MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

チャットレディは照明の当て方が重要!おすすめライトと光の使い方

チャットレディで稼ぐための必須アイテム、それは照明です。

チャットレディは男性会員と直接会うことがないため、カメラ、そして画面越しの印象こそがすべてと言っても過言ではありません。

照明について詳しく知り、使いこなせるかどうかはチャットレディとしての人気、そして収入に大きく直結してきます。

そこで今回は、チャットレディとして必ず知っておくべき照明に関する基礎知識、さらには照明の選び方や使いこなすためのテクニックなどを詳しく解説します。

チャットレディとして稼ぎたい女性のみなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の目次

チャットレディが知っておくべき照明の基礎知識

まずは、チャットレディとして絶対に知っておくべき照明の基礎知識についてまとめていきたいと思います。

照明を使うことで得られる効果

照明を使うことでチャットレディが得られる効果は、主に下記のものが挙げられます。

  • 明るい女性という印象を与える
  • 肌を白く美しく見せる
  • 若々しい印象を与える
  • 髪の毛につやがあるように見せる
  • メイクを引き立たせ顔立ちを良く見せる

これを見ると、照明がチャットレディの必須アイテムだということがよくわかりますよね。

照明を使うメリット

照明を使うメリットは一言で言えばお客さんの入室率アップ、そして報酬アップに直結するということです。

画面越しに女性を選ぶ男性目線に立てば、肌がくすんでいてキレイに見えなかったり、髪の毛につやが無く暗い印象だったりする女の子に魅力を感じないのは当たり前。

照明を使うことでより自分を魅力的にアピールすることができるのです。

実際に男性と会うわけではないからこそ、照明の使い方の工夫次第で、自信のない部分をいくらでもごまかすことができます!

照明の明るさ

照明の明るさは、使用する照明が「蛍光灯」「白熱灯」「LED」のどの種類かによって大きく違ってきます。

  • 蛍光灯…明るさが最も強く、太陽光に近い発色のものがある
  • 白熱灯…明るさは強くなく、インテリアなどで広く使われる
  • LED…明るさ調整の自由度が高いが、ものによって光量不足を感じる可能性がある

どれが照明として最もおすすめかと聞かれれば、LEDが最も一般的で人気があります。

リーズナブルに入手できるうえ、発熱が無く寿命がとっても長いことが理由ですね。

ただし、蛍光灯と同じ明るさの表記のものでも、先述の通り光量不足を感じる可能性があるのでしっかり確認するようにしてください。

場面によって明るさの調整ができるタイプが便利です。

照明の色の種類

照明は、明るさのほかに色にも種類があります。

照明の色は「昼白色」「昼光色」「電球色」の全3種類。

それぞれの色の特徴について、表にまとめてみたので確認してください。

色の種類色の説明色の特徴
昼白色太陽の光に近い自然な色最も自然に、ありのままに映す
昼光色寒色系、青みがかった白目が疲れにくく集中しやすい
電球色暖色系、落ち着いたオレンジ色リラックスしやすい

チャットレディが使用する照明の色としておすすめなのは昼白色もしくは電球色。

これらは照明の色の中でも肌の色をきれいに見せてくれるカラーとなっていますよ。

照明を配置するときは逆光に注意

照明の明るさや色にこだわることはとても大切ですが、逆光には注意してください。

照明器具の配置によっては、せっかくの照明効果が真逆の働きをしてしまうこともあります。

照明は自分の身体の真正面から、均等に光が当たるように配置しましょう。

もしも背後から光が当たるように設置してしまった場合、逆光によってカメラに映る自分が影のように暗くなってしまいます。

また、照明を複数使う場合も注意が必要。

「たくさん照明を使えば使うほどキレイに映るはず!」

と考える女性は多いのですが、実はそうとも限りません。

いくつ照明を使おうが、設置場所と明るさ次第で逆光になり、照明の効果をまったく得られなくなってしまうことも。

照明を置く位置や光量はしっかりと研究し、逆光は絶対に避けるようにしてください!

照明の豆知識

チャットレディとして実際に使用する照明を選ぶ際、「光に関係する単位」を豆知識として知っておくと非常に役立ちます。

照明に関する単位には、下記のものがあります。

  • ルーメン(lm)…光の量の単位。値が大きいほど明るい。
  • ケルビン(k)…色の温度の単位。値が高いほど澄んだ色、低いほど暖かい色となる。
  • アールエー(Ra)…太陽光とどのくらい似ているかの単位。値が高いほど自然光に近い。

こちらの単位を覚えておくことで、ライブチャットの際に使用する照明選びに役立ちます。

ルーメンとアールエーは特に重要になるので、必ず覚えておくようにしてくださいね。

収入アップに繋がる照明の選び方

ここまで読んでいただき、チャットレディにとって欠かせない照明についての基本がわかっていただけたかと思います。

ということでここからは、私の経験を踏まえたうえで、収入アップに繋がる照明の選び方について詳しく解説していきます!

明るさの数値が高いもの

チャットレディとして画面に映る際、照明の明るさの数値は高いほうが見栄えがします。

具体的には、下記に当てはまる照明を選ぶようにしてください。

  • ルーメン(lm)…500以上
  • アールエー(Ra)…80~90以上

ルーメンは500以上のものが多く販売されていますが、高ければ高いほど良いというわけでもありません。

中には、ルーメンが万単位の照明が売っていたりしますが、ライブチャットを行うのはあくまで個室。

あまり強力なものを選びすぎても扱いに困るので、ルーメンは500前後のものを選び、あとはWebカメラで調整するのが無難です。

またアールエーについては、自然光と同様なのがRa100。

ということで最低でもRa80以上、できることなら90以上で選ぶようにしてください。

ちなみにアールエーは、パッケージに「平均演色評価数」と表記されていますよ。

Raの違いはこちらの画像で見るように一目瞭然なので、照明を買うときはしっかりチェックするようにしてくださいね。

【画像準備中】

角度・高さ調整ができるもの

照明を選ぶ際には、角度や高さの調整ができる照明を選ぶということがかなり大切です。

照明の当て方ひとつで、画面に映ったときの印象はかなり変わってきますよね。

どの角度から照明を当てればよりカメラ映りが良くなるのか。

どの高さから照明を当てれば不自然に映らないか。

角度や高さが変えられる照明は、自分をより良く映すための微調整が可能です。

ということで、角度や高さが固定されてしまうような照明よりも、調整可能な照明を選ぶのがおすすめですよ!

光の調節ができるもの

角度や高さ以外にも、光の調整ができるタイプの照明であれば尚良いでしょう。

チャットレディは基本的に自由出勤で、24時間好きな時間に働くことが可能です。

ただ、注意すべきは時間帯や天気で部屋の明るさが変動するということ。

窓のない密室でない限り、どうしてもこれは避けられません。

だからこそ光の調整ができるタイプの照明が必要なのです。

部屋の明るさに合わせて光の強さを変え、画面に映る自分の印象が大きく変動しないように工夫してくださいね。

光の調整を行わなかった場合、お客さんから見たときに

「日によって全然印象が違う…」

と感じられてしまう可能性が高いです。

なるべく自分の印象を安定させることができるよう、光の調整が細かくできる照明を選んでくださいね。

設置しやすく片付けやすいもの

家族と同居していたり、彼氏や友人が家に頻繁に出入りしたり…という環境でチャットレディの仕事をしている方にとって、仕事のことがバレるのがすごく心配ですよね。

そういう方におすすめなのは、設置しやすく片付けやすい照明です。

例えば、簡単に組み立てできるタイプは、しまっておく場所にも困りません。

私の場合、彼氏がよく私の家に泊まりにくることが多いので、チャットレディのバイトがバレないようにかなり気をつけないといけないんですよね。

そんな私が使っている照明は、三脚を使った組み立て式のもの。

彼氏や友人たちが来ることになったときだけサッと片付けることができて便利ですよ。

ちなみに家族と同居しているという環境の方には、即付け外しのできるクリップタイプが良いと思います。

照明の色は自分の雰囲気に合わせる

照明の色の種類の項目で紹介したように、照明の色には種類があります。

照明の色の使い分けについては、自分の雰囲気に合わせるようにするのが良いでしょう。

  • 昼白色…最も肌を美白に見せる。明るい、かわいい印象を与えたい場合。
  • 電球色…オレンジの光で健康的に見せる。大人っぽい、しっとりした印象を与えたい場合。

それぞれの照明が与える印象と使い分けについてはこんな感じです。

自分の雰囲気や理想に合ったカラーを使ってみてくださいね。

電球のサイズを確認

クリップ型など、電球タイプの照明を使う際には電球のサイズをしっかりと確認してください。

実は、販売されている電球には様々なサイズがあります。

電球を回してはめる部分である「口金」の大きさが照明と違うと、せっかく買った電球が使えません。

一般的に広く使われている電球と照明の口金サイズはE26(口金直径26mm)ですが、他にもいろんなサイズがあるのでしっかりと確認してから購入するようにしましょうね。

初心者向けのおすすめのLED照明

それでは、初めてチャットレディとして働くという初心者の方向けに、おすすめの照明をタイプ別に紹介していきます。

どの照明を買おうか悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スタンド型

スタンド型は、初心者さんには最も簡単で扱いやすい型です。

私もチャットレディを始めた当初に購入しましたが、今でも状況に応じて使っています。

こちらは色と明るさがダブルで細かく調整できる、チャットレディにぴったりのスタンド型照明です。

値段も手ごろなので、スタンド型照明で迷っている方はまず試してみても良いと思いますよ。

コードレススタンド

スタンド型照明の中でも、コードレスタイプは照明本体を移動させることができるので便利です。

ちょっと雰囲気を変えてパフォーマンスをしたい時など、コンセントの位置や距離を気にせずに場所移動が可能ですよ。

こちらの照明は、Amazonのコードレススタンドライトのジャンルで最もレビュー件数と評価が高く人気の商品。

点灯モードや明るさレベルの調整段階が細かく、時間や天気による部屋の明るさの違いにもしっかりと対応できるでしょう。

ミラー付きスタンド

メインの照明以外に、サブ照明としておすすめしたいのがこちら。

ミラーの付いているスタンド照明は、メイクのときに使えば細かいところまでしっかりと見えますし、照明を当てたときに映えるメイクに仕上げることができます。

さらに、明るさを追加したり別方向からの光が欲しかったり…というときにはサブ照明として活躍するので一石二鳥ですよ。

クリップライト

クリップライトは高い位置に固定して照らすことができるので、ひとつ持っているとかなり便利です。

付け外しが簡単なので、家族と同居しているなどの理由でチャットレディをしていることを上手に隠したい…という方にもぴったり。

こちらの商品は電球色、昼光色、昼白色と3種類の使い分けができ、しかも500lmなのでライブチャットにかなり適したクリップライトです。

スマホライト

最近では、パソコンではなくスマホを使ったライブチャットも一般的になってきましたね。

スマホから配信する際に便利なのが、こちらのようなスマホスタンドと照明が一緒になったタイプの商品です。

スマホからの有名パフォさんの中にも愛用している方が多いので、スマホ配信を考えている方は1台持っておくと良いしょう。

本格的な撮影用ライト

ここまでは初心者の方向けのライトを紹介してきましたが、がっつりチャットレディで稼ぎたいと考えている方は本格的な撮影用ライトを購入しても良いでしょう。

撮影用ライトにも種類がありますので、おすすめの商品も合わせて紹介していきます。

リングライト

本格的な撮影用ライトとしてまず代表的なのがリングライトです。

チャットレディとして活躍しているパフォさん以外に、人気ユーチューバーの方々からも人気がある照明ですね。

こちらのリングライトは高さ、角度ともに調整できる上、収納ケースもついているのでとても使い勝手が良いですよ!

  • 肌がとてもきれいに見える
  • 黒めにリングが映り、より魅力的に見える

リングライトは照明の中では高価な価格帯ではありますが、使うメリットは大きいです。

サイズが大きいため、部屋に大きな照明を置いても大丈夫…という方はぜひ検討してみてくださいね。

ビデオライト

「リングライトのように大きな照明は無理。でも本格的な照明は使ってみたい…」

そんな方におすすめなのが、ビデオライトです。

ビデオライトはリングライトと比べて小型なものも多く、さらに光が非常に強いのが特徴。

こちらは私も実際に使ったことがありますが、ポケットに入るくらい小型なのに驚くほどの光量。

細かく調光できるところもとても便利でおすすめです。

ソフトライトボックス

こちらは非常に本格的な照明機材で、サイズも大きく価格的にも高くなってしまいますが、女優さん並みにキレイな映りが期待できるライトです。

私は過去、代理店でチャットレディをしていた時に使ったことがありますが、本当に画面映りが全く違うので驚いてしまいました。

代理店で使用していたのが、こちらの商品。

価格的には8,000円と安くはありませんが、素人がとっているとは思えないような映像に仕上がります。

見た目に反して軽量なので、組み立ては女性一人でも難しくありません。

収納場所や知人バレなどに心配のない方は、選択肢として考えても良いと思いますよ。

持っておくと便利な照明器具

ここまで紹介してきたようなメインとして使用する照明器具のほかに、チャットレディとして働く際に持っておくと便利な照明器具があります。

絶対に用意しなければならないというわけではないものの、働いていて画面映りに物足りなさを感じたときなどはこちらの器具の購入も検討してみてくださいね。

レフ板

レフ版とは、光を集めて被写体にあてるために使われる専用の機材。

テレビ番組やグラビアの撮影などでも必ず使われているほど、映りにこだわる際には欠かせないものです。

銀色や白の膜のような道具で、慣れれば使用方法もそこまで難しくありません。

価格的には、安いものであれば2,000円台から売っていますよ。

「照明だけだと納得のいく光の当たり具合にならない」
「肌をもっとなめらかに、キレイに映したい」

そんな悩みを抱えている方は、レフ版を上手に活用することで解決できます。

ライトスタンド(三脚)

照明本体の下部に、固定用のねじ穴が開いている商品も多く販売されています。

本体だけで高さ調整ができないタイプの照明も、ねじ穴があればライトスタンドを使って上下の高さを自由に調整することができますよ。

ライトスタンドが一つあるだけで、照明の使い方の幅が広がります。

比較的安価なアイテムで、2000円前後で購入することができますよ。

間接照明

チャットレディとしてのパフォーマンスは、机の前でじっと座っているだけでは男性ユーザーから飽きられてしまうこともあります。

時には、Webカメラから距離をとってパフォーマンスしたり、カメラの位置に変化をつけながらパフォーマンスしたりといった映像の多様性が求められることも。

そんな時に役立つのが間接照明!

カメラから離れたり、カメラの位置を変えたりしたときはメインの照明だけでは光量が足りなくなってしまうことがあるのです。

いくつか間接照明を用意しておくと、自分やカメラの動きに合わせて光を調整することが簡単にできますよ。

間接照明のカラーを変えてムーディーな演出をするというのも効果的です。

チャットレディのための照明テクニック

それではここからは、チャットレディとして覚えておくと便利な照明テクニックを紹介していきます。

ライトは撮影用のライトを使用する

照明の種類は豊富で、中には数百円で購入できるようなものも販売されています。

しかし、チャットレディとしてのカメラ映りや画面映えを考えるならば、思い切ってちゃんとした撮影用ライトを購入しておくべきです。

中には、初期投資することに抵抗がある方も多いと思います。

しかしチャットレディはカメラ映りがすべてですし、映り方次第で稼げるかどうかも大きく変わってくる仕事。

初期投資には大きな意味がありますよ。

何十万円という規模のものは不要ですが、最低限「収入アップに繋がる照明の選び方」で紹介した機能を持ち合わせたものを選ぶようにすると良いです!

撮影用ライトは「ビデオライト」「女優ライト」などのキーワードで販売されていることもあるので、ぜひこちらのキーワードでも検索してみてくださいね。

インテリアは白で統一する

インテリアを白で統一すると、照明の効果を最大限に引き出すことができます。

  • 反射光を生み出し、気になる影を見えづらくする
  • 顔色が良く見える
  • 部屋全体が明るく見える
  • 白のインテリアは女性らしい印象を与える

白いインテリアのメリットはこんなにたくさんあります。

照明や機材の準備が必要最低限でも、白いインテリアに統一するだけで演出のレベルが高くなるのでとてもおすすめです!

もしも部屋すべてのインテリアを白に統一することに抵抗がある場合は、せめてパソコンまわりやライブチャット時に画面に映る場所だけでも白にすると良いでしょう。

トレーシングペーパーを使用する

照明の光の調整は難しいので、不自然な影ができてしまったり、顔がテカっているようにみえてしまったりすることもあると思います。

そんな時は照明をトレーシングペーパーで覆ってしまいましょう。

トレーシングペーパーがうまい具合に光をやわらげ、また拡散してくれるので程よい明るさに落ち着きます。

もしもトレーシングペーパーが無いというときには、ティッシュペーパーやキッチンペーパーで代用も可能!

ただし、これは照明がLEDライトの場合だけ使えるテクニックです。

なぜならLEDは照明自体が高温になることが無いから。

LED以外の照明は表面が高温になるので、紙類を固定すると火事につながりかねないので絶対にやめましょう。

照明2台をカメラ両サイドから当てる

カメラ両サイドから照明で光を当てると、より一層肌がキレイに映ります。

一定の方向から光を当てると反対側に深く影が差してしまうのですが、両サイドから当てることで影がキレイに無くなります。

ただし注意点として、同じ種類の照明を同じ光量で使用するようにしてください。

でないと、バランスが取れずに結局左右どちらかに影が差してしまいます。

顔の高さで斜め45度から光を当てる

照明の照らし方の基本は、顔の高さで斜め45度からというのが基本。

なぜなら、この高さと角度がもっとも顔の影が出にくく肌がキレイに見えるからです。

反対に、真上や真横から照らしてしまうと、シワやクマなど顔の目立たせたくない部分が非常に強調されてしまうので要注意!

光が当たる角度によっては照明が逆効果になってしまうこともあるんですよね。

また、斜め45度から照らせば目に直接光が入るのを防ぐことができます。

照明の光を長時間目に受け続けると、視力や見え方に悪影響を及ぼす可能性が出てきてしまうので注意してくださいね。

1番キレイに見せたい部分に向ける

照明は最もキレイに見せたい部分に向けて使うようにしましょう。

例えば、顔出しのチャットレディは顔を一番キレイに見せたいですよね。

顔出し無しのチャットレディは、首元やデコルテだけでも美しく見せたいはずです。

また、パフォーマンスの種類によっては身体を美しく見せたいという方もいるでしょう。

自分が一番引き立たせたい部分が美しく見えるよう、照明の向け方を調整してくださいね。

照明が強い場合は壁に反射させて使う

もし画面に映った時に白飛びしてしまうという場合には、あえて壁を照らして反射光を狙うのもおすすめです。

強すぎる光がうまく反射し、ちょうど良い明るさに落ち着きますよ。

照明自体の明るさを調整するのとはまた違った効果があるので、ぜひ一度試してみてください。

白い服が壁と同化しない明るさに抑える

照明で照らせば照らすほど、肌は白くシミやくすみなどがカメラに映らなくなります。

しかし、やりすぎは絶対に良くありません。

白い服を着てカメラに映っても、その服が壁の白と同化しない程度の明るさに抑えるようにしてください。

でないと映像が古臭く見えたり、白すぎてリアリティがなくなったり、一周回って怖く見えてしまったりします。

私がチャットレディを始めたばかりの頃、肌は白ければ白いほど良いと思って照明で照らし過ぎていた時期がありました。

その時お客さんから、

「壁と服が同化してオバケみたいだよ」

と指摘されたことがきっかけで、照らし過ぎも良くないのだと実感しました。

この記事を読んでくれている方は、白い服を着ても壁との境がわかるくらいの明るさで調整するように気を付けてくださいね。

映像で確認しながら最終調整する

照明の角度や高さ、明るさについては、最後に実際自分が画面に映っている姿を確認しながら最終調整しましょう。

この時、実際に仕事をするライブチャットサイトのチャット画面で確認するというのは忘れないでくださいね。

パソコン本体のカメラ機能とチャット画面では、意外と映りが違うことが多いです。

カメラ機能で確認したらとってもキレイに映っているのに、いざチャットにログインしたらこちらの画面では白飛びしていたなんてことも珍しくありません。

お客さんが入ってこないようにオフラインにしてから画面映りを確認しましょう。

気になる部分はWebカメラの機能で微調整することもできます。

照明の設置以外に重要なポイント

照明の設置以外にもチャットレディとしてのカメラ映りをキレイにするために重要なポイントがありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

ディスプレイ画面の色

パソコンのディスプレイ画面自体の色が暗いと、反射によって顔まで暗く見えてしまうことがあります。

せっかく照明にこだわっても、ディスプレイのせいでカメラ映りが悪くなってしまっては元も子もないです。

なるべくディスプレイの背景などは白くしておくと良いでしょう。

パソコンデスクの色

ディスプレイの色同様、パソコンを置いているデスクの色もカメラ映りに影響を与えることがあります。

例えば、反射しない素材の茶色いデスクと白く光沢のある素材のデスク、どちらにパソコンを置いたほうがカメラ映りは良くなると思いますか?

正解は後者です。

照明がデスクに反射し、顔を明るく見せてくれるからですね。

首や顔が暗く見えるのを防ぐためにも、デスクの色にも気を使ってください。

もちろん、デスクの色が暗いからと言って買い替えたりする必要はありません。

デスクの色が暗いと思ったら、白いテーブルクロスを敷くだけでも全く印象が変わるので試してみてくださいね。

部屋の広さ

チャットに使う部屋は、できれば狭いほうが良いです。

なぜなら狭い部屋のほうが光の反射がしやすく、照明の効果が出やすいからですね。

広い部屋は照明から壁までの距離があるため、反射を活かすのが難しいです。

できればコンパクトな部屋を使ってパフォーマンスすると、最大限に照明のメリットを引き出すことができますよ。

照明選びは人気パフォさんを参考にしよう!

照明は、自分が働くライブチャットサイトのジャンルに合わせて選ぶことも大切です。

自分が働くサイトで人気のあるパフォさんを参考にして照明を選べば間違いはありませんよ。

アダルトや人妻系ライブチャット、ノンアダルトライブチャットのそれぞれに分けて解説していきます。

アダルト・人妻系の場合

アダルト・人妻系のライブチャットサイトで人気のあるパフォさんは、肌の色が白く美しく見える照明を使っている傾向が強いです。

アダルト・人妻系サイトにアクセスする男性は色白の女性を好む人が多いというのが理由でしょう。

ただし肌を白く見せようと照明を強くし過ぎると、逆に身体のラインや部位が白飛びして見づらくなってしまいます。

男性会員は映像がわかりにくい状況を極端に嫌うので、これでは逆効果。

アダルト・人妻系サイトの人気パフォさんは暗すぎず、そして明るすぎず尚かつ肌が美しく見えるというベストな照明の使い方をしっかり理解しています。

負けずにいろいろ研究しましょうね。

また、アダルト・人妻系サイトの人気パフォさんは昼白色を使っている方が多いです。

ただ中には昼光色を使って肌をより白く見せている方もいますので、自分の肌の色や雰囲気に合った照明の色を選びましょう。

ノンアダルトの場合

ノンアダルトサイトの場合、人気のあるパフォさんの中でも使用している照明の色は様々。

アダルトとは違って肌の色を白く見せる=人気とは限りません。

ノンアダルトの場合は、それぞれのパフォさんの個性や雰囲気に合った照明の活用が重要視されているからです。

色白や色黒といった肌質の個性にも合わせて照明を選ぶと良いでしょう。

ノンアダルトの場合はアダルトよりも顔が重視される傾向にありますので、照明選びもより一層慎重に研究を重ねていく必要があります。

まとめ

今回は、チャットレディとして働く際の必需品である照明について詳しくまとめました。

カメラ映り、画面映えが非常に重要なチャットレディ。

照明について熟知すればするほど、より魅力的な女性として自分を映し出すことが可能になります。

照明はそこまで大きなお金をかけずとも良いものが手に入りますし、周囲の環境を工夫することによってさらに効果を発揮させることも可能で、とにかく費用対効果が抜群なんです。

チャットレディとして人気を得るためには照明の活用が必須!

ぜひ自分に合った照明、そして使い方を見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる