MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

チャットレディは危ない?危険を回避して安全に働く方法をすべて解説

チャットレディの仕事はパソコンやスマホひとつで高収入が望める非常に魅力的な仕事です。

しかし、チャットレディならではの危険性やリスクがあるのも実情。

だからこそ、チャットレディとして働くことに不安を感じている女性も少なくないと思います。

そこで今回は、チャットレディの仕事中に起こりうる危険性やリスクを回避し、安全に働くための方法を徹底的に解説していきます。

チャットレディが直面しうる危険性やリスクは、しっかりと対策することによって未然に防ぐことができますよ。

チャットレディとして働くにあたって不安を感じている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の目次

チャットレディの仕事は危険?それとも安全?

チャットレディのように短時間で高収入を得られるような仕事は、なにか危険な裏があるのではないかと感じてしまう女性は少なくありません。

結論から言って、チャットレディは仕事の内容上危険性やリスクはゼロではありませんが、何が危険なのかを事前にしっかり理解した上で働けば安全に稼ぐことが可能です。

チャットレディの仕事は、直接お客さんと会うことはないという点では風俗で働くよりも非常に安全。

直接男性と接触することが無ければ、下記のようなリスクを避けることもできるからです。

  • 暴力をふるわれる
  • 性的なことを強要される
  • 性病をうつされる

それでは、どんなところに危険性やリスクがあるのか?

チャットレディとして働くにあたって気を付けなければならない危険性とリスクについては、次の項目でひとつひとつ解説していきますね。

チャットレディが気を付けたい危険性とリスク

チャットレディが気を付けなければならない危険性とリスクを、細かいところまですべて解説していきます!

画像や動画をスクショ、キャプチャされる

チャットレディとしてまず覚えておかなければならないのは、自分の画像や動画がネット上に流出してしまう危険性と隣り合わせであるということです。

基本的にライブチャットを配信するサイトは画像や動画のスクショ、キャプチャ等を禁止していますが、これを完全に防ぐことは現状不可能。

画像や動画をコレクションしたからと言って法律に違反するわけではありませんし、チャットレディの画像や動画を個人的に収集している男性も実際に少なくありません。

自分の画像や動画が男性の手元に残るということは、それがネット上にいつ流出してもおかしくないわけです。

知り合いに身バレや顔バレする

チャットレディとして働くにあたっては、顔や身体をWebカメラで映すことになります。

だからこそ、知り合いに見られてしまったときの身バレや顔バレのリスクは高いと言わざるを得ません。

最近はスマホからアクセスできるライブチャットも増えてきて、パフォーマンスする側も利用する側も、誰もが気軽にライブチャットを利用することができるようになりました。

知らないうちに知り合いが自分のパフォーマンスを覗いていた…なんてアクシデントも全くないとは言い切れません。

その結果、身バレや顔バレしてしまう危険性があるかもしれないということは、しっかりと理解しておきましょう。

登録業者の報酬未払いや遅延

ライブチャットサイトはいくつも存在していますが、中には報酬を支払ってくれなかったり、支払を遅延したりするような悪質な業者もまぎれこんでいます。

  • もともと報酬を支払う気のない詐欺業者
  • 経営が悪化している業者

こうした登録業者に引っかかってしまうと、せっかく頑張ってパフォーマンスした分のお金が手に入らないというトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。

退会してもデータを消してくれない

チャットレディとして登録している情報は、女の子が退会する際に業者側が必ず削除する決まりになっています。

しかし、この削除作業を怠る悪質な業者が一部存在するのは事実。

なぜデータを消さないのかというと、その実態は大きく分けて2種類です。

  • 管理体制ができておらず、単純に削除し忘れている
  • 登録している女の子は多いほうがいいので、あえて消さないでいる

このような業者と関わってしまったことにより、サイトを退会したにもかかわらず登録していたころのデータがそのまま残ってしまうというトラブルが実際に起こっているのです。

ノンアダルトなのにアダルトを強要される

チャットレディの仕事は、アダルトなパフォーマンス無しの「ノンアダルトチャットレディ」、そしてアダルトパフォーマンスありの「アダルトチャットレディ」の2種類。

ところが、ノンアダルトチャットレディとして働いているにもかかわらずアダルトを強要されるというトラブルは珍しくありません。

アダルトチャットよりもノンアダルトチャットのほうが、男性にかかる利用料金は安くなります。

だからこそ、

「あわよくば安い料金でエッチなパフォーマンスを見たい」

という男性会員が後を絶たないのです。

副収入が多すぎて会社や旦那にバレる

本業のある副業チャットレディや、結婚していて旦那のいるチャットレディは、とくに会社バレ、旦那バレに注意しなければなりません。

というのも、副収入が多くなるに伴って会社や旦那に副業がバレてしまう可能性がでてくるのです。

  • 会社バレ…副業分を合わせた住民税の請求が会社に行くことによって副業がバレる
  • 旦那バレ…稼ぎすぎると旦那の扶養から外れ、旦那の所得税が上がって副業がバレる

それぞれチャットレディという業種自体が直接バレることはありませんが、収入が高ければ「何か特殊な仕事をしているのでは?」と勘繰られてしまうことになるでしょう。

副業禁止の会社の場合は罰則対象になったり、チャットレディをしていると旦那にバレたら夫婦関係が危うくなってしまったりというリスクもあります。

ストーカー行為や住所バレのトラブル

男性と直接会うことはないチャットレディの仕事ですが、実はストーカー被害や住所バレといったトラブルは起こりえます。

  • チャットレディとして会話する中でうっかり個人情報を漏らしてしまった
  • 自宅でライブチャットをする際、窓からの景色などが映っていた

こんなことがきっかけで、ストーカー被害や住所バレなどのトラブルにつながった例は実在します。

直接男性と会わない仕事だからと言って油断は禁物ですね。

男性客による嫌がらせや迷惑行為

サイトを通すとはいっても、チャットレディは男性を相手にする仕事。

顔が見えないからと言って、暴言を吐くなどの嫌がらせや執拗な要求などの迷惑行為をしてくるお客さんはゼロではありません。

私もチャットレディとして働きだしてから、嫌がらせや迷惑行為をしてくる男性会員には数多く遭遇してきました。

要求に答えないからと言って悪口を言われたり、相互チャットで接続した瞬間に下半身を見せつけられたり、いろんな被害に遭いました。

チャットレディとして頑張るには、このようなダメージを受けることがあるという覚悟は必要かもしれませんね。

働いている代理店が辞めさせてくれない

代理店を通してチャットレディをする場合、辞めたい時になかなか辞めさせてもらえない…というトラブルが起こることがあります。

チャットレディという仕事は業務委託のため、代理店に直接雇われているわけではありません。

だからこそ、本来は自分の判断で仕事を辞めることができます。

ただ、代理店は自分の店で登録して働くチャットレディに場所や設備を提供する代わりに、女の子たちの収入の一部を引くことによって成り立っています。

そのため、女の子が減るのを阻止するため、辞めさせることを渋ることがあるんですよね。

辞めたいという旨を伝えたら即日登録抹消してくれる優良な代理店が多くなってきてはいるものの、まだ一部に悪質な代理店も存在しているので登録の際には注意が必要です。

性器を見せてしまうと警察に逮捕される

アダルトチャットレディとして働く場合、パフォーマンスとして服を脱ぐことが大半。

身体をカメラに映すことになるのですが、この時カメラに性器が映ってしまうと警察に逮捕される恐れが出てきます。

なぜなら、ライブチャットサイトで性器を無修正で露出することは「公然わいせつ罪」と言う法律に引っかかってしまうから。

実際にパフォーマンスで性器を露出してチャットレディが逮捕された事例も…。

パフォーマンスの際には絶対に性器が映らないように工夫してくださいね。

稼げてくると金銭感覚が狂ってくる

チャットレディとして人気が出ると、他の仕事では稼ぐのが難しいような報酬を手にすることが可能になります。

チャットレディでたくさん稼ぐ感覚に慣れてしまうと、

  • すぐ稼げるからとお金遣いが荒くなる
  • 貯金する感覚を忘れる

など、徐々に金銭感覚の狂いが生じてくるのです。

一度狂ってしまった感覚を取り戻すのは大変ですよ。

チャットレディを卒業したり、今ほど稼ぐことが難しくなったりした時に苦労しないために、正常な金銭感覚を保つ努力を忘れてはいけません。

生活リズムが狂う

チャットレディの仕事は24時間いつでも働くことが可能です。

だからこそ、頑張りすぎて生活リズムが狂ってしまうことは珍しくありません。

男性会員の多くは昼間に働いているため、21時~25時と言った深夜帯のほうが稼ぎやすくなるというライブチャットの特徴も、生活リズムの狂いに直結しやすいです。

稼ぐために毎日深夜帯に仕事をした結果、昼夜逆転の生活リズムで自律神経失調症になってしまう可能性もあるんです。

チャットレディは自己管理も仕事のうちなので、ログインの頻度やペースなどをよく考え、生活リズムが狂って体調を崩してしまわないよう上手く調整してくださいね。

トラブルを避けて安全に働く方法

チャットレディとして気を付けなければならない危険性とリスクについて解説してきましたが、必ずしも紹介したような危険やリスクに直面するわけではありません。

トラブルを避けて安全に働く方法を細かく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

チャット中は本人だとバレないように変装する

チャットレディが直面するトラブルとして代表的な身バレ。

しかしこれは、本人だとバレないように変装することで防ぐことが可能です。

  • ウィッグをかぶる
  • 普段とお化粧の雰囲気をガラっと変える
  • 普段着る服と働くときの服は分ける
  • 伊達メガネを活用する
  • ホクロを書く
  • マスクをする

変装の方法はこんなに豊富なんですよ!

面倒に感じる方もいるかもしれません。

しかし身バレするリスクを最低限にできるのですから、多少面倒であっても変装はしておくことをおすすめします。

待機中は鼻から下しか映さない

ライブチャットサイトの多くは、待機中の画面は会員以外でも無料で覗くことが可能。

だからこそ、不特定多数の人に見られるリスクが高くなってしまうんですよね。

身バレを防ぐ対策として、待機中は鼻から下しかうつさないという方法もあります。

相手が入室してくれた時に初めて顔出しするようにすれば、知らないうちに知人に待機を覗かれていた…なんてリスクを回避することができますよ。

ただし、男性会員は待機している女性の顔を見て入室を決めることが多いです。

鼻から下しかうつさない場合、身バレ対策にはとっても有効ではありますが、入室してもらうためのアピールは難しくなるということも忘れないでくださいね。

ある程度常連さんが付いてから、待機中はなるべく顔を出さないという方向にシフトしていくチャットレディも少なくありません。

必ず大手の求人を選んで応募する

チャットレディとして働くには、大手の求人を選んで応募することをおすすめします。

チャットを運営している業者は、規模の大小を合わせるとかなりの数。

小規模な運営会社で働く場合、下記のようなリスクがあります。

  • 倒産の可能性が常に付きまとうため賃金の未払いが発生する心配がある
  • 女の子を確保するため、辞めたい時に辞めさせてもらえない可能性がある

小規模な運営会社=必ずトラブルに巻き込まれるというわけではないのですが、大手の求人に応募することで避けられるトラブルがあるのだということは知っておいてくださいね。

口コミ評価がよくて運営歴が長いサイトを選ぶ

チャットレディとして登録するにあたっては、口コミや運営歴をしっかりと調べるようにしましょう。

ライブチャットサイト自体は増えてきていますが、すべてのサイトが優良というわけではありません。

すでに登録したことのある女の子たちの口コミや運営歴を事前に調べておけば、どのサイトが安全なのか、きちんと稼ぐことができるのかなどを知ることができるわけです。

何も知らずに評判の悪いサイトに登録してしまうと、様々なトラブルに巻き込まれる可能性が上がってしまうので要注意。

確定申告するときは税金を自分で納付する

チャットレディを副業として選ぶ女性も最近では増えてきました。

ただし、副業チャットレディは確定申告の際に注意しなければならないことがあります。

それは、確定申告の際に選択できる税金の納付方法を「普通徴収」にするということ。

  1. 普通徴収…自分で税金を納付する
  2. 特別徴収…会社が給料から税金を差し引いて納付する

税金の納め方には種類があって、確定申告をする際はこの2パターンから選択することができます。

特別徴収を選択してしまった場合、副業分も合わせた金額で計算した税金が会社に報告されてしまうので、副業で稼いでいることが本業の会社にバレてしまうというリスクがあるのです。

映像が録画できないサイトを選んで働く

チャットレディの仕事をするにあたって、

「チャット時の映像を録画されて流出させられてしまうかも…。」

という不安は誰もが抱えています。

正直なところ、100%パフォーマンスの録画やスクショを防ぐという手段は今のところありません。

しかし、チャット画面を録画、スクショできないようにできる限りのセキュリティ対策をしているライブチャットサイトはあります。

チャット画面を別カメラで撮影されてしまえばそれはもうアウトですが、せめて直接の録画やスクショだけでもできないように対策しているサイトを選んだほうがリスクを下げることが可能になりますよ。

家族と同居している場合は通勤して働く

チャットレディは在宅で働くことができますが、家族と同居している方は家族にバレないように働くというのはなかなか難しいです。

というのも、チャットレディは男性会員との会話が必須の仕事。

男性会員は女性の声を聞くのも楽しみの一つとしているため、チャット機能だけのやり取りでは指名客を獲得するのは難しいからです。

周囲に会話を聞かれぬようこっそり働くにも限界がありますので、家族と同居しているという方は代理店に登録し、通勤チャットレディとして働いたほうが良いでしょう。

身バレが心配な方はテレフォンレディかメルレに切り替える

チャットレディとして働く以上、稼ぐためには顔出しがかなり重要になってきます。

しかし、どうしても身バレが心配だという方は、顔出しの必要が無いテレフォンレディかメルレ(メールレディ)に切り替えて働くことも考えてみましょう。

それぞれの仕事について下記の表にまとめましたので、参考にしてくださいね。

テレフォンレディメールレディ
仕事内容電話で男性会員と通話する男性会員とメールでやりとりする
報酬時給2,000~4,000円メール1通で数十円
メリット身バレすることがないスキマ時間を活用できる
デメリット通話できる環境が必須単価が低いので大きく稼げない

テレフォンレディやメルレは、チャットレディの仕事と比べるとお客さんの数が少なくなりますが、その分顔出しをする必要がないので安心して働くことができます。

住んでいる場所や職業を変えた架空のプロフィールを作る

チャットレディとしてサイトに登録する際にはプロフィールを記入する作業があります。

ただ、記入する内容についてはなるべく架空の設定にしてフェイクを入れるようにしましょう。

事実でプロフィールを埋めてしまうと、身バレやストーカー被害の原因となってしまいます。

私はチャットレディとして働くにあたって、本物の自分とは違うチャットレディとしてのキャラクター設定を作成しました。

設定に沿ってプロフィールを作ったりお客さんと会話したりすることで、身バレなどのリスクがかなり下がるのでおすすめですよ。

個人情報は徹底的に隠す

チャットレディとして働いていると、常連の男性会員の方とかなり仲良くなることがあります。

しかし、仲良くなったからと言って個人情報を教えてしまうのは危険。

個人情報を知ったとたんに豹変する人もまぎれている可能性があるからです。

どんなに常連さんだったとしても、どれだけ相手のことを信頼できると思ったとしても、個人情報は徹底的に隠しましょう。

私は過去に一度、ノンアダルトチャットでひとりの男性会員とかなり仲良くなったことがありました。

その男性会員は私がログインすると必ず1時間以上2ショットで会話してくれて、アダルトの要求なども一切してこないいわば良客でした。

しかし、ある時住んでいる場所の話になり、私は油断していたせいでうっかり自宅の最寄り駅を教えてしまったのです。

すると翌日からメッセージで、

「今日〇〇駅に行ってみたんだけど会えなかったね」

などとストーカーめいた発言をしてくるように…。

ちょうど引っ越しが決まっていたので危険な目にあうことはなく、男性会員をブロックしてこの一件はおさまりました。

どんなに仲良くなった相手でも、個人情報を漏らしてしまうと危険な目にあうこともあるので、みなさんも気を付けてくださいね。

カメラの写る範囲に特定できるものを置かない

変装したり会話にフェイクを入れたりしていても、カメラの背景に特定できるものが映りこんだせいで結局身バレしてしまうことがあります。

例えば、下記のようなものの映り込みには注意してください。

  • 卒業アルバム
  • お店の名前が入った小物(〇〇郵便局などと書かれたカレンダーなど)
  • 地域限定の商品

カメラに映る範囲には、個人情報が特定できるものは絶対に置かないようにしましょうね。

チャットレディとして働くメリット

チャットレディとして働くにあたって注意しなければならないことは意外と多く、面倒に感じている方もいると思います。

しかし、チャットレディとして働くことにはメリットもたくさん!

ひとつひとつ紹介していきますね。

  • 好きな時間に仕事ができる
  • いつでも在宅で仕事が可能
  • スタイルや容姿に自信がなくても需要がある
  • 登録ボーナスやチップがもらえるサイトがある
  • 求人の採用率はほぼ100%
  • 風俗みたいに病気や妊娠のリスクがない
  • キャバクラみたいにノルマがない
  • 直接相手と会う必要がない
  • 短時間で高収入を稼げる

好きな時間に仕事ができる

チャットレディは24時間ログインすることができるので、働ける時間に制限がなく好きな時間に仕事をすることができます。

チャットレディほど自分の都合に合わせて働くことができる仕事はほかにはありません。

「今日は夜に用事があるから昼間に数時間働こう」
「明日は朝が早いから23時には切り上げて寝よう」

など、ひとりひとりの生活スタイルに合わせて稼ぐことができるというのは大きなメリットです。

いつでも在宅で仕事が可能

在宅でチャットレディをする場合、一人になれる部屋や時間さえあれば、いつでもすぐに仕事を開始することが可能です。

出かける準備をする手間も交通費もかかりません。

自分の都合の良い時間や少しでも空いた時間があるときにサクっと稼げるのは、チャットレディ以外の仕事には無いメリットだと言えるでしょう。

スタイルや容姿に自信がなくても需要がある

チャットレディは、Webカメラに映る自分の姿が男性会員にとってのすべて。

逆に言えば、スタイルや容姿に自信がなくても映り方や照明の効果を研究、工夫することによっていくらでもごまかしがきくということなのです。

チャットレディが知っておくべき照明の効果や知識については、下記の記事でくわしく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

中には顔出しもせず、話術を駆使して会話だけでお金を稼いでいるチャットレディも実在します。

スタイルや容姿に自信がなくても稼げる道があるのは、チャットレディの仕事の大きな魅力です。

登録ボーナスやチップがもらえるサイトがある

ライブチャットのサイトは数多く存在していますが、中には登録するだけで登録ボーナスやチップがもらえるサイトがあります。

ログインボーナスがあるサイトもあり、ライブチャット以外でもコツコツとポイントを貯めることができるのはお得ですよね。

期間限定でボーナスアップのキャンペーンをしているサイトもあるので、チャットレディとして登録を考えている方はサイトごとのボーナスやキャンペーン、チップの有無まで調べておくようにしましょう。

求人の採用率はほぼ100%

チャットレディの求人は採用率がほぼ100%で、落ちてしまう人はほとんどいません。

18歳以上で年齢確認のできる身分証明書さえ提示できれば、基本的に誰でも採用してもらえます。

ここまで合格率の高い仕事は他にはないでしょう。

最低限のマナーを復習するくらいは必要ですが、気軽に応募してみてくださいね。

風俗みたいに病気や妊娠のリスクがない

アダルトチャットレディとして働く場合、服を脱いでエッチなパフォーマンスをすることになります。

しかしチャットレディは、一般の風俗の仕事のように直接男性と触れ合うことは絶対にありません。

だからこそ性病に感染したり、望まない妊娠をしてしまったりというリスクはゼロです。

これはチャットレディならではの大きなメリットです!

キャバクラみたいにノルマがない

チャットレディは、キャバクラのように月間の売り上げや1日に呼ぶ指名客の人数などのノルマは一切ありません。

ノルマがあると無理して働いてしまったり、気持ちが焦って追い詰められたりといいことなしですよね。

その点、チャットレディは完全に自分のペースで働くことができます。

私は過去にノルマのあるお店で働いたこともありますが、ノルマのないチャットレディを始めてみると気持ちの面でも本当に楽だったので感動したものです。

直接相手と会う必要がない

チャットレディは直接男性と会う必要がないので、

  • 男性と直接対面すると緊張してしまう
  • 男性と直接会うのが怖い
  • 性病や妊娠のリスク無くたくさん稼ぎたい

こんな女の子たちにとってメリットはとても大きいです。

キャバクラや風俗のように酔っ払い客を相手にしなくてもいいのも嬉しい点です。

短時間で高収入を稼げる

チャットレディは1分単位で報酬が発生し、時給に換算すると2,500円~6,000円オーバーとかなりの高収入を稼ぐことが可能です。

週に3~4回、1日4~5時間程度のログインで月収30万円以上を稼ぐ女性も珍しくありません。

人気のチャットレディの中には、時給1万円で月収100万円を超えるという方も実在。

頑張ればすぐに報酬に反映されるので、時給アップに長いスパンが必要な他の職業と比べても短期でガッツリ稼げます。

チャットレディとして働くデメリット

チャットレディにはたくさんのメリットがありますが、その一方でデメリットもあるのが実態です。

働くにあたってはデメリットもしっかり知っておいたほうが良いので、ひとつひとつ解説していきますね。

  • 年齢制限がある
  • 画像や動画が流出するリスクがある
  • 絶対に高収入を稼げるとは限らない
  • 顔バレの危険性がある
  • 精神的ストレスを抱えてしまうケースがある
  • 長時間お客さんの対応をするのは大変

年齢制限がある

チャットレディは、法律で18歳以上でないと働くことができないということが定められています。

また、高校在学中は18歳であってもライブチャットサイトに登録することはできません。

ということで、チャットレディとして働くには下限があるということは覚えておきましょう。

ただし、チャットレディとして働く年齢に上限はありません。

サイトごとに「30代までの女性限定」などと制限を設けている場合はあるものの、中には「75歳までOK」なんてサイトもあるので、実質何歳になっても働くことは可能なのです。

もちろん稼げるかどうかは別問題ですが。

画像や動画が流出するリスクがある

チャットレディが気をつけたい危険性とリスクの項目でも解説した通り、チャットレディはチャット中のパフォーマンスをスクショやキャプチャされてしまう可能性があります。

盗撮された画像、動画が流出するリスクについては、常に意識していた方が良いでしょう。

代表的な対策は、

  • アダルトチャット中は顔出しをしない
  • 双方向チャットを使う

などがあります。

流出した画像や動画は転載されてしまうと、すべてをネット上から削除するのは難しくなってしまいます。

だからこそ、盗撮をなるべく避けるための対策を行いましょう。

盗撮の対策についてもっと詳しく知っておきたいという方は、下記の記事内でも詳しくまとめていますので参考にしてくださいね。

絶対に高収入を稼げるとは限らない

チャットレディは基本的に高収入を期待できますが、非常に人気のある仕事であるためライバルは多いです。

チャットレディとして登録してログインすれば誰しもが必ず高収入というわけではなく、稼ぐための工夫や努力をしていない女の子は稼ぐことはできません。

お客さんの数は限られていますので、少しでも多くのファンを獲得できるように頑張りましょう!

顔バレの危険性がある

チャットレディとして働く場合は顔出しのほうが稼げる傾向にありますが、顔出しで働くと当然顔バレの危険性はあります。

  • 副業なので本業の会社の人にバレるのを避けたい
  • 周囲に秘密でアダルトチャットレディをしている

このような方は「チャット中は本人だとバレないように変装する」の項目を参考にし、顔バレのリスクを最小限に抑えるようにしましょう。

精神的ストレスを抱えてしまうケースがある

チャットレディは直接お客さんと会うことがないので、病気や妊娠などの直接的なリスクはありません。

しかし、正直なところ精神的なストレスを抱えてしまうケースはあります。

なぜなら、男性会員全員が良い人ばかりではないからです。

  • 暴言
  • 執拗な要求
  • 盗撮の恐怖
  • ストーカー的行為

このように、チャットレディには精神的ストレスの要因となることも少なくありません。

また、中にはお客さんと仲良くなってしまったことでお金を払わせる罪悪感にさいなまれている…という女の子もいます。

チャットレディとして働いていくには、仕事は仕事だと割り切ることが大切です。

ちなみにストレスはため込まないでこまめに発散していきましょうね。

長時間お客さんの対応をするのは大変

チャットレディはお客さんが接続してくれている時間が長いほど稼ぐことができますが、長時間お客さんの相手をするのは正直大変です。

話題のネタが尽きてしまうこともありますし、パフォーマンスも長時間に及ぶと体力を消耗します。

ただ、ここでどれだけ踏ん張れるかが直接収入に関わってきます!

  • 話のネタはたくさんストックしメモしておく
  • パフォーマンスは少しずつ展開し、上手に時間稼ぎをしつつ体力を温存する

やはりチャットレディの仕事で稼ぐためにはそれ相応の努力が必要不可欠です。

長時間お客さんの相手をするのは疲れますが、上記のような工夫をして報酬につなげていきましょう。

トラブルの多くは事務所と契約することで解決する

チャットレディが直面しやすいトラブルの多くは、事務所と契約して働くことで解決します。

事務所に所属すればパフォーマンスの際の注意点を教えてもらうことができるので、独学でチャットレディをするよりもトラブルに巻き込まれるリスクが低くなります。

事務所に所属すると、多くのトラブルを回避することができるということ以外にも下記のようなメリットがあります。

  • パフォーマンスに必要な機材やコスチュームがそろっているので配信内容が充実する
  • 事務所の部屋から配信できるので家族同居のチャットレディも安心して働ける
  • 事務所のスタッフや同じ事務所のチャットレディといった仲間ができるので心強い
  • 稼ぐためのテクニックを教えてもらえる

初めてチャットレディとして働く方は、まず事務所と契約して様々なノウハウを身につけることをおすすめします!

わからないことがある、トラブルが起こりそうという時にすぐ相談できるスタッフがいるのはとてもありがたいものです。

私がチャットレディとして働き始めた当初、顔バレや身バレしないように働くコツを教えてくれたのは事務所スタッフでした。

ストーカー被害に遭いそうになった時、スタッフに相談して対応してもらったこともありますよ。

稼ぎたい初心者こそ大手事務所と契約すべき理由

せっかくチャットレディとして働くのなら、たくさん稼ぎたいですよね。

稼ぎたい初心者さんこそ、大手事務所と契約することを強くおすすめします。

理由については下記で解説していきます。

手厚いフォローを受けられる

大手の事務所は手厚いフォローがあるからこそ、数多くのチャットレディが登録しています。

こまめに相談に乗ってくれたり、稼ぎが伸びないチャットレディには積極的にアドバイスしてくれたり、スタッフの人数も多いのでフォロー体制もとても充実しています。

稼ぐノウハウを持っている

大手事務所は過去に様々な事例に対応してきているため、稼ぐノウハウも多く持っています。

私は過去に小規模の事務所に登録したこともありますが、ノウハウをあまり教えてもらえず大手に移籍したことがあります。

大手はノウハウが充実しているうえにマニュアル化されていて、チャットレディとして稼げるようになるのにとっても役立ちました。

在宅が難しい場合は事務所を利用できる

家族と同居していて在宅でチャットレディをするのが難しい場合、事務所のチャットルームを借りて働くことができます。

特に大手はマンションの一室などしっかりした部屋を使わせてもらえたり、ブースの数が多いので好きなときに働けたりといった部分でとても便利です。

反対に、小規模な事務所の場合は周囲の声が聞こえてしまうような薄い壁のブースで働かなければならなかったり、そもそもブースの数が少なく好きなときに働けなかったりといったデメリットがあります。

独りじゃないからモチベーションを維持できる

チャットレディは誰かと一緒に仕事をするわけではないので、在宅で働くと独りきりの時間が長くなり、モチベーションが保てなくなってしまうかもしれません。

しかし大手の事務所に登録すれば、事務所スタッフや同事務所の女の子と関わりを持つことができ、モチベーションを維持することにつながります。

仕事の愚痴を言える相手や相談ができる相手がいるとストレス発散にもなるのでおすすめですよ。

良い事務所と悪い事務所の見分け方

チャットレディは事務所に登録して働くのがおすすめですが、登録する事務所をしっかりと見分けることは大切です。

良い事務所と悪い事務所を見分けるために確認すべきポイントをチェックシート形式にまとめましたので、事務所選びの際は照らし合わせて参考にしてくださいね。

□事務所の公式HP、またはSNSがしっかり運営されている
□登録の際、年齢が確認できる身分証明書のチェックがあった
□報酬率は30%を超えている
□スタッフの対応は良いか
□ノルマや罰金は無いか
□出退勤は自由にできるか
□チャットルームやブースの数が多い
□事務所やチャットルームが清潔
□チャットルームの防音性は良いか
□ドリンクサービスはあるか
□ノンアダルトでも働けるか

チェックが多いほど良い事務所ということになります。

本登録する前に、良い事務所かどうかしっかりと確認しておきましょうね!

まとめ

今回は、チャットレディとして働く際の危険性や対策について詳しくまとめました。

チャットレディは短時間で高収入が期待できる仕事ではあるものの、チャットレディならではのリスクはつきもの。

しかしリスクをしっかりと理解しておけば、対策をしたり安全のための工夫をしたりすることが可能になります。

取れる対策をしっかりと取って、安心安全に稼いでいきましょうね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる