MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

風俗の面接に受かる服装・髪型まとめ!身だしなみのポイントを解説

今回は、どんな服装や身だしなみ、メイクであれば風俗の面接に合格できるのか私の実体験をまじえながら紹介していきます。

結論から言って、風俗の面接では清潔感のある服装や身だしなみなどがとても重要!

風俗の面接を受けるにあたって、

「どんな服装なら受かりやすいのかな?」
「髪形や身だしなみのポイントが知りたい」

こんな思いを持っている女の子のためにこの記事を書きました。

きららのアイコン画像きらら

面接に合格できるかどうかを決める大切なポイントばかりなので、しっかりと確認してくださいね。

この記事の目次

風俗の面接で大切なのは身だしなみ

風俗の面接に行くとまず最初に確認されるのが身だしなみ。

身だしなみが整っているかそうでないかは、面接の合否を分けるといっても過言ではありません。

押さえるべきポイントをひとつずつ解説していきます。

メイク

風俗の面接を受ける際のメイクは、とにかく清潔感とナチュラルさを重視しましょう。

なぜなら、清潔感のあるナチュラルメイクは客ウケが抜群であり、面接担当者にも好まれるメイクだからです。

ギャル系・痴女系など濃いメイクが喜ばれるようなコンセプト店でない限りは、濃すぎず薄すぎないナチュラルメイクを目指すようにしてください。

女子アナのような雰囲気のメイクができれば合格率はかなり高くなります!

ひとつ押さえておくべきなのは、ナチュラルメイク=すっぴんではなく、血色感や肌質がアップし魅力が倍増するようにしっかりと作りこまれたメイクだということ。

たまにナチュラルメイク=すっぴんと勘違いしている方もいますが、すっぴんで面接を受けに行くのは絶対にNGなので注意してくださいね。

髪型・髪の色

風俗の面接に受かるためには、髪型や髪の色もとても大切です。

女性の髪というのは女性らしさを象徴するものであり、女性らしくキレイな髪の毛であるに越したことはありません。

また、在籍写真を撮るときに髪の毛は自分の魅力をアピールする大切なパーツになります。

当然ながら面接時にチェックされることになるので、髪型や髪の色にも気を配るようにしましょう。

  • 奇抜すぎる
  • ボーイッシュすぎる
  • 手入れされていない
  • 清潔感がない

逆に、上記のような髪は面接のときにマイナスの影響を与えてしまうので、面接前に直すことをおすすめします。

服装

風俗の面接を受ける際の服装は、身体のラインが分かりやすいものを選びましょう。

女性らしさや清潔感も同時にアピールできればなお良いので、ワンピースやツーピースのタイト目なスカートを選ぶのが理想です。

自分のスタイルに自信が持てない女の子は、身体のラインがわかりにくいダボっとした服装を選びがち。

しかし実はこれは逆効果で、サイズの大きい服は身体をさらに大きく見せてしまいます。

多少ぽっちゃりの方でも、タイトな服を着ることによってグラマラスに見える効果がありますよ。

また、色を工夫することによって相手に与えるイメージのコントロールができるという点でも服装は重要。

白の入った明るいカラー清純さ
黒の入った暗めなカラー落ち着き
赤や紫系のカラー妖艶さ
青や緑系のカラー知性

このように色にはイメージがあるので、自分がアピールしたい部分を強調するような色の服を選ぶと良いでしょう。

匂い

見た目ではわからない匂いも、風俗の面接の際にはチェックされます。

風俗の仕事は相手と密着する接客業であり、匂いに問題があるのは絶対にNGだからです。

  • 体臭
  • 口臭
  • 頭髪の匂い
  • 香水の有無

面接のときにはそれとなく、上記の点がチェックされています。

体臭や口臭は体質、病気などによって自力ですぐに直せないものもあるでしょう。

しかし、シャワーを浴びたりしっかりと歯磨きをしたりして、自分で防げる体臭は必ず対策してください。

ボディソープやシャンプーの香りに気を使う、口臭予防に効果のある歯磨き粉を選ぶなど自分でできることから始めましょう。

香水については好みの問題があるので、ボディソープやシャンプーの自然な香りがベスト。

普段使っていたとしても、風俗の面接の際には付けないほうが無難です。

風俗の面接に受かりやすい服装

それでは、風俗の面接に受かりやすい服装についてさらに細かく解説していきます。

女性らしい服装

風俗の面接に受かりやすい服装として、まず女性らしい服装が挙げられます。

やはり風俗店で働くにあたって女性らしさが求められるからですね。

面接の際に女性らしい服装でアピールすることができれば、採用される確率はグンッと上がります。

ちょっとおしゃれをしてデートに行くときの服装を思い浮かべてみてください。

派手すぎず地味すぎず、でも華やかさを感じるような雰囲気の服装がベスト。

露出しすぎない若干の肌見せでセクシーさも出しましょう。

  • ニット素材の服
  • ワンピース
  • スカート
  • ヒールのある靴

上記のアイテムは女性らしさをしっかりと出すことができます。

またリボンやフリル、レース、花などのモチーフをほど良くあしらっている服はさらに効果が倍増ですよ!

ぜひ、服装選びの参考にしてくださいね。

清潔感のある服装

すでに上でも書いたように、風俗の面接では清潔感のある服装がとても大切です。

露出の激しい服装は、どうしても清潔感にかけて見えてしまうので要注意。

例えばスカートであれば、短くても膝丈か膝より少し上くらいの丈に抑えましょう。

それ以上は清潔感、品のよさ共にかけた印象を与えてしまいます。

カジュアルすぎる服装も、プライベートでは良いのですが風俗の面接となると清潔感が不足しがち。

ダメージジーンズやサンダルなどのアイテムは避けるのが無難です。

ただし、だからといってスーツやジャケットのような企業面接の際に着るような服装もNG。

服装が硬すぎますし、清潔感がありすぎるのも風俗の面接では良くないからです。

程よい清潔感を狙った服装で、なおかつ汚れやシワ、ほつれがないかチェックして面接に臨みましょう。

可愛らしい色の服装

可愛らしい色の服装は、女性の魅力をアップさせるので風俗の面接にはおすすめです。

ちなみに可愛らしい色といえば、やはりパステルカラー。

パステルカラーとは赤や青、黄色などの原色ではなく、白が混ざったような淡い色のことです。

パステルカラーはふんわりとした優しい印象を与え、守ってあげたくなるような可愛らしい女性を演出してくれます。

ただし体型が気になる、体型をカバーしたいという方はパステルカラーを取り入れる際に注意が必要!

なぜなら、淡い色であるパステルカラーは膨張色。

取り入れ方によっては気になる体型、カバーしたい部分をより一層強調してしまう可能性があるからです。

もしぽっちゃり体型の女の子がパステルカラーの服を身につける際は、縦長に見えるような柄やデザインの服を選んだり、アクセサリーで縦長のラインを強調したりといった工夫をしましょう。

工夫さえできればパステルカラーは万能です。

風俗の面接では派手な色や柄は避けて、可愛らしい印象を与えられるようにしましょうね。

面接に行くときのコーディネート例

ここからは、風俗の面接に行くときのおすすめコーディネートやアイテムの紹介をしていきます。

なかなか具体的なイメージがつかないという方でも、実際の写真で見れば面接の際の服装選びにおいて大きなヒントになるはず。

ということで、一緒にチェックしていきましょう!

ワンピースコーデ

出典:Instagramより

まずは私が一番おすすめしたいワンピーススタイルから。

こちらは清楚系代表の、白ワンピース。

シンプルながら男ウケ抜群の花柄で、可愛らしさも十分です。

出典:Instagramより

姉系のコーディネートですが、細かく入ったリブや素材が女性らしさ抜群。

露出は少ないものの透け感のある生地でセクシーさもあります。

スカートコーデ

出典:Instagramより

風俗の面接に行くときは、もちろんワンピース以外のスカートでもOK。

こんなコーディネートが風俗の面接では印象が良いですよ。

こちらはトップスのパステルカラーが可愛らしく、タイトで身体のラインもばっちり。

白のレーススカートで可愛さアップ、そして清潔感もたっぷり感じられます。

出典:Instagramより

こちらは緩めのトップスですが、ストンと落ちる生地質なのでスレンダー効果あり。

さらにスカートでいったんウエストラインを引き締め、セクシーさも十分ですね。

風俗の面接で受かりやすい服装のイメージはついたでしょうか?

紹介したコーディネートを参考に、自分に似合うものを探してみてくださいね。

風俗の面接時に着てはいけない服装

次は、風俗の面接に行くときに着てはいけない服装について詳しく解説していきます。

下記のような服装で面接に行くと印象が悪くなるので気をつけましょう。

  • ラフすぎる服装
  • カジュアルすぎる服装
  • 露出度の高い服装
  • 個性的すぎる服装
  • 堅すぎる服装
  • スニーカー

ラフすぎる服装

風俗の面接において、あまりにラフすぎる服装はNGです。

例えば、次のような服装はだらしない印象を与えてしまうため、絶対に避けるようにしてください。

  • ジャージ
  • スウェット
  • ビーチサンダル
  • クロックス

風俗の面接には清潔感や女性らしさ、可愛らしさが大切だということはお話ししましたが、上記の服装ではまさに正反対。

「どうせ風俗の面接なんだから、多少だらしなくても落ちることってないんじゃない?」

このように考えている女の子は意外と多いですが、風俗の面接だからといってだらしない印象を与える服装で良いと考えているのは間違いです。

むしろこれは、仕事に対して真剣に考えていないと思われてしまうため、面接に落ちる原因となります。

カジュアルすぎる服装

風俗の面接ではカジュアルすぎる服装も避けたほうが良いです。

カジュアルすぎる服装とは具体的に、

  • トレーナー
  • パーカー
  • ダメージジーンズ
  • ハイブリーチジーンズ

などが当てはまります。

普段着でこうした服装をしているのは全く問題ないですし、むしろ男性の好感度も高いかもしれません。

しかし、残念ながら風俗の面接というシチュエーションに向いている服装なのかといえばそうではないんですよね。

カジュアルすぎる格好で面接に挑むと、

「この子は合格して頑張ろうという気持ちが薄いのかな?」

と思われてしまうので注意しましょう。

ダメージジーンズやハイブリーチジーンズにいたっては、清潔感にかけた印象を与えてしまうこともあります。

露出度の高い服装

露出度が高い派手な服装も、風俗の面接ではやめておきましょう。

風俗という職業柄、露出が多ければ多いほどセクシーで面接向きなのではないかと考えている方は少なくありません。

しかし、意外と風俗の面接は露出度の高い派手な服装は良い印象を持たれないのです。

というのも、風俗を利用するお客さんはあくまで「普通の女の子」「清楚な女の子」と遊びたいという方が多いから。

派手で露出の激しい服装を着こなす女の子とは正反対のタイプが好まれるのです。

このような理由もあり、風俗の面接だからといって安易に露出の激しい格好をしていくのは絶対にNG。

面接を受けるお店がギャル系や痴女系などの派手な女性をコンセプトにしている場合を除き、露出は控えめにしておきましょうね。

個性的すぎる服装

風俗で働こうと思っている女の子の中には、ロリータやパンク、B系ファッションなどの服装の趣味がある方もいるかもしれません。

しかし、普段そういった格好をしていても面接のときは控えましょう。

風俗の面接でプライベートの個性や趣味をアピールする必要はありません。

むしろ個性が強すぎると、面接担当者もあなたがお店の雰囲気やコンセプトに合った女の子なのか判断することができずに困ってしまうでしょう。

個性的すぎる服装では面接の合格率は上がりません。

プライベートと仕事ははっきりと分けるようにしてくださいね。

堅すぎる服装

一般企業の面接はスーツなどの堅い服装で挑むのが一般的ですが、風俗の面接では堅すぎる服装をしていくのは逆効果。

風俗求人に応募するとたいていは「面接時は普段着でお越しください」と言われます。

これはなぜなのかというと、お店側は普段のあなたの雰囲気を面接で確認したいと思っているからなんですよね。

風俗は1対1で男性と関わる仕事なので、女の子の普段の雰囲気がお客さんにそのまま伝わります。

だからこそ、お店は採用の合否を決めるときに普段の雰囲気を確認したいわけです。

仮に、なんらかの事情でスーツで面接に行かなければならない場合は、事前にお店の人にその旨を伝えておくようにしましょう。

スニーカー

日常生活のオシャレとしてスニーカーは一般的ですが、風俗の面接の際には避けましょう。

スニーカーはどうしてもカジュアル要素が強いものなので面接には向きません。

できれば少し高めのヒールや細いヒールを履いて面接に臨むのがおすすめです。

もちろんヒールの靴なら何でもよいというわけではなく、

  • 汚れていないか
  • ヒールが削れていないか
  • 傷んでいないか

などチェックしてくださいね。

オシャレは足元からという言葉もあるように、風俗の面接担当者は足元も含めて全体を見ているからです。

風俗の面接時は、服装だけでなく足元にも注意しましょう。

風俗の面接で受かりやすいヘアスタイル

先述したとおり、風俗の面接では髪型・髪の色も合否に影響を与えます。

面接で受かりやすい髪形と髪の色についてまとめましたのでチェックしていきましょう。

女性らしい髪型

風俗の面接に行くときの髪形は、女性らしく基本的に男性のような短髪でない限りは問題ないです。

ただ男性ウケの良い髪形は知っておいて損はないので紹介すると、

  1. ストレートロング
  2. ゆるふわパーマロング
  3. ボブ

この3つの髪型が男性人気のある定番のヘアスタイルです。

まずはサラサラのストレートロングですがこちらは年代問わず、男性が憧れる女性の髪型。

緩いパーマをかけたロングヘアもかわいらしさがあって人気が高く、アレンジもしやすいのでおすすめです。

またボブはまるみを帯びたシルエットが女性らしく男性ウケ抜群ですよ。

ただし、いくら女性らしく男性ウケの良い髪型であっても、

  • 傷んでボサボサになっている
  • きちんとセットしておらずだらしがない

こうなってしまうと印象が良くないので注意が必要。

前日にトリートメントするだけでもボサボサ感はだいぶ消すことができるので、ぜひ試してみてください。

また当日は時間に余裕を持ち、しっかりと髪をセットして面接に臨みましょう。

髪の色は黒髪・ダークブラウン

風俗の面接で合格しやすい髪の色は、黒髪やダークブラウンなどの落ち着いた色です。

風俗を利用するメインの年齢層は30~50代の男性。

こうした年代の男性は、派手な髪色や奇抜な髪色を苦手とする方が多いです。

一般的な風俗のお客さんは普通の女の子、清楚系の女の子を好む傾向が強いので、黒髪やダークブランの髪色がやはり面接に合格しやすいですよ。

素人女性を専門としている風俗店では、特に髪の色についても厳しいことが多いので注意してくださいね。

風俗の面接で受かりやすいメイク

風俗の面接で受かりやすいメイクの条件はたった2つ。

  1. 年代にふさわしいメイクであること
  2. ナチュラルメイクであること

この2つの条件を守るだけで、面接時の印象がかなり良くなります。

順番に解説していきますね!

年代にふさわしいメイクであること

年齢が若いのにも関わらず若さを活かしていないメイク、はたまたある程度の年齢であるにも関わらず10代がするようなメイクでは印象がダウンしてしまいます。

面接に挑むにあたっては、年齢に合ったメイクを研究しましょう。

ナチュラルメイクであること

またナチュラルメイクのように清潔感や透明感のあるメイクが理想です。

何度も繰り返しになりますが、風俗を利用する男性にとって、風俗嬢に求めるものとして最も大きいのが清潔感だからです。

ただし、しつこいようですがナチュラルメイク=すっぴんではないということは、絶対に忘れないでくださいね。

すっぴんで面接に行くのは「合格する気がありません」と言っているようなもの。

男ウケの良いナチュラルメイクをしていけば風俗の面接の合格率は格段に上がりますよ!

風俗嬢のメイクに関しては次の記事が参考になるので、ぜひこちらの記事を読んで面接の際のメイクを工夫してみてくださいね。

風俗の面接って裸にならないとダメなの?

風俗の面接と聞くと、もしかしたら裸にならないといけないの?と不安をお持ちの方も多いと思います。

結論から言うと、面接で裸にならないといけないかどうかというのはお店によって違いがあります。

ただし、多くのお店では服を脱いだ上でのボディチェックが行われるということは覚えておきましょう。

強制的に裸にされることはありませんが、ほとんどのお店で面接時のボディチェックは必須。

なぜかというと、お店のスタッフが下記を確認して合否を決定するためです。

  • タトゥーの有無
  • 妊娠線の有無
  • リスカ痕や傷跡の有無

残念ながらお客さんはタトゥーや妊娠線の有無などを気にするので、事前にお店が知っておく必要があるわけですね。

身体の事情は個人的なものなので仕方ないことです。

しかし、お店に黙っていてお客さんからクレームが入れば、お店自体の評判を下げてしまうことにつながりかねません。

ボディチェックは風俗店が女の子を雇う上で重要な過程なのです。

事情があってどうしても裸になりたくないという場合は面接をあきらめて帰る、もしくは数少ないボディチェック無しのお店を探すしかありません。

面接で裸になることに抵抗を持つ女の子は多いと思いますが、風俗という業種的に必要なことなのだと理解しましょう。

面接では第一印象・好感度が何よりも重要!

面接は第一印象で9割決まると言われるくらいに、初めて会う相手に最初に与える印象というのは大切です。

第一印象でどこまで好感度を高くできるかどうかが、合否に直接関係してきます。

では第一印象・好感度がどこで決まるかと言えば、それはここまで詳しく解説してきた服装などの見た目です。

  • 服装は男性ウケを一番に考えたものになっているか
  • シワや汚れ、穴やほつれは無いか
  • 匂い対策は万全か
  • 髪の毛は暗いトーンできちんとセットしてあるか
  • メイクはナチュラルメイクで仕上げてあるか

面接に向かう前に上記の内容をしっかりチェックしてください。

面接官と会った瞬間に少しでも「うちの店で働いてもらいたい」と思ってもらえるよう、身だしなみには細かく気を配りましょう。

また面接においての受け答えも当然大切ではありますが、風俗の面接はまず見た目の第一印象が最優先されます。

受け答えがどんなにすばらしくとも、身だしなみがお店のレベルに達していない場合は面接に落ちるのが現実。

しかし逆に言えば、第一印象が良ければ面接に落ちることはなく、入店後も優先してお客さんを付けてもらえるなど、お店に大切にしてもらえるといったメリットもあります。

自分が面接を受けるお店のコンセプトやナンバー嬢を研究し、そのイメージに寄せていけばさらに第一印象は良くなるのでぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は、風俗の面接を受ける際の服装や髪型について詳しくまとめました。

風俗の面接はとにかく第一印象が命。

男ウケが良いこと、そして清潔感があることがとても大切です。

もし余裕があれば、自分が働きたい風俗店のコンセプトや人気嬢について下調べし、イメージを寄せていくとさらに面接の合格率は上がります!

この記事をぜひ参考にして風俗の面接に挑んでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる