめです。

服の質感やカラー、小物などは季節に合わせたものをチョイスしてください。

またデリヘルの場合、仕事のたびに持ち歩かなくてはならないものが多いので、

  • サイズが大きめで仕事道具がすべて入るバッグを選ぶ
  • コーディネート用のバッグのほかに仕事用バッグを用意する

もしバッグをファッションの一部に取り入れる場合は上記のどちらかにすると良いでしょう。

これらの写真を見て、理想的なファッションのイメージを固めてみてくださいね。

デリヘルで稼ぐための秋冬コーデ

それでは次に、秋冬のコーディネート例も見ていきましょう。

出典:Instagramより
出典:Instagramより
おすすめカラー暖色、ぬくもりを感じる柔らかい色
足元温かく脱ぎ履きしやすいブーツ
アウターもこもこ、ふわふわした素材は男ウケ抜群

秋冬はぬくもりのある色を使った、あたたかみのあるファッションがおすすめです。

特にもこもこ、ふわふわした素材の服装は肌触りがよく、男性が思わず抱きしめたくなってしまうほどの最強アイテム。

お客さんウケも抜群なので私もよく着用しています。

こちらも理想的なファッションをぜひ写真で確認して、出勤するときの服装の参考にしてくださいね。

アクセサリーはつけないほうが無難

出勤時のファッションを考えるうえで、アクセサリーの有無をどうするか気になる方は多いと思います。

結論から言うと、風俗の仕事ではアクセサリーはなるべくつけない方が良いです。

その理由を簡単に説明しますね。

  • プレイの時につけたままだと引っ掛けたりする可能性がある
  • 仕事中に無くしたり壊してしまったりするリスクがある
  • 彼氏にもらったものだとお客さんに深読みされる
  • プレイ前後のアクセサリーの着脱が時間稼ぎだと思われてしまう

アクセサリーに関しては、正直デメリットのほうが多いのでつけなくて良いでしょう。

ただ、どうしてもつけたい!

このような場合はできるだけ華奢で邪魔にならないもの、仮に無くしたり壊したりしてもショックをうけないものにしてくださいね。

デリヘル嬢が避けるべき服装とメイク

常にお客さんから見て最高の服装、メイクで出勤するというのは難しいかもしれません。

しかし最低限、これから紹介するようなNGな服装とメイクだけは絶対に避けるようにしてください!

新規のお客さんが本指名してくれる可能性を下げるどころか、下手をすると本指名してくれていたお客さんが離れてしまうことにもつながりかねません。

デリヘルで客ウケ最悪の服装

デリヘル嬢の服装で、お客さんウケが最悪なのは以下のようなパターンです。

  • 女性らしさがない
  • 子供っぽい
  • 奇抜すぎる
  • だらしがない
  • 清潔感がない

具体的には、キャラクターモチーフの服やサイズがあっていないような服、メンズライクなパンツスタイルやジャージなどは絶対に避けましょう。

ロリータやパンクスタイルなど極端に奇抜な服装もお客さんは引いてしまいます。

また服装自体は悪くないのに、汚れていたりよれよれだったりして清潔感がないというのもNGですよ!

ファッションに対して自分なりの特別なこだわりがあるという場合でも、仕事のときだけは割り切って客ウケに徹してくださいね。

デリヘルで客ウケ最悪のメイク

デリヘルで稼ぎたければ、服装以外にメイクでもお客さんウケを考えなければなりません。

お客さんウケの悪い、絶対に避けるべきメイクは以下のようなメイクです。

  • 厚化粧
  • 目立ちすぎるカラコン
  • マスカラやライナー等の奇抜なカラー
  • ギャルメイク

ナチュラルメイクと正反対な仕上がりになってしまうようなメイクはNGです。

厚化粧してしまうとプレイ中に崩れやすく化粧直しも大変、そして不自然さも出てしまいお客さんはガッカリします。

また、意外と自分では気づきにくいのが、カラコンやカラーマスカラ、カラーライナーの使い方。

女の子の中では評価が高くても、男性からの評判はイマイチというものもあるので注意が必要です。

特に目立ちすぎるカラコンは「宇宙人みたい」「人間っぽくなくて怖い」など男性から意外と不評なんです。

ギャルメイクに関しては、自分の属するお店がギャル専門店の場合を除き、一般のデリヘルを利用するお客さんからはウケが悪いということは知っておいてくださいね。

ファッションと同じく、仕事のときだけは自分のこだわりよりも客ウケを意識しましょう。

デリヘル嬢におすすめのファッションブランド

デリヘルでは女性らしい服装がお客さんからのウケが良いですが、いくつもお店を歩き回って探すというのは少々面倒ですよね。

そこで、私のおすすめのファッションブランドをいくつか紹介します。

女性らしく素敵な洋服を手ごろな値段で購入できるブランドなので、ぜひ一度目を通してみてください。

INGNI

こちらのブランドは、実際の値段よりもずっと高く見える服が手ごろな価格で販売されています。

イングの通販サイトにはアウトレットなどのページもあるので、かわいい服をお得に購入したい女の子は要チェックですよ!

MISCH MASCH

ザ・女子アナ系の洋服ばかりのラインナップなので、迷うことなく男ウケ抜群の服を選ぶことができます。

スタイリングの実例を見ることができるのでコーディネートの参考にもなります。

31 Sons de mode

客ウケを意識する中でも個性を出したいという女の子にとてもおすすめ。

トランテアン・ソン・ドゥ・モードの洋服はデザインもカラーも、なかなか見ないような個性的な服ばかりです。

個性的かつ清楚、そして女性らしいブランドとしてはダントツだと思います!

きららのアイコン画像きらら

ここで紹介した以外にも、まだまだ男ウケするブランドはたくさんあるので、空き時間にでもぜひ探してみてくださいね。

服装の予算はいくらが理想?

実は、多くのデリヘル嬢は1回のコーディネートを1万円未満で完成させています。

なので、デリヘルで働くときの服装の予算は自分の週の出勤日数によって変わってきます。

週5回出勤する場合

例えば、週に5回は絶対出勤するという場合。

同じ服を連続して着るのはデリヘル嬢として避けるべきことであり、できれば2週間くらいは服装をかぶらせないほうが良いです。

指名をもらったときに「またその服?」と思われてしまう可能性もありますからね。

それを考えると最低でも10枚以上の服は必要ということになります。

週1回出勤する場合

反対に週1回しか出勤しない場合は、仕事用の服をそこまでたくさん用意する必要もないです。

出勤のたびに同じ服というのは避けたいので、最低でも1か月は服装をかぶらせないように4枚程度用意があると良いでしょう。

お客さんには服の値段まで分からない

1枚1枚の服の値段というのは正直お客さんにはバレません。

もちろんあからさまにペラペラな服や薄汚れているような服は除きます!

だからこそ、先ほど紹介したブランドの服はとてもかわいいですが、すべてこちらの価格帯の服でそろえなくても大丈夫。

しまむらやユニクロなど安価なお店でもかわいい服は売っています!

最近では「高見えコーデ」といって、安いのに高く見える服やコーディネートもSNSでたくさん紹介されています。

仕事のために出ていくお金はなるべく安く済ませたいですよね。

ブランドの服と格安の服を合わせたり、セールを活用したりして、予算をおさえたコーディネートをしてみてくださいね。

高級デリヘルで働くときにおすすめのブランド

高級デリヘルで働く女の子はスタイル、メイクなどに加えて服装でも高級感を演出する必要があります。

お客さんは一般のデリヘルより格段に高いお金を払うため、その金額に見合った高級感のある女性でないと納得しません。

そこで、高級デリヘルで働くときに間違いのないブランドを紹介しますね。

Apuweiser-riche

アプワイザーリッシェは女子アナ系、姉系の服が豊富です。

泉里香さんや田中みな実さんがモデルをつとめており、上品で大人可愛いアイテムがそろっているのが特徴。

価格帯は2~3万円のものが多く、比較的購入しやすいブランドだと言えます。

JUSGLITTY

洗練されたデザインで20~30代の女性に人気のブランド。

価格帯はアプワイザーリッシェと同じく2~3万円のものが多いです。

FOXEY

完全なる高級ラインのブランドで、女子アナや芸能人の中にもフォクシーのファンがたくさんいることは有名です。

価格帯はなんと8万円を超えるものもありますがどの洋服も品質が最上級、そしてこだわりのデザイン。

ほかのデリヘル嬢と差別化したい、服にこれくらいのお金をかけても良いという場合は検討してみる価値のあるブランドです。

きららのアイコン画像きらら

ここで紹介したものは一着あたりの値段は高くなってしまいますが、どれもおすすめのブランドですよ。

デリヘル嬢の服装事情

それでは次に、デリヘルで働くなら知っておくべき服装事情について解説します。

お気に入りの洋服を汚したりしないためにもデリヘル嬢の服装事情をこの機会に知っておきましょう。

私服と仕事着は分けるのが一般的

デリヘルで働く場合、私服と仕事のときに着る服は分けることをおすすめします。

  • お客さんに汚されてしまう可能性がある
  • 私服と仕事着が同じだと身バレする可能性が高くなる
  • 仕事用の服を着たときに気持ちの切り替えができる

上記のような理由から、デリヘルで働いているほとんどの女の子が私服と仕事着を分けるようにしています。

実際、私もコーディネートに困っていたとしても、仕事のときに私服を着ることは絶対にありません。

普段から私服と仕事着の収納スペースを分けるようにしておくと便利ですよ!

服の着脱回数が多いので傷みやすい

デリヘルで働く際の仕事着は、仕事中に何度も脱ぎ着しなければならないのでどうしても傷みやすくなります。

普通であれば、朝に着た服は夜に脱ぐだけなので1日のうちに着脱は1回。

しかし、デリヘルで働く場合は接客のたびに服を脱ぎ着するわけです。

特に、売れっ子やオーラス出勤などで1日に何人も接客するデリヘル嬢は服が傷むペースはかなりのもの。

ヨレヨレの服はお客さんからの印象が良くないので、定期的に服を買い替えるように気をつけてくださいね。

また、どうしても傷ませたくない服は仕事着にしないのが無難です。

男性は構造が複雑な服が苦手

デリヘルを利用するほとんどのお客さんは、女の子の服を自分で脱がせたいと思っています。

しかし、女性の洋服は複雑なものが多いため、ファスナーやホックの位置が分からず脱がせ方が難しいと感じるお客さんも多いです。

なので、仕事のときはできるだけスポッと脱げるワンピースなどを着ていくのがおすすめ。

またお客さんの中には、無理やり服を脱がせてくる人もいるので、その時は腹を立てずにやさしく服の脱がせ方を教えてあげるようにしましょう。

もしくは最初から、汚されたり壊されてもいいような仕事用の服を着ていくのもひとつの手です。

お客さんはブランドまで気にしない

服装の予算についての項目でも軽く触れましたが、お客さんはそこまで女の子の服に詳しくありません。

デリヘル嬢側がブランドにこだわった服を着ていてもお客さんが気づくことはほぼないと言えます。

ということで、服装はとても大事なのですがブランドにはこだわらなくても全く問題はありません。

女性らしいかどうか、清楚な雰囲気かどうかという大雑把な部分しかお客さんは気にしないので、ブランドまで気にしてコーディネートしなくても大丈夫です!

こだわりがあってブランドの服を身につけるのは全く問題ありませんが、無理をする必要は一切ないということは覚えておきましょう。

服装に迷ったらお店のHPをチェック!

デリヘルでお客さんにウケる服装というのは、女性らしく清楚系な服装だということはもうお分かりいただけたと思います。

ただ、女性らしく清楚系な服装と言っても一応系統はありますよね。

ちょっとカジュアルな雰囲気だったり、落ち着いた雰囲気だったり…。

このように、具体的な服装の系統や雰囲気に迷ってしまったときにはお店のホームページを見て参考にしてください。

お店のホームページはお客さん用に作られているので、コンセプトや在籍女性のタイプがとてもわかりやすくなっています。

だからこそ、お店のコンセプトを確認し、ほかの在籍女性たちに近い服装をすれば確実に間違いはありません。

「自分が浮いてしまうのでは?」
「この服装やコーデで本当にお客さんにウケるのかな?」

もしこのように不安がぬぐえない方は、一度お店のホームページをよくチェックしてみてくださいね。

デリヘル嬢のための服装選びの注意点

風俗業界では、稼げる風俗嬢のほとんどが服装にまでしっかりと気を使っています。

逆に言えば、服装に気を使える風俗嬢ほど稼げているわけですが、最後に服装選びの注意点について解説します。

風俗で働く上での服装の重要性

風俗で働く上で服装が重要な理由は、実はお客さんウケのためだけではありません。

デリヘルで働いていると、派遣先はラブホテルや自宅だけではなく、普通のビジネスホテルやシティホテルなども含まれます。

こうした一般のホテルは、フロントを通過してお客さんの部屋に行かなければならないわけですが、風俗嬢の疑いがかけられてしまうと止められてしまうことも。

風俗で働く女の子は知らず知らずのうちに風俗嬢オーラが出てしまうことがあるのですが、その大部分は服装から出てしまうということが多いんですよね。

きちんとした格好をしていれば、風俗嬢オーラが出ずにフロントで止められるリスクもなく、しかもお客さんからの第一印象も良くなるので一石二鳥。

自分のためにも、服装には気を使うようにしましょう。

服装はお店のコンセプトに合わせるのがベスト

すでに上でもお話ししましたが、お客さんはみんなホームページをチェックしてお店を選んでいます。

特に、ほとんどのお客さんが重要視しているのがコンセプト。

お客さんたちは、その日に遊ぶ女の子のことをお店のコンセプトからイメージし、服装からなにからすべて妄想を膨らませてワクワクしています。

そこで、全然イメージしていた感じとは違う服装の女の子が来たとしたらどうでしょう?

間違いなくガッカリしてしまいますよね。

そのため、服装に関しては在籍しているお店のコンセプトを守るというのはとても大事なことなのです。

流行よりも男ウケを意識!

ファッションには流行がありますが、デリヘルで稼ぎたければ「流行<男ウケ」で考えるようにしてください。

流行するものの中には男ウケのよいファッションももちろんありますが、意外と男性から不評なファッションも流行ることが多いです。

たとえば、

  • プロデューサー風にカーディガンを肩掛け
  • 大きすぎる伊達メガネ
  • 靴下を履いてサンダルを履く

こんなファッションが過去に流行したことがありますが、総じて男ウケは悪かったです。

男ウケを意識するなら、いったん流行りに乗ることは忘れましょう!

どんな時代でもコンスタントに男性から好かれるファッションを研究してくださいね。

服装は季節感も大切にしよう

どんなに女性らしく清楚系な服装であっても、季節感がずれているとお客さんは違和感を覚えてしまいます。

もし肌寒いのに薄着、真夏なのに厚着などしていたらやはり不自然ですよね。

季節に合った服を着ることは、女性らしさや清楚という印象と共に洗練された雰囲気を出すことができます。

仕事用の服も季節の変わり目では衣替えをして季節感を忘れないようにしましょう。

身だしなみやメイクも怠らないように!

服装について細かく解説してきましたが、服装だけ男ウケするように気をつけて安心…というのはまだ早いです。

せっかく素敵な服装に身を包んでも、身だしなみやメイクが手抜きでは意味がありません!

  • 髪はぼさぼさじゃないか?
  • 派手なネイルや汚れた爪ではないか?
  • 靴は汚くないか?
  • 香水がきつすぎないか?
  • メイクはナチュラルメイクか?

このように、服装以外でも怠ってはいけない部分がデリヘル嬢にはたくさんあるんです。

「この服は高いし女子アナ風だし、これさえ着ていれば安心!」

とは思わず、服装以外の部分にもしっかりと気を配るようにしてくださいね。

ここまで完璧にしてようやく、稼げるデリヘル嬢の第一歩を踏み出すことができるのです。

まとめ

今回の記事では、デリヘルで稼ぐための服装について解説しました。

デリヘルで稼げるようになるにはプレイ内容やテクニックはもちろんのこと、服装もとても重要なんです。

私服と仕事着は分けて、仕事着はとにかく客ウケだけを意識してみてください。

「どうせプレイのときは脱いでしまうし、服装は特に気にしなくていいや…。」

なんて考えていた方も、今後はぜひ服装を意識してたくさん稼げるデリヘル嬢になってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる