MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

風俗求人の応募方法の違い!電話・メール・LINEのどれを使うべき?

今では風俗求人の応募方法は、電話だけでなくLINE、メール、風俗求人サイトの応募フォームからでも申し込みできるようになりました。

じゃあ、どの応募方法を使うのが一番いいのか気になりませんか?

結論から言うと、風俗求人サイトの応募フォームから申し込みするのが最もおすすめですが、ほかの応募方法にもそれぞれメリットやデメリットがあります。

今回は、それぞれの応募方法の違いについて詳しく解説しますので、あなたに合った応募方法を選ぶようにしてくださいね。

お店を探してる方必見!

今ならQプリから応募するだけで体験入店で1万円、面接交通費を2,000円支給してもらえるので他の求人サイトから応募するよりも圧倒的にお得!
しかも稼げる求人情報も豊富なのでおすすめのサイトです。

\登録は完全無料/

この記事の目次

風俗求人の応募方法は5種類

どの風俗店でも求人の応募方法は、だいたい下記の5つの方法で応募することができます。

  1. 風俗求人サイトからの応募
  2. 電話で応募
  3. メールで応募
  4. LINEで応募
  5. スカウトマン経由で応募

ここでは、それぞれの応募方法の違いについて解説しますね。

風俗求人サイトからの応募

風俗の求人情報を探すときは、インターネットで求人サイトを見て応募する女の子が最も多いです。

風俗求人サイトは、全国の風俗店の求人情報をひとつにまとめて掲載しているので、かんたんに求人情報を比較することができます。

働きたいお店やジャンルのほかに、細かく自分の希望条件を選択して求人情報を絞り込むことも可能。

たとえば、デリヘルを希望しているけど、

  • 個室や自宅で待機をしたい
  • アリバイ対策をしっかりやってくれるお店で働きたい

など、自分の希望に合わせて求人情報を探すことができます。

いろいろなお店と比較しながら応募することができるので、女の子にとっては事前にどんなお店なのかある程度見ることができて安心です。

この求人サイトから情報を絞り込んで働きたいお店を見つけたら、そのまま応募フォームのボタンから応募をすることができます。

電話で応募

電話でアポを取る場合も、風俗求人サイトのお店情報のページに電話番号が載っているのでそこから直接電話をすることができます。

電話で申し込む場合は、一度の電話で面接の日時まで決めてしまうことが可能。

何度もやり取りする必要がなく、場合によっては電話した当日の夜に面接を組んでくれることもあります。

急いで風俗で働きたい場合や、何度もメールなどでやり取りする時間がない場合は、直接電話してしまうのが一番早いです。

メールで応募

メールで申し込む場合は、お店のサイトに載っているメールアドレスに直接メールをします。

特に決まったテンプレートなどはありませんので、サイトを見て求人に興味があってメールしたことを伝えるようにしましょう。

その後、お店からメールの返信が届きます。

メールの場合は、求人サイトの応募フォームと同じようにお店の人と直接会話をすることなく聞きたいことを聞いたり、面接の日時を決めたりすることが可能。

電話で直接やりとりするよりも気軽に連絡することができます。

また、メールはいつでも空いた時間に返信することができるのもメリットですね。

LINEで応募

LINEで申し込みをするというのが一番女の子は気軽に応募しやすいのではないでしょうか。

メールよりもLINEでのメッセージのやり取りに慣れていますし、会話しているようにやりとりできるのもいいですよね。

LINEの最もいいところは相手がメッセージを開いたら「既読」がつくところ。

女の子にとってもお店にとっても、「既読」になれば相手がメッセージを確認してくれたことが分かります。

メールのようにいつ返事がくるか、本当にメールが相手に届いているのか不安になることがありません。

スカウトマン経由で応募

風俗店で働くときにスカウトマン経由で応募するという方法もあります。

こちらは風俗スカウトマンにお店を紹介してもらい入店する方法ですが、そもそもスカウト行為自体が法律で禁止されており違法行為にあたります。

風俗スカウトマンには悪質な人が多くトラブルが続出しているため、風俗初心者の女の子は特にスカウトマンを利用しないようにしてください。

スカウトマン経由で入店してしまうとお店を辞めずらくなることも。

余計なトラブルを避けて自分の身を守るためにも、風俗のお店で働くときは風俗求人サイト経由で応募するようにしましょう。

風俗求人の応募方法はどれが一番おすすめ?

この記事の初めにもお書きしましたが、風俗求人に応募するときは風俗求人サイトから応募するのが一番おすすめです。

それは以下のような理由があるから。

  • 直接応募するよりもさまざまな特典を受けれる
  • 匿名で応募することができる
  • お店に個人情報を知られない
  • スカウト機能を使うことができる

この中でも特に、風俗求人サイト独自の応募特典を受けることができるのはとても大きなメリットです。

たとえば、「」というサイトから応募するだけで体験入店で1万円、面接に行くと交通費を2,000円プレゼントしてもらえるのでこれを利用しなきゃ損ですね。

また風俗求人サイトなら匿名で応募することができるので、名前もニックネームで応募することができますよ。

ただし、とにかく急いで風俗バイトがしたいという女の子は、直接電話で応募したほうがいいです。

電話だと緊張してちゃんと話せない、電話している時間がない女の子はメールやLINEで応募するのもアリです。

きららのアイコン画像きらら

自分が応募しやすい方法であれば、基本的にはどの応募方法でも問題ありません。

電話応募のメリット・デメリット

ここからは電話で応募するときのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します。

お店に電話するときの注意点についても解説しますので、電話での応募を考えている女の子は目を通しておきましょう。

電話応募のメリット

電話で応募するメリットは、お店側とのやりとりが一回きりで済み、そのまま一番早い日時で面接の予約ができることです。

何度もお店とやりとりするのが面倒くさい、お店に聞きたいことなどをまとめて聞きたい女の子には電話での応募がおすすめ。

またお店の人と直接声のやりとりをするので、どんなスタッフなのか電話である程度わかるということもメリットです。

電話でのやりとりが安心感のある話し方だったり、親切で丁寧な会話をしてくれたお店のほうが面接に行くときも安心ですよね。

逆にあまりに感じが悪い対応をされた場合は、やっぱり面接をやめて別のお店を探そうと思ってしまうものです。

電話ではそういったお店の雰囲気も感じることができます。

電話応募のデメリット

電話で応募するデメリットは、やはり直接お店に電話をするというハードルの高さです。

「怖い感じの人が電話に出たらどうしよう」
「緊張して言葉が出てこない」

など、風俗バイトが初めての女の子ほど緊張すると思います。

ただでさえ、知らない人に電話するだけでも不安なのにその先が風俗となると、緊張のあまり聞いておきたいことを聞けない場合も考えられます。

もし電話で応募するのであれば、聞きたいことは事前にメモに書いておき、聞き忘れがないように準備しておきましょう。

電話応募の注意点

  • お店の営業時間内に連絡をする
  • 担当者が不在の場合がある
  • お店が忙しい時間帯は対応してもらえない場合がある

電話で応募するときにはいくつか注意点があります。

まずお店の営業時間外に連絡をしてしまうとお店にスタッフがいない可能性があります。

たとえお店にスタッフがいたとしても雑務に追われていたり、営業前の準備作業中であったりして忙しい場合もあり、営業時間外の電話は迷惑です。

電話で応募する際は、必ず営業時間内に電話をするようにしましょう。

次に、電話したタイミングによっては、ほかの女の子の面接をしている場合や担当者が休みの日の場合もあります。

この場合、電話しても面接内容について詳しく聞けないこともありますし、後日担当者から電話をするという流れになってしまうことも。

またお店の営業時間中でも、特に週末や忙しい時間帯は、電話で面接の予約ができない場合もあります。

お店側はお客さんの対応に忙しくなるので、お店が混む時間帯などを避けて電話するのが応募するときのマナーです。

メール応募のメリット・デメリット

先述したようにメールでの応募は、電話と比べるといつでも気軽に申し込むことが可能!

もちろんメールならではのデメリットも存在していますので、次はメールで風俗求人に応募するときのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メール応募のメリット

メールで応募するメリットは、やはりお店の人と会話をしなくて済むということですね。

電話よりもハードルがかなり下がるので、ちょっと気になっているけど電話でわざわざ聞きづらいということも気軽に問い合わせすることができます。

メールの場合はやりとりした内容もデータとして残すことが可能。

後から言った言わないといった揉め事になることがないのもメリットです。

また電話の場合は、電話するタイミングを見計らわなければなりませんが、メールなら仕事の合間や寝る前など空いた時間に送っておくことができます。

メール応募のデメリット

メールで応募するデメリットは、電話と違ってお店の雰囲気などが全くわからないことです。

お店の人と直接会話をしないまま面接の予約をしてしまうので、実際に会ってみるとやる気のないスタッフばかりだったということも私は実際にありました。

メールでのやりとりが何日にもまたいでしまって、面接がすぐに受けれないこともデメリットのうちのひとつ。

基本的にお店側も空いた時間にやりとりすることになるので、返事が返ってくるのにどうしても時間がかかってしまいます。

メール応募の注意点

  • 誤字脱字に気をつける
  • タメ口は禁止
  • 返事はすぐに返ってこない

メールで応募するときに誤字脱字が多いとメールが読みづらくなり、返信に時間がかかってしまうことがあります。

メールの内容がきちんと伝わらないと、お互いのやりとりがちぐはぐになってしまうこともあるので注意しましょう。

またタメ口のメールを送ることは厳禁です。

メールだと気軽に応募することができますが、あくまでも雇用関係を結ぶかもしれない相手であることを念頭にメールを送りましょう。

突然届いたメールにタメ口で「バイトしたいんだけど?」って書かれていたらお店のスタッフも嫌な気持ちになりますよね。

そしてメールの場合は、相手も仕事の合間に返信作業をしています。

お店が忙しい場合や、担当者がお休みだった場合は連絡が後日になることを覚えておいてください。

LINE応募のメリット・デメリット

LINEでの応募は、メール以上に気軽に応募することができてブロック機能を使えるのがポイント。

続いてはLINEで風俗求人に応募するときのメリット・デメリットについてもわかりやすく紹介します。

LINE応募のメリット

LINEで応募するメリットは、もし危ない勧誘をしてくるような詐欺まがいのお店だった場合にブロックすることができる点です。

またLINEのアカウント名だけでやりとりができるため、電話番号や住所、メールアドレスを教える必要がなく個人情報を守ることも可能。

ブロックさえしてしまえば連絡をとる手段がないので、万が一のときでも安心してお店とやりとりすることができます。

メールよりもさらに気軽にメッセージを送ることができるので、風俗で働こうか迷っている女の子でもあまり迷うことなく問い合わせすることができますよ。

LINE応募のデメリット

LINEで応募するデメリットはメールとほぼ同じです。

LINEのみではお店の雰囲気は全くわかりませんし、メッセージを何度もやりとりする必要があるので、面接の日時を決めるのに時間がかかってしまいます。

早く面接をしてもらいたい場合は、LINEで応募するのは避けたほうがいいでしょう。

LINE応募の注意点

  • タメ口は禁止
  • すぐに既読にならなくても何度もメッセージを送らない

LINEはメールと同じで気軽にやりとりすることができますが、風俗求人に応募するときはタメ口を使わないようにしましょう。

友達感覚でLINEを送ってしまいがちですが、丁寧でわかりやすい文章になるように心掛けてください。

また既読がつかないと何度もスタンプなどを送ってしまう女の子も多いですが、お店側は営業時間の合間に返事をするので既読がつくまでジッと待つことも大切です。

しばらく既読にならなくても、お店から連絡がくるのを待つようにしてくださいね。

風俗求人に応募するときのベストなタイミング

風俗求人に応募するベストなタイミングは応募方法によって違います。

先述したとおり、お店の営業時間内に電話で応募することが最短で働く方法です。

もし電話で応募する場合は、平日の日中などお店が比較的空いている時間帯に電話するのがおすすめです。

電話応募をするときは、週末やお店が忙しくなる時間帯は外すように心掛けてください。

また電話応募の注意点でも書きましたが、営業時間外に電話してもスタッフが不在であったり、営業前の時間帯は準備で忙しかったり、営業後は雑務で忙しかったりします。

営業時間外に電話することで非常識だと思われてしまうこともあるので気をつけましょう。

ちなみに風俗求人サイトからの応募、メールやLINEで応募する場合はいつ応募しても問題ありません。

お店の担当スタッフの手が空いているときに確認して返事をくれます。

きららのアイコン画像きらら

電話応募のときと違って、営業時間などを気にしなくていいのでこちらのほうが連絡しやすいですね。

風俗店から写メを要求されたらどうしたらいい?

メールやLINEで応募する場合、写メを送ってほしいと要求されることがあります。

もしお店側に写メを要求されたら、スマホで自撮りをして送りましょう。

あまり加工しすぎると、別人すぎて無意味になってしまうので、普段のメイクで上半身(真正面)が写っている写メ、そして全身が写っている写メを撮影してください。

できるだけ体のラインがわかるものだとなお良し!

巨乳の女の子なら胸元が強調されている服装、足が細くて自信があるならできるだけ足を露出したミニスカートなどで撮影するのがおすすめです。

何年も昔の写メでは現在とイメージが違う場合もあるので、数日以内に撮影した写メを送るようにしてくださいね。

写真の撮り方や自撮りテクニックについては次の記事で詳しく解説しています。

ちなみに応募するときになぜ写メを要求されるかというと、面接をする前にその女の子がお店のコンセプトに合っているかどうか確認するためです。

たとえば、巨乳の女の子を募集しているのに胸の小さい女の子が応募してきたら面接する意味がないですし、お店側もわざわざ面接するのも手間ですよね。

メールやLINEで応募するときに必ず写メを要求されるわけではありません。

しかしお店のコンセプトが清楚系、ギャル系、巨乳専門、ぽっちゃり系などハッキリしている場合は写メを要求される確率が高いです。

スリーサイズを聞かれたときの対処法

風俗求人に応募するときに身長や体重、スリーサイズを聞かれることもあります。

これも写メと同じように、お店のコンセプトに合っているか前もって確認する意味合いがあります。

この時に注意すべきポイントは次のとおり。

  • 正直に答える
  • 体の不安な点は先に申告しておく

もしスリーサイズなどを聞かれたら、とにかく分かっているものは正直に答えましょう。

嘘をついて体重やスリーサイズなどを誤魔化しても面接の段階で大体バレてしまいます。

また、体に大きなタトゥーや傷跡がある場合は先に申告しておくことも重要。

お店によってタトゥーや傷跡は全く問題ない場合もあれば、傷跡は仕方がないとしてもタトゥーはお店のイメージと合わないので禁止しているお店もあります。

タトゥーがあることを隠していたことがわかるとあなたの信用がなくなってしまい不採用にされてしまうことも。

風俗は身体を見せる仕事なので、嘘をついたところですぐにバレてしまいます。

嘘をつくよりも正直に相談することで解決できる場合もあるので、お店にはどんな些細なことでも嘘をつかないようにしましょうね。

まとめ

今回は、風俗求人の応募方法の違いについて解説しました。

最近では、風俗求人サイトの応募フォームから申し込むのが一般的となっています。

風俗求人サイト独自の応募特典を受けることができるだけでなく、自分の個人情報も守ることができるからです。

ただし、すぐにでも働きたいという女の子は、電話で直接やりとりするとスムーズに面接まで進むことができます。

それぞれの応募方法のメリットやデメリットを理解した上で、自分に合った方法で風俗求人に応募するようにしてくださいね。

おすすめ風俗求人サイトTOP3

おすすめ風俗求人サイトTOP3

数ある風俗求人サイトの中でも、特に安全性が高くておすすめなのが次の3つのサイトです。

優良な店舗のみ掲載されている上に、ほかの風俗求人サイトにはない機能や特典もあるので実際に私もよく利用しています。

お店探しに失敗したくないという方はこれらのサイトを使っておけば間違いありません。

今ならQプリから応募するだけで体験入店で1万円、面接交通費を2,000円支給してもらえるので超おすすめ!
信頼性が高く、稼げる求人情報も豊富なのでお店探しをするときに絶対に登録しておくべきサイトです。

\ 現金1万円をゲット /

今ならQプリから応募するだけで体験入店で1万円、面接交通費を2,000円支給してもらえるので超おすすめ!
信頼性が高く、稼げる求人情報も豊富なのでお店探しをするときに絶対に登録しておくべきサイトです。

\ 現金1万円をゲット /

スカウト機能に登録しておけば、30分以内に面接・体入ができるお店を探せる機能を使えるので超便利!
風俗求人情報が充実しているのはもちろんのこと、交際クラブやメンズエステなどの求人情報も多いのが特徴です。

\ スカウト機能が便利 /

ぴゅあじょの「今日働きたいアピール機能」を利用すれば、今すぐ働けるお店からスカウトしてもらえます。
大至急お金が必要な女の子はすぐにでもこのサイトに登録しておきましょう。

\ 今すぐ働きたい方必見 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる