MENU
カテゴリー
プロフィール背景画像
夢咲きららの画像
夢咲きらら
デリヘル嬢
都内デリヘルのランカー嬢。風俗の仕事はひと通り経験しており、たまに出稼ぎにも行ってます。20代のうちに貯金5,000万円ためるのを目標に頑張ってます(´,,•з•,,`)
おすすめ風俗求人サイトをチェック

18歳・19歳でも働けるソープを紹介!10代でも勤務可能な地域まとめ

今回は、若くしてソープ嬢を目指す女の子たちのために、

「10代でも働けるソープはどこにあるの?」
「一部のソープで18歳や19歳が働けない理由は?」

このような疑問を中心にお答えしていきたいと思います。

実は風俗バイトの中でも、ソープランドだけは他の風俗店とは異なり、18歳や19歳の女の子が働ける場合とそうでない場合があるのです。

ソープの面接に必要な書類などについても解説していますので、ソープで働いて稼ぎたいと考えている10代の女の子は必見です。

この記事の目次

10代の女の子がソープ嬢になる方法

10代の女の子がソープ嬢になるためには、以下の点をクリアしなければなりません。

  1. 18歳・19歳でも勤務可能なソープのある地域を選ぶこと
  2. 公的な書類を提示したうえで、採用してもらうこと

10代から風俗系の仕事をしたいと考える女の子は意外と多く、若さを売りにたくさん稼いでいる方も実際にたくさんいます。

基本的に高校生を除く18歳以上であれば、風俗で働くことができますからね。

しかしこの記事の冒頭でも書いたとおり、風俗の中でもソープだけは少し特別で、10代の女の子が働けるお店とそうでないお店があるということを知っていましたか?

ソープ嬢を目指す場合は、18歳以上であっても10代である限り働けないパターンがあるので注意が必要です。

①については次の項目から、②については最後の項目で詳しく説明しますね。

18歳・19歳の女の子が働ける地域

ソープランドは全国各地域の条例によって、その地域で営業できるかどうか定められています。

10代の女の子でも働くことができるのは、ソープの営業が許可されているエリアの中でも決まったエリアだけとなるのを覚えておいてください。

ここからは、18歳や19歳でも働くことのできるすべてのエリアについて解説していきますね。

札幌/すすきの

北日本最大の繁華街、すすきの。

北海道札幌市中央区の中の、一部エリアを指す名称です。

すすきのには多くの飲食店や飲み屋、風俗店が密集しており、ソープも営業しています。

全国的に見ても、「飲み屋街」と「風俗街」が分かれず一つのビルに飲食店から風俗店までが入っているような繁華街は非常にめずらしいです。

すすきののソープは高校生を除く18歳以上であれば勤務することが可能。

また、どちらかというと若い子が働きやすいようなコンセプトのソープが多いため、若い子が働くにはおすすめの地域です。

メイド服で接客したり、アイドルのような制服で接客したりするようなお店がありますよ。

もちろん客層的にも若い子を求めている方が多い傾向にあるので、10代がすすきので働くと人気が出る可能性が高いでしょう。

千葉/栄町

栄町は千葉県千葉市中央区にある風俗街。

ソープランドの数もそれなりに多く、高校生を除く18歳以上の方は働くことができます。

栄町も、10代の女の子がソープデビューを果たすには比較的向いているエリアだと思います。

なぜなら栄町エリアはソープランドが営業できるエリアとしては比較的新しく、若くて風俗未経験の女の子でも働きやすい環境が整っているからです。

特徴としては、単価の安いソープが多いということ。

ただ、未経験の子が突然高級店で働くというのは敷居が高いと思いますので、栄町エリアに多い中級や大衆向けのようなお店で修行すると良いかもしれませんね。

ちなみに栄町エリアは30代以上の女性が働くようなお店もたくさんあるので、お店選びは慎重に行いましょう。

若い子が多いお店のほうが、お給料のバック率が良いところも多い傾向にありますよ!

埼玉/川口

埼玉県の川口市内にもソープランドがあり、高校生を除く18歳以上の女の子であれば働くことができます。

川口市は埼玉の中でもとても東京に近いので、利便性の高さも魅力的。

西川口に風俗店が集まっていて、関東では有名なエリアとなっているのです。

ファッションヘルスが非常に多い風俗街ですが、ソープも人気が高いですよ。

西川口のソープは若い女の子を集めているお店が多くあり、その中でもさらにギャル系専門店や素人系専門店などジャンルが分かれています。

若い子が稼ぎやすいお店が多いのが特徴ですが、自分に合ったジャンルのお店を選んで入店すればより効率よく稼ぐことができます。

事前にしっかりとお店の下調べをしておきましょうね。

水戸/天王町

茨城県水戸市にも風俗店が集まっているエリアがあります。

天王町というエリアなのですが、ここには10店舗ほどソープランドが営業しており、高校生を除く18歳以上の女の子であれば働くことが可能となっています。

このエリアのソープは、若い子が中心のお店というよりも、年齢層を広く採用しているお店が多いですね。

ただ、年齢層関係なく比較的女性のレベルが高いということで、ソープ好きな男性の中では評判が高いエリアでもあります。

ということで、採用の基準も若干高い傾向があります。

地元の女の子というより出稼ぎに来ている別の地域の女の子が多いので、出稼ぎ嬢への対応も良いと評判です。

埼玉/大宮

埼玉県は川口だけでなく、さいたま市の大宮にも風俗街があります。

こちらのエリアも、高校生を除く18歳以上の方は働くことができます。

大宮のソープランドの特徴としては、東京や群馬、栃木など近郊エリアから働きに来ている女の子が多いということ。

大宮は近郊からのアクセスがとても良いからですね。

大宮近郊に住んでいて、ソープで働きたいけれど身バレが怖いという学生さんなどからは、とても人気の高いエリアとなっています。

若い女の子が働きやすいお店から熟女店まで、バラエティ豊かなお店が多くありますよ。

滋賀/雄琴

滋賀県大津市の中に雄琴と呼ばれるエリアがあるのですが、ここはソープ街としてとても有名です。

雄琴温泉という温泉を中心に、ソープが30店舗以上営業しているのです。

ひと昔前はなんと50店舗以上のソープが立ち並んでいたと言います。

雄琴の特徴は高級店が多いということ。

雄琴でも、ほとんどのお店で高校生を除く18歳以上の女の子は働くことができますが、どちらかというと熟練でテクニックのある女性が人気のエリアです。

雄琴で働くとなると若いからと言って一概に人気が出るとは言えないので、それなりにテクニックを磨いていく必要があるという点は覚えておきましょう。

和歌山/新雑賀町

和歌山県和歌山市の新雑賀町にはソープ街があります。

このエリアでも、高校生を除く18歳以上の女の子であれば働くことができますよ。

ただ、このエリアはお店によって女性のレベルにかなり差があるということで有名。

入店するお店はよく吟味しましょう。

せっかくの若さを生かして稼ぎたいのであれば、ある程度人気のあるお店を選んだほうが良いと思います。

また、実はこのエリアは、レベルの高い女性ほど、近郊のソープ街である滋賀の雄琴や神戸の福原に流れてしまうという噂が利用客の間では浸透しています。

なので、それを逆手にとって「若くてレベルの高い嬢が新雑賀にもいる」という形で一発大人気を狙うのも良いかもしれません。

神戸/福原

兵庫県神戸市の福原というエリアは、関西でも有名な風俗街があります。

滋賀の雄琴と並び、神戸の福原と言えば関西二大ソープランド街として名を馳せる存在。

福原でも、高校生を除く18歳以上の女の子が働くことのできるお店がほとんどです。

ただ、もし福原のソープで働きたいという方は、お店選びは慎重に行いましょう。

福原のソープは、高級店の中にNS(ノースキン、要はコンドーム無し)のお店やNN(生中出し)のお店が含まれています。

初めて働くソープがNSやNNというのはかなり勇気がいると思いますので、未経験の方にはあまりおすすめできません。

しっかりとゴム有のお店でノウハウを身につけてから、もっと稼ぎたいという場合にNSやNNのお店を検討するようにしたほうが良いと思います。

広島/薬研堀

広島には、中国地方最大級と言われる規模でソープランドが存在しています。

その多くは、薬研堀というエリアに集結。

すべてではありませんがほとんどのお店で、高校生を除く18歳以上の女の子は働くことが可能です。

広島のソープは全国的に見てもコース料金が良心的で、集客に関しては心配ないということでソープ嬢からも稼ぎやすいと人気のエリアです。

全部で15店舗ほどのソープがありますが、どのお店も比較的若い女の子が多く働いていますよ。

短時間のコースを設定しているお店が多いため、回転が良ければかなり効率的に稼ぐことができます。

ただ、未経験から働き始めた場合は、短時間のコースに慣れるまで少し大変かもしれません。

広島のソープで効率よく稼ぐためには、時間配分を早くマスターできるようになることがポイントです。

香川/高松

香川県高松市にはソープランドが20店舗近く営業していて、10代の女の子でも高校生を除く18歳以上であれば働くことができます。

ちなみに高松市の中でも、城東町というエリアにそのほとんどのソープが集結している状態。

ここまで紹介してきた10代でも働けるソープがあるエリアは、比較的アクセスのよいところばかりでした。

しかし城東町に関しては駅から歩くと結構な距離があります。

もし面接を受けるということになれば、駅まで迎えに来てくれるというお店も多いです。

若い女の子ばかりが在籍しているというお店も多いので、18歳や19歳の女の子であっても働きやすいのではないかと思いますよ。

徳島/秋田町

四国の中では、香川以外に徳島にもソープがあります。

香川と比較すると数は少なくなるものの、6店舗のソープが営業していますよ。

どのお店も、高校生を除く18歳以上の女の子は働くことが可能です。

高級店はなく、すべてのお店が同じくらいの価格設定になっているので、稼ぎたい場合はより集客の安定したお店を選ぶ必要があります。

6軒すべてのお店が価格設定は同等であるものの、評判がそれぞれ大きく異なるというのが徳島のソープの特徴。

せっかく18歳や19歳と若い年齢で働くならば、評価の高いお店を選んで働くのがおすすめです。

福岡/中洲

福岡県福岡市博多区には、中洲という繁華街エリアがあります。

飲食店や飲み屋さん、風俗店が混在している独特のエリアで、雰囲気的に言うと札幌のすすきのに近いイメージですね。

中洲には数多くのソープがあり、そのほとんどで高校生を除く18歳以上の女の子であれば働くことができます。

コンセプト店がたくさんあるので、この点もすすきのと似ています。

バニーガールなど若い女の子が楽しんで働けそうなお店が多数あり、カジュアルな雰囲気で働けるので10代のソープデビューには良いと思います。

大分/別府

大分県別府市にはソープランドが数多く営業しています。

温泉が有名なエリアでもあるので、短期で出稼ぎに行く女の子からも人気です。

大分のソープランドのほとんどは、18歳以上の女の子は高校生でなければ働くことができますよ。

しかもほとんどの店舗は若い子をメインにしているので、10代でも働きやすく稼ぎやすいのではないでしょうか。

特徴として、別府には複合型の風俗店というものがあります。

ソープとヘルスとエステが合わさっており、お客さんがその中から選んで遊ぶという通常なかなか無い形態のお店です。

このように少し変わったお店も多いため、自分がどういったお店で働きたいのかしっかりと決め、それに合ったお店を選ぶようにしましょう。

熊本/中央街

実は風俗天国などと利用者の中では言われているのが熊本。

熊本には繁華街や風俗街がたくさんあり、ソープランドもたくさんあります。

ちなみにソープランドは熊本の中でも中央街というエリアに集まっています。

大体のお店で若い女の子は歓迎されますので、18歳以上の女子高生でなければ働くことができますよ。

ただ、先に知っておいてほしいのが、熊本のソープは「熊本流」と言って、即尺や即プレイを基本としているお店が多くあるということ。

即尺、即プレイというのは、シャワーや湯船に入る前に、入室と同時にフェラチオをしてプレイを開始することを指します。

男性からはとても人気が高いのですが、正直未経験の方がいきなり即尺即プレイのお店というのは、ちょっと不安があると思います。

熊本のすべてのソープが熊本流というわけではありませんので、未経験の若い子でも働きやすいお店を探して面接を受けましょう。

鹿児島/甲突町

数は多くないのですが、鹿児島にもソープランドがあります。

そして高校生を除く18歳以上の女の子は働けるというお店ばかりです。

鹿児島市内に4店舗、そして指宿市に1店舗が営業していますよ。

ちなみに鹿児島市内の4店舗はなんとずらりと軒を連ねて建っているという、少々変わった実態となっています。

鹿児島のソープは若くてルックスレベルの高い子が多く働いているという評判があり、10代でのソープデビューとして選択するのもありだと思います。

また指宿市には温泉もあるので人は多く集まりますが、ソープランドは1軒ということでお客さんは独占状態。

ある程度人気が出れば、かなり忙しくなるということも期待できます。

沖縄/那覇・辻

観光地として大人気の沖縄県にもソープランドがあります。

その多くは、那覇市の中でも北西にある辻町に集中して営業しています。

那覇のソープは出稼ぎの女の子がとても多く、日本全国の女性が集まっているといっても過言ではありません。

確かに、沖縄に出稼ぎすればマリンスポーツや観光など楽しいことが盛りだくさんですからね。

ちなみにほとんどのお店で、高校生を除き18歳以上であれば働くことが可能です。

お店にもよりますが、辻には比較的若い女の子が多いのが特徴です。

ただ、若いといっても20代前半のソープ嬢が多いといわれていますので、18歳や19歳で働きたいという女の子は重宝されると思います。

18歳・19歳の女の子が働けない地域

ここまでは10代の女の子でも働くことができる地域をすべて紹介してきました。

しかしこの記事の冒頭でも書いたとおり、残念ながら10代ではソープランドで働くことのできない地域もあります。

ここからは、18歳や19歳の女の子がソープで働けない地域についてそれぞれ詳しく紹介していきますね。

東京/吉原・池袋・新宿

意外だと感じる方も多いかもしれませんが、風俗店が多いことで有名な東京の各エリアは、基本的に10代の女の子はソープで働くことはできません。

なぜかというと、東京都は条例として、20歳未満はソープで働くことができないと定めているからなのです。

一部の噂で、19歳でも19歳6か月以上であれば働くことができるというものがあるのですが、これは事実確認ができませんので単なる噂と判断したほうが良さそうですね。

東京のソープで働きたい場合は20歳の誕生日まで待ちましょう。

また、どうしても早く働きたくて場所は東京でなければならないという場合は、ソープ以外の風俗店から選ぶしかありません。

川崎/堀之内

神奈川県内でも川崎の堀之内エリアにはかなりの数のソープランドがありますが、こちらも全店舗で20歳以上でなければ働くことはできません。

ただ、川崎市に住民登録しているということが証明できた場合は、18歳以上であれば働くことができるという噂があります。

これが本当であれば、18歳や19歳の女の子がこのエリアのソープで働くには、川崎市に住民票を置く必要があるということになります。

20歳未満だけど、出稼ぎなどでパッと行って働きたいという方の場合、現実的に考えても川崎堀之内で働くことは難しいでしょう。

岐阜/金津園

日本の中でも有数のソープ街、岐阜の金津園。

こちらも、基本的にどのお店であっても20歳以上がソープ嬢として働ける条件となっています。

しかし川崎同様に、こちらの場合も岐阜に住民登録がされていれば、18歳以上なら働くことができる場合があるという噂です。

ただ、基本的にはどのお店も20歳以上であることを応募条件にしているということは抑えておいてくださいね。

しかし個人的に金津園のソープ求人を調べてみたところ、「八星」というソープランドだけ、なんと求人の募集要項が18歳以上であれば応募できるとのことでした。

ただ、面接時に必要な書類はかなり厳重そうです。

ソープで働けるのは基本的に20歳以上

ソープランドは風俗の中でも非常に特殊な業態であり、最もハードルが高い仕事だとされています。

その理由は、本番行為必須のため身体的にも精神的にも、そうとうハードな仕事内容であるから。

心身ともにハードな仕事であるが故、未成年が働くにはダメージが大きい職種だとされています。

そのような理由もあり、働けるのは20歳以上からにしようというふうに各店や地域の条例、または風俗関連の協会で定めている場合があるのです。

ちなみに風営法上では18歳以上であればソープで働くことができるとされているのですが、前の項目で書いたとおり一部の地域では20歳未満は働くことができません。

そして実は、20歳未満は働けないと定めている地域は、「ソープの仕事は未成年にとってダメージが大きいから」という理由以外にも未成年を雇いたくない理由がありました。

この理由については、次の項目で説明していきますね。

10代だと働けないソープがある理由

10代の女の子を雇わないソープランドがある理由、それは結論から言えば「営業停止になるリスクを最大限までなくしたいから」です。

未成年にとってソープの仕事はダメージが大きい、これは確かに未成年を雇わないもっともらしい理由です。

しかしこれが本当に重要な理由だとすれば、風営法自体の年齢制限を20歳以上と引き上げても良いような気がしませんか?

しかし風営法上は18歳以上であればソープに勤務できるということになっており、それ以外の制限は各店や自治体に任されているのです。

実は、ソープランドは風俗の業態の中でも最も認可されるのが難しい業種です。

だからこそどの地域でも営業できるわけではなく、国内でもソープがある地域は限られていますよね。

認可が難しいということは、営業停止になることは他の風俗に比べて大打撃。

営業停止になる原因として多いのが、「18歳未満が働いていた」というパターンです。

18歳や19歳の女の子を雇うということは、風営法違反のとってもギリギリラインの子を雇うということ。

もし身分証明書をごまかされるなどして、雇っていた子が18歳未満だった場合は一発営業停止になってしまいます。

しかも認可が難しいので、もしこうなった場合はそのお店は再起不能でしょう。

絶対に営業停止のリスクを避けたい、ということから、10代の女の子は雇わないことにしているソープランドがあるのです。

逆にソープランドで働ける限界年齢は?

結論から言って、ソープランドに限界年齢というものは正式に存在しません。

一般企業などが定めている定年というものがないのです。

お店のコンセプトによって採用される年齢幅は確かに存在します。

例えば、学園系で制服を着て接客するソープに明らかに40代の女性がいるのは変ですよね。

しかし結局のところ、実年齢よりも見た目年齢が風俗業界では重要視されるので、極端なことを言えば40代でも20代に見えて制服に違和感がなければ、学園系のお店でも働くことは可能です。

また、ソープは若い子を中心に構成しているお店から、30~40代の人妻系を集めているお店、さらには50歳以上の熟女を売りにしているお店まであります。

年齢を重ねたとしても自分に合ったコンセプトのお店を選べばよいわけですから、正直何歳になっても働けるのがソープランドなのです。

もちろん稼げるかどうかは別になりますが…。

ソープランドに限って言えば、雄琴エリアのお店に72歳の現役ソープ嬢がいるという噂もあります。

ソープに限らず風俗全般で言えば、鶯谷に超熟女店というマニアックな風俗が存在しており、最年長は78歳で入店し現在4年目、82歳の女性だという話も…。

指名もちゃんと入っているみたいなので、風俗業界はやはり奥が深いですね。

ソープランドの入店時に必要な書類

それでは最後に、ソープの入店時に必要な書類についてお話します。

一般的なソープのお店の入店時には、まず以下の書類からひとつは必ず必要です。

  • 免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 顔写真付きの住民基本台帳カード

また、お店にとっては以下のものが必要だという場合もあります。

  • 印鑑
  • 履歴書
  • 顔写真

ちなみにほとんどのソープで履歴書は必要ではないのですが、老舗や高級店の場合はしっかりとした履歴書が求められることも多いですよ。

お店によって必要なものが異なる場合があるので、かならず一度お店側に確認するようにしましょうね。

また、もしも採用時に、上に挙げたような公的な書類の提示を求めないお店があったとしたら、きちんと届け出を出さずに営業している悪質なお店である可能性が高いです。

しっかりと書類を提示したうえで採用してくれるお店を選んでくださいね。

まとめ

今回は、10代の女の子がソープで働くために知っておいてほしいことをまとめました。

高校生を除く18歳や19歳の未成年が働くことができるソープはありますが、地域によっては20歳以上でなければ働けない場合もあるので注意が必要です。

どうしても10代でソープ嬢になりたいという場合は、まずはその年齢でも働ける地域とお店を選びましょう。

またソープは年齢確認が非常に厳しいので、入店の際には公的な書類が必要となります。

20歳未満でソープ嬢を目指す女の子は、10代でも働ける地域やお店で、入店時には公的な書類でしっかりと年齢を証明するという手順を守ったうえで、若さを活かして頑張ってくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の目次
閉じる