MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

ホテヘルの仕事内容・給料・プレイの流れを現役風俗嬢が徹底解説

ホテヘルはヘルス系の風俗店の一種ですが、風俗未経験の女の子にとっては、どんな仕事内容なのかわからないというのが本音ですよね。

そこで今回は、ホテヘルの仕事内容やプレイの流れについて徹底的に解説します。

ホテヘルで働きたいと思っている女の子がもっとも知りたいであろう、給料の相場についても私の体験談をまじえながら紹介。

この記事でホテヘルに関する不安を解消して、ぜひお店を探すときに役立ててくださいね!

この記事の目次

ホテヘルってどんな風俗店?

ホテヘルとは、「ホテル」と「ヘルス」の2つの言葉が合わさったホテルヘルスを略した言葉です。

その名のとおり、繁華街にあるラブホテルで性的サービスを行う風俗店ですが、まず初めにホテヘルがどのようなお店なのか、その特徴について解説します。

ホテヘルの特徴

ホテヘルは、繁華街などに設置された受付所でお客さんが女の子を選び、その後、近隣のホテルやレンタルルームに移動してヘルスサービスを行うお仕事です。

東京や大阪などの都心部で人気の風俗店ですが、残念ながら地方には店舗数が少ないのが現状。

受付所には女の子の写真が置いてあり、お客さんとスタッフが相談しながら好みの女の子を選びます。

移動するホテルやレンタルルームは受付所から徒歩圏内なので、移動に時間がかかることもなく効率よく稼げるという特徴があります。

ホテヘルの基本は、お客さんが受付所で受け付けと支払いを済ませて、女の子と店舗近くのホテルに行ってプレイするスタイルです。

しかし例外として、お客さんが先にホテルに入り、女の子が後で向かうシステムのお店もあります。

ちなみにホテヘルの受付所は、店舗型の風俗店と同じ扱いになるので、24時までの営業しか認められていません。

24時から翌朝の6時までの営業ができないため、デリヘルと比較すると働ける時間が制限されます。

ファッションヘルスやデリヘルとの違い

この記事の冒頭でも書いたとおり、ホテヘルはヘルス系の風俗店の一種ですが、ファッションヘルスやデリヘルとは営業形態が多少異なります。

以下でファッションヘルスやデリヘルとの違いを簡単に紹介します。

ファッションヘルスは店舗型

一般的にヘルスといえばファッションヘルスのことを指しますが、こちらはホテヘルと違って店舗を構えているため、店舗内で性的サービスを行います。

風俗業界ではファッションヘルスのことを「箱ヘル」や「店舗型ヘルス」と呼ぶこともあります。

店舗の形は様々で、個室や半個室などがあり、店舗内にシャワーが併設されているところがポイントです。

最近では、マットプレイを売りにしたヘルスもお客さんに人気があります。

デリヘルは24時間営業

デリヘルは、受付所や店舗を構えておらず電話で依頼することができるのが特徴です。

また、受付所や店舗がない派遣型の風俗店なので24時間営業することが可能。

ホテヘルとの大きな違いは受付所があるかないか、そして営業時間の違いです。

ホテヘルもデリヘルも同じヘルス系の風俗店なので、サービス内容については一緒ですが、接客時間はデリヘルのほうが長くなります。

ホテヘルの接客の流れ

ホテヘルはお客さんが先に支払いを済ませるため、女の子はお客さんとホテルに行き、プレイが終わってホテルを出るときに接客が終わります。

ここではホテヘルの接客の流れとポイントを紹介します。

  1. お客さんが受付に来店
  2. お客さんと一緒にホテルへ
  3. ラブホテルの部屋に到着
  4. タイマーをセットする
  5. 軽くコミュニケーション
  6. プレイ前のシャワー
  7. ベッドでのプレイ
  8. タイマーが鳴ったら再び残りの時間をセット
  9. プレイ後のシャワー
  10. 名刺を渡してお別れの挨拶
  11. ホテルを出て待機室に戻る

①お客さんが受付に来店

ホテヘルは受付所のみなので、プレイができるお店は構えていません。

マンションや雑居ビルの一室を受付所にしていることが多く、お客さんはこの受付所に来店してコースや指名する風俗嬢を選びます。

それと合わせて、プレイ可能なホテルの一覧からホテルを選びます。

②お客さんと一緒にホテルへ

接客が決まったら、身支度をしてお客さんとお店を出ます。

  • 口をゆすぐ
  • コスプレや下着などオプションがある場合は準備

プレイに必要なものや名刺なども一緒に持って出る必要があるので忘れないようにしましょう!

お客さんとは徒歩移動です。

ホテルへ向かっている時間はプレイ時間には入りませんが、仕事の一部だということを忘れないでください。

③ラブホテルの部屋に到着

ラブホテルの部屋に到着したらプレイの準備をします。

  • お客さんの洋服をハンガーにかける
  • プレイ道具を出す

文字で書くと業務的になりますが、仕事感を出さないことがポイントです。

顔を合わせたときから恋人っぽさを徹底して貫いてくださいね!

また、お風呂に湯を張るのは時間がかかります。

お風呂に入りたい、お風呂でプレイしたいお客さんもいるので、その場合は早めに湯を張りましょう。

④タイマーをセットする

時々、部屋に入ったら急いでタイマーをセットしてしまう女の子がいますが、お客さんの印象が良くないので控えましょう。

部屋について一息ついたポイントでタイマーをセットするのがおすすめです。

お店によってはタイマーがなく、受付に電話をして受付が時間を測る風俗店もあります。

⑤軽くコミュニケーション

タイマーをセットするとプレイ時間はどんどん減っていきますが、ホテヘルはスタンダードのプレイ時間が長めなので焦る必要はありません。

女性側はプロなので慣れていても、お客さんの経験値はさまざまです。

世間話やボディタッチなどでコミュニケーションをとってお客さんをリラックスさせます。

⑥プレイ前のシャワー

プレイ前はシャワーを浴びます。

お客さんは射精するとエッチな気分がたちまち抜けてしまうので、プレイ前はできるだけイチャイチャしてお客さんの身体を洗ってあげたり、洗いっこするのがおすすめ!

お客さんによっては気持ちが高まって身体に触ってくる人もいますが、嫌な顔はしないように。

⑦ベッドでのプレイ

いよいよ本格的なサービスです。

基本はベッドでプレイしますがお客さんによっては、

  • お風呂や洗面台
  • トイレ
  • 玄関

などでのプレイを希望する場合があります。

ベッドでプレイしたいという女の子が割と多いので、このような希望を聞いてあげるだけでもお客さんからの印象が良くなります。

プレイ内容は次の項目で説明することにして、セットしたタイマーが鳴るまではプレイに徹しましょう。

⑧タイマーが鳴ったら再び残りの時間をセット

1回目のタイマーは経過時間の目安です。

1回目のタイマーが鳴って、残り時間をセットしなおしたらプレイも終盤です。

⑨プレイ後のシャワー

プレイが終わったらまたシャワーへ。

射精後のお客さんのアソコはとても敏感になっています。

優しく洗ってあげましょう。

プレイが終わる=接客終了ではありません。

シャワーが終わったあとも身体を拭いてあげるなどの気遣いは忘れずに。

⑩名刺を渡してお別れの挨拶

着替え終わったころにタイマーが鳴りプレイ時間終了となります。

お客さんとはホテルの玄関でお別れすることになりますが、部屋を出る前に名刺にメッセージを書き、部屋を出る前にハグとともに渡すとスムーズに渡せます。

⑪ホテルを出て待機室に戻る

ホテルを出たら待機室に戻ります。

風俗店は不特定多数のお客さんがくるので、後になるとスタッフも覚えていません。

プレイで気になったことや嫌なことがあった場合は、プレイ後にスタッフに一言入れたり、相談しておきましょう。

ホテヘルのプレイ内容

ホテヘルのプレイ内容はファッションヘルスやデリヘルと一緒ですが、ここでは基本的なプレイとオプションを紹介します。

基本プレイの内容

ホテヘルでの基本プレイは、風俗全般での基本プレイとほぼ一緒です。

お客さんからNGがない限り、これらのプレイは女の子から断ることは原則できません。

有料オプションの種類

ホテヘルの有料オプションにはさまざまなものがあります。

ホテヘルの給料の目安にしてもらいたいので、平均的なオプション金額も記載しました。

下着(持ち帰り可)1,000円~
コスプレ1,000円~
おもちゃ使用1,000円~
写真撮影3,000円~
聖水3,000円~
アナル舐め3,000円~
即尺3,000円~
イラマチオ2,000円~
顔射4,000円~
ゴックン2,000円~
浣腸3,000円~
アナル指入れ4,000円~
アナルファック10,000円~
3P通常コース料金の2倍~

もちろんお店やお店のジャンルによってオプションの種類は違いますし、浣腸やアナルファックは普通の風俗嬢はできないことが多いので、NGを出しても仕事に支障はありません。

オプション料金は女の子に技術や努力が必要なものほど高くなります。

アナル舐めやイラマチオなどは、お店によってはオプション化されていないことも。

その場合はオプション料をもらうことはできません。

ホテヘルの待機方法

ところでホテヘルの待機方法を知っていますか?

風俗といえば個室待機のイメージを持っている女の子が多いですが、ホテヘルには次のような待機方法があります。

  • 受付(事務所)で集団待機
  • 受付近隣で集団or個室待機

待機方法はお店によってさまざまですが、女の子はいったん受付所に出勤し、そこから待機室に向かいます。

受付所自体がマンションや雑居ビルの一室となっていることが多いため、少人数であればコストの問題から受付所の隣の部屋などで集団待機することがあります。

女の子の人数が多い場合は近隣に別途待機室があり、お客さんが入ったらそこからお客さんが待つ場所へと移動します。

ホテヘルの給料の相場

ホテヘルって稼げるの?という疑問を持っている女の子のために、ここではホテヘルの給料の相場を詳しく紹介します。

ホテヘルの給料は、ホテヘルのグレードとジャンルによって大幅に変わります。

ホテヘルの給料をグレードごとに比較

ホテヘルも一般の風俗店と同じように高級店、大衆店、激安店があります。

グレードごとの給料の相場を比較すると以下のとおり。

高級店

ホテヘルの高級店は実際ほとんどありませんが、高級店自体が会員制のことが多く、勤めることができる女の子も決まってきます。

高級店の給料の相場は60分16,000円前後で、指名バックは別途1,000円~。

女の子のグレードや人気ぶりでコース料金が変わることが多く、ハイグレードの女の子の給料は60分で30,000円というところも。

オプションが込みのお店もありますが、別途有料オプションが付くとさらに接客1人当たりの給料は上がります。

1日100,000円近く稼ぐ女の子も珍しくありません。

風俗嬢は給料から雑費が引かれることがありますが、私の印象では高級店では雑費は引かれないことが多いです。

大衆店

大衆ホテヘルの給料は60分10,000円前後、指名バックは500円~です。

稼ぎやすいのは夕方以降、特に21時以降です。

ホテル街は飲み屋も多くあるため、手軽に利用できるという理由で人気です。

勤務する時間にもよりますが、夕方からラスト(24時)まで勤務して1日40,000円~50,000円程度です。

昼間の勤務ではもう少し給料は安くなります。

もちろん指名料やオプション料金は別途加算されるので、頑張れば頑張るほど稼げます。

激安店

残念ながらホテヘルの激安店は給料が低いです。

ただ激安店は接客数をこなして稼ぐスタイルなので、客層が悪いとか女の子の質が悪いというわけではないので安心してくださいね。

激安店の給料は60分6,000円前後。

1日勤務して30,000円~40,000円くらいの給料です。

指名バックは500円~。

ホテヘルはホテル街の近隣にしかないため、多数の店舗が営業している場合は値段で勝負するお店が多くなります。

その分、女の子は過酷に感じるかもしれませんが、ロングや太客を持ちやすいのは激安店ならではのメリットです。

また、激安店はオプションもオーソドックスなものばかりなので、頑張ってプレイをする必要がないのも嬉しいですね。

ホテヘルの給料をジャンルごとに比較

ホテヘルはグレードだけではなくジャンルによっても給料は変わってきます。

ジャンルごとの給料の相場を比較すると以下のとおり。

女子大生・若妻店

若い女の子が稼ぎやすいのは女子大生系や若妻系です。

一般男性は若い女の子を好むので、女子大生系や若妻系のホテヘルは客足が多いです。

給料は60分10,000円~12,000円程度です。

指名バックは500円~。

大衆店と変わらない、もしくはもう少し高いのは、女子大生や人妻という肩書きがあるから。

1日50,000円以上は見込めます。

人妻店

人妻店に勤務する女性は年齢層がやや高く、30~40歳くらいの方が多いです。

お客さんもマニアックな人がやや多いですが、人妻店を利用するのはプレイ料金が安価だからという理由が多いです。

給料は60分7,000円~8,000円程度。

指名バックは500円~。

激安店よりちょっと高い程度ですが、風俗は年齢が高くなると単価が急に落ちます。

年齢が高くても美人とか、内面が磨かれている場合はまた別ですが、人妻店は基本的に単価が低くなるので稼ぎたい場合は人妻店より大衆店がおすすめ!

人妻店の給料は1日35,000円~45,000円程度です。

性感店

2010年頃からお客さんが増えだした変態系のホテヘルです。

SMまではいかず、女の子とイメージプレイをしたり、女の子をいじめたり、女の子にいじめられたりといったことができるので、マニアのお客さんが好んで利用します。

女の子は受け身や責めの技術が必要なので、給料はやや高めの60分11,000円前後。

受けでも責めでも給料は同じくらいですが、性感店はオプションがものをいうのでオプションで稼ぐ女の子が多いです。

1日60,000円くらいは稼げるので、手っ取り早く稼ぐにはありですが、オプションがハードなものもあるので注意してくださいね。

ホテヘルの給料を地域ごとに比較

実は、風俗は働く地域によって給料がかなり変わってきます。

ホテヘルの大衆店を目安に紹介します。

東京のホテヘル60分10,000円
大阪のホテヘル60分8,000円
福岡のホテヘル60分10,000円
北海道のホテヘル60分9,000円
名古屋のホテヘル60分10,000円

ホテヘル自体がホテル街の近隣にしかないので、勤務地は自然と都会や繁華街になります。

東京が立地や客足的に稼ぎやすいですが、ホテヘルの給料はどの場所をとっても似たような額です。

大阪がやや安いですが、あくまで60分の平均的な給料なので、大阪だから稼ぎにくいとかは全くないです。

120分、240分のお客さんに入ればその分稼げますし、バック率はお店によって40~60%と差があります。

ホテヘルの場合、地域性は気にしなくても大丈夫です。

ちなみに私は大阪某ホテヘルで1日8時間勤務で7万円稼いだ経験があります。

指名バックや雑費などはお店によって異なる

風俗の料金や給料システムはお店によって異なります。

1つのお店の中でも人気嬢は指名料全額バックや雑費免除など、とにかく人気があると給料面でも得をします。

しかし普通に勤務していても、指名バックやオプションバックはお店が決めた割合でもらえるので心配する必要はありません。

店頭指名とネット指名で指名バックが異なるお店もあるので、給料に関しては最初に聞いておいたほうが計算しやすいですよ!

また、雑費は一律で給料から天引きする場合と接客人数に応じて天引きする場合があります。

雑費以外で私は所得税が10%天引きされた経験があります。

ホテヘルで働くメリットとデメリット

給料面はわかったけど、実際ホテヘルで働くメリットやデメリットを知りたいという女の子もいると思うので簡単にまとめました。

ホテヘルで働くメリット

  • 移動時間がないので効率よく稼げる
  • ホテルなのでキレイなことが多い
  • 悪質なお客さんを接客することはあまりない
  • 盗撮の可能性が低い
  • モニタなどでお客さんの顔を確認できる
  • デリヘルよりも指名してもらいやすい

移動時間がないので効率よく稼げる

ホテヘルは、ホテル近くやホテル街に受付所があるので、お客さんがつけばすぐに接客をすることが可能です。

待機場所も受付所、もしくは受付所の近隣にあるので、接客が終わってもまたすぐに次の接客をでき時間のロスがありません。

ホテルなのでキレイなことが多い

店舗型や自宅派遣型の風俗店は、お店やお客さんの清潔感に依存しますが、ホテヘルはラブホテルを使用するので環境は◎

例えば、お客さんの部屋が汚く、そんなところに行きたくないと思っている女の子は多いと思います。

その点、ホテヘルだとお客さんの自宅でのサービスをしなくてもいいので、汚い部屋に行かなくても済みます。

悪質なお客さんを接客することはあまりない

受付所ありきのホテヘルは、受付段階で泥酔や問題を起こしそうなお客さんを止めてくれるので、大きなトラブルがありません。

盗撮の可能性が低い

自宅派遣だと盗撮などの可能性がありますが、お客さんと一緒にホテルに行くホテヘルは盗撮の可能性が低く、女の子は安心して接客できます。

モニタなどでお客さんの顔を確認できる

ホテヘルは受付所にカメラをつけて、お客さんの顔をチェックできるようにしているところが多いので、知り合いに当たるといった不安も回避できます。

事前にお客さんを確認できることで、接客もしやすくなります。

デリヘルよりも指名してもらいやすい

デリヘルはネットから女の子を選ぶので、女の子の写真には普通はモザイクがかかっていますよね。

しかしホテヘルでは、お客さんが自分からホテヘルの受付所に来るので、モザイクがかかっていないパネル写真を確認することができます。

もしパネル写真を見たお客さんに、この子がいいなと思ってもらえれば指名してもらえる確率がグンと上がります。

ホテヘルで働くデメリット

  • 24時以降は働けない
  • 徒歩移動なので誰かに見られる可能性がある
  • 中心地にしかお店がない
  • お客さんと2人きりなので何かあった時に不安

24時以降は働けない

ホテヘルで働く一番のデメリットは、働ける時間が限られてしまうという点です。

ホテヘルは風営法上、24時以降の営業は禁止されています。

そのため、勤務はどんなに遅くても24時までとなり、深夜に働くことができません。

またデリヘルと比較するとホテヘルの数は圧倒的に少ないので、お店を選ぶ際の選択肢も限られてきます。

徒歩移動なので誰かに見られる可能性がある

受付時はモニタでお客さんの顔が確認できても、受付所からホテルまでは徒歩移動のため知っている人にばったり会う可能性があります。

バレずに風俗で働きたいという女の子にはホテヘルは不向きです。

もし身バレが怖い方は、デリヘルの方が周りにバレる可能性が低いので、ホテヘルよりもデリヘルで働くことをおすすめします。

中心地にしかお店がない

ホテヘルはホテル街の近くや繁華街、駅前などに立地が限られてきます。

そのため、どうしてもホテヘルで働きたい女の子は、ホテヘルがある場所へ出向く必要があります。

お客さんと2人きりなので何かあった時に不安

ラブホテルは精算しないと部屋から出られないことが多く、お客さんとトラブルがあった際はすぐに男性スタッフが対応できません。

とはいえ、受付所が近く、ラブホテルもホテヘルと提携しているところが多いので、何かあった際はすぐに連絡がつくので安心してくださいね!

ホテヘルで働くのがおすすめの女の子

ホテヘルの仕事に向いてる女の子の特徴をまとめておきます。

  • 日常的に繁華街や駅の近くを利用している女の子
  • キレイな場所で働きたい女の子
  • 派遣型で効率よく稼ぎたい女の子

ホテヘルは大学帰りの女子大生や仕事帰りのOLに人気があります。

夜だと一目にもつきにくく、短時間で集中して稼げることと、24時で営業が終わるので不当に残業をしなくてもいい点などが挙げられます。

ホテヘルはセックスをしなくていいので体力的にもあまりきつくなく、バイト感覚で働く女の子が多数います。

また、ホテヘルは移動時間が短くて回転率がいいので、短時間でサクサク稼ぎたい人におすすめです。

短時間コースのお客さんが多くて、コミュニケーション能力もそこまで重要視されないので、人と話すのが苦手だという人にも向いています。

さらに、受付所でスタッフが対面でお客さんを確認するので、変なお客さんが付きにくく、風俗で働くのが未経験という人にもおすすめです。

お客さんがパネル写真を見て女の子を選ぶので、容姿に自信がある人はやはり有利です。

稼ぎやすいホテヘル選びのポイント

ひと言でホテヘルと言っても種類がたくさんあるので、最後に稼ぎやすいホテヘルを選ぶためのポイントを紹介します。

  • ジャンルは女子大生・若妻系が稼げる
  • 求人サイトに載っている
  • ホームページがある
  • 出勤中の女の子の人数が多い

ホテヘルは風営法上、受付が入るマンションや雑居ビルでは宣伝ができません。

その分、求人サイトへの掲載が毎月だったり、ホームページが充実・毎日更新されているかどうかを見ると客入りやお店の人気がわかります。

また、お店は客足を見越して女の子を配置するので、出勤している女の子の人数が多い=ある程度稼げるという目安にもなります。

まとめ

ホテヘルとひと口に言っても働く女の子の年齢層やお店のジャンルで給料はかなり変わってきます。

私自身も以前ホテヘルで働いていましたが、やはりこなせるオプションが多いに越したことはありません。

ホテヘルで稼ぎたい女の子はお店のジャンルに加えて、夕方以降に勤務、コースやオプションの充実度など、実際の求人やホームページを参考にしてお店を選んでくださいね。

条件さえ合えば効率よく稼げるジャンルなので、アフター5のお小遣い稼ぎで風俗を探している女の子はぜひ体験してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる