MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

ソープのS着とNSはどちらが稼げる?働くメリット・デメリットを解説

ソープのお店の分類方法はいくつかあるのですが、その中に「S着」と「NS」という分け方があるのをご存知でしょうか。

ソープで今後働こうと思っている女性の中には、これらの言葉自体がイマイチよくわからないという方もいるのではないかと思います。

ただ、S着とNSの違いについては働く前に必ず知っておいたほうが良い知識です!

私は現在に至るまで数店舗のソープで働いてきましたが、最初に働くお店を決める際、直前までS着とNSを知らずに危うくお店選びを間違えてしまうところでした…。

ということで今回は、ソープで働こうと考えている女性が自分に合ったお店選びをするためにぜひ知っておいていただきたい、S着とNSについて解説していきます。

特に今回の記事はS着店に特化した内容となっております。

ぜひ、お店選びの参考にしてくださいね。

この記事の目次

ソープのS着・NS・NNの違いとは?

日本国内において唯一本番行為が許されている風俗、ソープランド。

本番行為をするにあたって重要なコンドームの着用の有無について、ソープにおいては専門用語が存在しますので、まずはこちらを解説していきますね。

S着・NS・NNの用語の意味

ソープにおいてコンドームの有無に関連する用語は、S着、NS、NNの3つ。

それぞれの意味を、わかりやすくまとめるとこちらになります。

  • S着:スキン(コンドーム着用)
  • NS:ノースキン(コンドーム無し)
  • NN:生中出し

※S着はG着と表現されることもあります。

それぞれの用語が、本番行為の際のコンドームの有無に関する略称だということがわかりますよね。

ただ、こちらの表の中にあるNNという用語は、実は本来ソープの業界用語ではありません。

S着とNSは以前からソープで使われてきた専門用語です。

しかしNNについては、風俗を利用するお客さんたちが作った造語です。

「NS=生入れ外出し」だと勘違いしたお客さんが、この言葉に対抗する「NN」というワードを作った…というのが私たち風俗業界で働く人間の中の定説です。

ということで、ソープで働く場合に使う用語は本来、S着もしくはNSの2つのみ。

NSで中出しするのか外出しするのかというのは女の子次第です。

ソープの混在店について

S着、NSについては、基本的にお店側がそれぞれルールとして定めています。

ただ、ひとつ特殊な例があるので説明していきますね。

実はソープには、混在店というものも存在しているのです。

混在店というのはそのネーミングからも想像がつくとは思うのですが、S着の女の子とNSの女の子が混在しているお店、という意味ですね。

こちらのお店は女の子ごとに、自分がS着とNS、どちらで働きたいのか自由に選ぶことができる場合がほとんどです。

ただ、一部のお店では女の子のレベル次第でお店側がS着、NSを決めるということもあるので注意が必要です。

どういう基準で決めるのかはもちろん公にされていませんが、暗黙の了解としてはS着でもお客さんが入るような容姿・スタイルレベルの子はS着。

NSであるということをウリにしないとお客さんがつかないと判断された場合はNSと決められる場合が多いです…。

あまり聞こえの良い話ではないかもしれませんね。

ただ、ソープで働くことを考えている女性にとって、風俗業界のリアルな部分は先に知っておいて損は無いと思います。

後から後悔しないようなお店選びをしてくださいね。

S着店とNS店を見分ける方法

S着とNSについては、働くお店選びの時に必ずチェックしておきたい部分ですよね。

ただ実は、S着店なのかNS店なのか混合店なのか…という部分をソープのお店側が表向きに公表することはありません。

なぜなら、ソープにおいて本番が許されているのは「公衆浴場で出会った男女が偶然恋仲になって男女関係を持った」という建前が認められているからです。

そんな自由恋愛の環境という建前上、コンドームを使うかどうかを事前に決めているのは不自然ですからね…。

ただ、S着店とNS店、混合店を見分ける方法というのは存在しますので、紹介していきたいと思います。

地域ごとの特徴を知る

ソープは日本全国の中でも限られた地域でのみ営業していますが、実は地域ごとにS着店が多い、NS店が多い…という特徴がある場合があります。

代表的なのは、日本3大ソープである東京の吉原、岐阜の金津園、滋賀の雄琴。

こちらはほとんどのお店がNS店となっています。

また、他の有名ソープ街がある神奈川の川崎や兵庫の福原も多くのお店がNS店です。

反対に、全店がS着である地域も存在します。

それが、北日本最大級の繁華街、すすきののソープです。

風俗が有名な地域なので、全店がS着というのは意外だと感じる方も多いでしょう。
なぜすすきののソープランドはすべてのお店がS着なのかというと、それはすすきの全体のルールとして定められている事項だからです。

もしすすきののソープでNSのお店があったとしたら、それは悪質なお店である可能性が高いので注意してくださいね。

ちなみに全国的な傾向で言うと、どちらかというとNS店よりもS着店と混在店が多くなっています。

地域別の特徴を知っておくことはS着、NSでお店を選ぶ際に重要なので、ぜひ押さえておいてくださいね。

お店のホームページをチェックする

それぞれのソープのお店が、「当店はNS店です!」などとホームページで堂々と掲載していることはありえません。

しかし実はソープの多くは地味に、S着のお店なのか混在店なのかNSのお店なのか…というのがわかるように、ホームページでにおわせていることがあります。

これは、お店に行こうかどうか検討しているお客さんのためのもの。

自分の行くお店をS着かNSかで決めたいという男性は多いですからね。

例えば、NS店はホームページにやたらと生ビールのイラストや写真を使っている場合があります。

また、「生」という言葉を過剰にアピールしているというパターンも。

NS=生本番ということなので、言葉で表現はしていないもののなかなか直接的でわかりやすい表現ですよね。

混在店も独特の表記があるので、ホームページで判別可能です。

混在店の場合は、在籍している女性一覧やプロフィールを見ればたいがいはわかります。

混在店のホームページで在籍女性一覧を見てみると、表記の名前の色が違ったり、ハートや生ビールのマークがついている嬢とついていない嬢がいたりして、S着の嬢とNSの嬢の差が一目でわかるようになっています。

上記のような表現がどちらもない場合はS着店だと判断して良いでしょう。

風俗情報サイトや掲示板で男性の口コミを調べてみる

お店のホームページで確認するほかの手段としては、風俗情報サイトでS着店・NS店の情報を調べてみるという方法があります。

例えば、こちらのサイトが参考になりますよ。

こちらのサイトにまとめられている情報は、実際にそのお店を利用した男性から提供されているので、信憑性は高いと言えます。

また、こうしたサイトのほかにネット上の掲示板を見てS着店、NS店を判別するという方法も。

おおまかな見分け方としては、掲示板の口コミで

「〇〇ちゃんは3回通ったらNS可」
「S着不可避は〇〇ちゃんと〇〇ちゃん」

など、コンドーム関連の話題が多ければS着店もしくは混在店。

コンドームの話題が全くなければNS店ということになりますね。

ただ、このようなネット上の口コミは嘘が混ざっていることもあります。

特にホスラブや爆サイなどの風俗関係に特化した掲示板の場合、嘘の書き込みや自作自演は非常に多く、正直なところ真偽の判別は難しいです。

「掲示板の書き込みは50%が事実、50%がデマ」

風俗業界ではこんな風に言われているので、掲示板の情報は参考程度にとどめておいたほうが良いでしょう。

お店に直接聞いてみる

下調べの段階で仕事の際のコンドームの有無がわからない場合は、もうここは思い切ってお店に直接聞いてみるというのが得策です。

もちろん、下調べは面倒でS着なのかNSなのか早く知りたい!という方は最初からお店に聞いてもOKです。

なんといってもこの方法が最も間違いないですし、時間もかかりませんからね。

聞き方としては、下記のセリフを参考にしてみてください。

「そちらのお店でのお仕事に興味があるのですが、お仕事はゴム有ですか?」

S着店とNS店は、すぐに自分のお店がどちらなのか回答してくれるはず。

「ゴム有でも無しでもいけます」

というような微妙な返答をされた場合、そのお店は混在店ということで判断してOKです。

ただ混在店の場合、【ソープのS着・NS・NNの違いとは?】でも説明したように、場合によってはNSで働くことになってしまう可能性もあります。

絶対にS着で働きたいと考えている方は、混在店は選ばないほうが無難でしょう。

完全S着のお店って本当にゴム有りで接客できるの?

完全S着店と言っても、実はその実態は2種類。

  • お店側が管理し、徹底してコンドーム着用を義務付けているパターン…完全S着店
  • S着店としながらも、最終判断はソープ嬢に任せているパターン…仮面S着店

結論から言って、完全S着店はゴム有りの接客が徹底されていますが、仮面S着店においてのゴムの有無は個人判断に任せられている部分があります。

私はどちらのお店でも働いたことがありますので、それぞれのお店についてまとめますね。

完全S着店

まず、完全S着店ではコンドームの着用は徹底されています。

在籍している女の子はみんな平等に、完全S着という環境の中で指名をとるために奮闘しています。

「ゴム無しでできないの?」

なんて言ってくるお客さんもいますが、お店全体で徹底しているため一度断ればすぐに引き下がってくれるお客さんがほとんどでした。

絶対にS着で働きたいという女の子にとっては、とっても働きやすい環境です。

仮面S着店

S着の最終判断を個人任せにしている仮面S着店には、指名をとるためにこっそりNSする女の子がいて、それをお店も見てみぬふりで全然管理をしてくれません。

しかもこれは当然のことなのでしょうが、NSができる女の子に人気が集中してしまう傾向があります…。

絶対にS着で働きたいというスタンスの私に対して

「同じお店の〇〇ちゃんはNSでやらせてくれたよ!」

などと引き合いを出して説得してくる面倒なお客さんも多くて本当にストレスの多い環境でした。

このように、完全S着店とされていても入店してみたら実は違った…ということがあります。

自分が希望するようなお店の管理がされていないお店ではストレスが溜まってしまうので、そういった場合は店替えも視野に入れましょう。

S着店とNS店はどちらが稼げるの?

ソープは風俗の中でも最も稼げる職種ではありますが、実はS着店とNS店でお給料が違います。

どちらのほうのお給料が高いのかというと、それはもちろんNS店。

だいたいお給料はS着店の1.5倍以上にはなると考えてください。

なぜなら、NS店はS着店と比較して妊娠や性病など身体へのリスクが大きいからです。

リスクの大きさが違うのにお給料が同じでは、NS店で働くメリットがなくなってしまいますからね…。

ということで結論、S着店とNS店を比較するとNS店のほうが稼げるということになります。

ただ、S着店の人気嬢とNS店の不人気嬢で比較した場合はまた状況が違ってきます。

基本はNS店のほうが稼げますがあとは頑張り次第、というのがリアルなところです。

S着のお店でNSしたらどうなるの?

S着のお店でNSをしたらどうなるのか、と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

この疑問には、【完全S着のお店って本当にゴム有りで接客できるの?】でも紹介した完全S着店と、仮面S着店に分けてお答えしていきます。

完全S着店でNSした場合

お店が完全S着を徹底している場合にNSする嬢が出ると、その子は最悪の場合お店をクビになるかもしれません。

というのも、S着でプレイするメリットとして大きい「性感染症の予防」が、1人でもルール違反をする子がいることによって破られてしまうからです。

性病がうつったなんて噂がたてば、お店自体の集客にも関わります。

ソープを利用するお客さんは同じお店でも違う子を指名することだって全く珍しくないので、1人NS嬢がいることでお店に性感染症が蔓延してしまう可能性がありますからね…。

NS嬢がいるという噂が立つと、普段その嬢と顔を合わせる機会のないスタッフや委託された人が、お客さんとして覆面調査に入るなんてパターンもあります。

きちんとしたお店はここまで徹底しているのです…。

仮面S着でNSした場合

仮面S着店でNSしたとしても、クビになる可能性は低いです。

なぜならお店がそこまでコンドーム着用を徹底していないので、管理も厳しくなく、NSの女の子を特定することもしないからです…。

S着のお店なのにNSができるということは、NS店に行くよりも安上がり。

だからそれなりに指名のお客さんは増えるでしょう。

しかし仮面S着店は、性病検査をNS店ほど徹底していません。

こうした面でも仮面S着店におけるNSは性病のリスクが非常に高まります。

また、NS嬢に当たったお客さんが他のS着嬢に入った時に「同じ店の〇〇ちゃんはNSできたよ」と迫るなど、他の子に迷惑をかけることにもつながります。

【結論】S着のお店でNSすると最悪クビに!

まとめると、S着のお店でNSすることは

  • お店のルールを破ることになり、場合によってはクビ
  • 性病のリスクが非常に高まる
  • ほかの嬢に迷惑をかける

といったマイナスの側面しかありません。

指名欲しさにS着店でNSするのは絶対にやめたほうが良いです。

S着店でNSするよりも、NS店で働くほうが同じ行為でも単価は高いですよ。

どうせNSするなら、最初からNS店で働くことをオススメします。

S着店で働くメリット・デメリット

それでは次に、S着店で働くメリットとデメリットをそれぞれまとめていきます。

S着店のメリット

S着店で働くことの一番のメリットは、なんといってもコンドームの着用で妊娠や性病の感染のリスクをさげることができるという部分ですね。

コンドームを着用したセックスの妊娠確率は、一説によると2%。

そしてコンドームによって防ぐことができる性感染症はこんなにあります。

  • クラミジア感染症
  • 淋病
  • 膣トリコモナス症
  • HIV感染症

フェラなどのオーラルセックスで感染する病気もあるのですべての病気に有効だとは言えませんが、ほとんどの感染症はコンドームで予防できるということですね。

もちろん正しいコンドームの使用が前提ですが、コンドームはここまで妊娠と性病リスクをさげることが可能なのです。

S着店で働く場合は正しいコンドームの使用法を身につけ、この恩恵を十分に受けられるようにしましょう。

ちなみに妊娠対策としてはコンドーム着用だけでは避けられないアクシデントの可能性もあるため、私は個人的にはS着店で働く場合もできるだけピル(経口避妊薬)の服用をオススメしています。

S着店のデメリット

S着店はメリットもありますが、当然デメリットもあります。

まずS着店は、NS店と比較した時にお給料が低い場合がほとんどです。

こちらはやはり、妊娠や性病感染のリスクが低い分を考えると仕方がないところですね。

また、S着店では一部非常識なお客さんが、S着店であるにもかかわらずNSを求めてくることがあります。

断ったらすぐに引いてくれるお客さんならまだ良いのですが、中には

「追加で個人的にお金を払うから生でやらせて」

なんて言ってくるクソ客もいます。

あまりにしつこい時には、

「追加料金を私に払うくらいなら、最初からそのお金でNSのお店で遊んだほうが良いですよ♪」

くらいのことを言って断るくらいのプライドをもってS着店で働くようにしましょう。

S着店で最終的に人気嬢として残るのは、このようにきちんとルールを守っている嬢です。

S着店のNS嬢は、一時期は人気が出ますが、結局はNSに頼るせいでほかの接客技術を高める努力がおろそかになることが多いと聞きます。

S着店でNSをして人気が出たとしても、それは一時的なもので終わる可能性が高いということは知っておいたほうが良いでしょう。

NS店で働くメリット・デメリット

では次に、S着店と比較してNS店で働くメリット、デメリットを紹介していきます。

NS店のメリット

NS店で働くことのメリットは、とにかくお給料が高いところでしょう。

先述した通り、S着店と比べるとだいたい1.5倍はもらえるのが相場です。

また、NS店は比較的高級店に多いので、高級NS店の場合は客層が良いです。

私は完全S着店から高級NS店に移籍したのですが、正直客層は全く違います…。

紳士的で落ち着いたお客さんが多いので、安心して働くことができました。

それに最初からNSだということで、S着店であったようなNS要求をかわす必要もなくて気持ち的には楽でした…。

NS店は高級か激安かで大きく分かれていますが、高級NS店ではこのようなメリットもあります。

しかし激安NS店の場合はお給料もそこまで高くないうえにお客さんの層も悪い…なんてことも考えられるので注意が必要です。

お店選びの際は、NSで働くのに見合ったお給料かどうかをしっかりと確認してくださいね。

NS店のデメリット

NSのソープで働くとなると、絶対にしなければならないことが2点あります。

それがこちら。

  • ピル(経口避妊薬)の服用
  • 定期的な性病検査

これらにはもちろんお金がかかります。

ごく一部のお店ではこれらの費用を負担してくれる、ということもあるらしいですが、極めて稀だと思ってください。

たいていのお店はすべて自費で払うことになります。

また、ピルを服用すると人によっては副作用が出ることも。

  • 頭痛
  • 軽い吐き気
  • 胸の張り
  • 不正出血

これらがピルの代表的な副作用になります。

ピルを正しく服用すると、99.8%以上の避妊効果があるということは証明されています。

だからこそNS店では絶対的にピルの服用をしなければなりませんが、副作用がつらいという方にはデメリットも大きいかもしれません。

ちなみにピルだけでは性感染症の予防には一切効果がないので、ピルを服用していても定期の性病検査は必須ですよ。

結局S着店とNS店のどちらで働くべき?

ここまでS着店とNS店についていろんな角度でお話ししてきましたが、結局のところどちらのお店で働くのが良いのでしょうか?

先に結論を言いますと、どちらで働くのかはどこに重きを置くのか、というところで人それぞれ異なってきます。

でもそれでは回答になっていませんよね…。

ということで参考までに、S着店でもNS店でも働いた私の経験から、S着店とNS店を選ぶ際の判断材料になりそうなことをそれぞれまとめてみました。

S着店向け
  • NS店より給料が低いことに納得できる
  • 性感染症や妊娠のリスクを低くしたい
  • NSしようとするお客さんをかわせる
  • コンドーム着用の決まりを守れる
NS店向け
  • とにかくたくさん稼ぎたい
  • 性感染症や妊娠のリスクを受け入れられる
  • NSしたがるお客さんをかわすのが苦手
  • ピルの服用と性病検査を徹底できる

最終判断は自分になりますが、もし迷っているようでしたら、こちらを参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回はソープにおけるS着、NSについてお話ししました。

とくに、こちらの記事ではS着についてより詳しくまとめた内容になりましたが、ソープで働くことを考えている方にとって少しでも参考になるものはあったでしょうか。

ソープはとっても稼げる風俗の職種ではありますが、お店選びがとても重要で、とくにS着かNSかという部分は女の子にとって本当に慎重に決めなければならないことです。

自分がどういう稼ぎ方をしたいのか、重要視するのはどんなことなのか…。

結論を出すのは難しいポイントですが、後悔先に立たず。

自分が納得して働けるよう、S着とNSについては特によく考えてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる